怖いほど当たる!深層心理テストでカップルの恋愛がまるわかり!

深層心理には、普段は自分であまり意識しないような本心が隠されています。自分の中に隠している本音を明らかにするのが、深層心理テストなのです。今回は、カップルにおける恋愛心理を明らかにする、心理テストの特集です。恋愛心理カウンセラーの筆者が、あなたの恋愛を丸裸にし、隠れされた本音をズバっと言い当ててしまうような、深層心理テストをご紹介します。

1:深層心理テストは性格だけじゃなくて恋愛もわかるんです

深層心理テストは性格を診断するもの……と思っている人が多いようですが、それだけではありません。実は、深層心理テストを使って、その人の恋愛観や恋愛の手法などを知ることもできるのです。

そこで今回は、恋愛についての深層心理テストをオリジナルで作成してみました。自分の恋を分析するもよし。気になる彼にやってもらってその本音を知るも良し。楽しみながら、恋愛傾向を探っていきましょう。

 

2:選択するだけで簡単に性格&恋愛観がわかる深層心理テスト

(1)漫才コンビで言うならあなたはボケ? ツッコミ?

1.自他共に認めるボケ
2.自他共に認めるツッコミ
3.自分でボケだと思っているがツッコミだと言われる
4.自分はツッコミだと思うのだがボケだと言われる

この質問では、恋愛に対する基本的なスタンスやタイプがわかります。

1「自他共に認めるボケ」を選んだあなたは、異性からチヤホヤされたいタイプでしょう。

2「自他共に認めるツッコミ」を選んだあなたは、異性とは距離を置きがちなタイプ。あるいは異性と友達レベルでいたい……つまりいつまでも恋人未満の関係のまま、なかなか恋愛が発展しないタイプです。

1を選んだ人のほうが、恋をものにできる確率は高いでしょう。しかし、複数の異性と同時にお付き合いを進めるような部分があったり、あるいは、異性に勘違いをされるような行動を取った結果、恋愛トラブルを巻き起こすことも考えられます。

2を選んだ人は正反対のタイプで、恋愛トラブルとは無縁。しかし、せっかく恋人未満になったと思ったら、そこから進展せずになんとなく自然消滅……ということが多いかも……。

一方、3「自分でボケだと思っているがツッコミだと言われる」を選んだ人は、勘違い毒舌による片想いタイプ。

場を和ませたり、人をおもしろがらせようとして言っていることが、相手の地雷を踏んでいる確率が高く、両思いになりづらいでしょう。

4「自分はツッコミだと思うのだがボケだと言われる」人は、最もバランスの良い恋愛をしやすいタイプです。舌鋒(ぜっぽう)鋭くないので、相手に言いたいことを言っても好意的に受け止められて、両思いになれる確率も高いです。

(2)回転寿司では何から食べる?

1.好きなモノを何度でも食べる
2.好きなモノから食べていろいろ楽しむ
3.いろいろ食べて好きなモノは最後にとっておく
4.迷った挙げ句、片っ端から食べる

この心理テストは、恋愛に対する「我慢強さ」がわかる質問です。

恋愛には、たびたび我慢が必要になる場面があります。ただし、我慢強さは、あれば良いというだけのものでもありません。

我慢強くあるからこそ失敗してしまう、という側面も持っているために、自分自身がもう少し我慢強くなれば良いのか、それとももう少しワガママになるべきなのかを、心理テストが教えてくれるでしょう。

では、心理テストの結果です。

1の「好きなモノを何度でも食べる」を選んだ人は、我慢強さはゼロに近いでしょう。何なら「我慢とか意味ないし」と思っています。

それは良い方向に役立つこともありますが、恋愛に限っては、相手に対して自分の思うままに振る舞い、時としてワガママが過ぎてフラれてしまうこともあるでしょう。

2の「好きなモノから食べていろいろ楽しむ」を選んだ人は、かなりバランス良く恋愛の全体を見ることができる人のようです。

恋の駆け引きにも優れていて、多少の困難は表情も変えずに乗り越える忍耐力があるでしょう。

3の「いろいろ食べて好きなモノは最後にとっておく」を選んだ人は、尽くしすぎて失敗するタイプ。

我慢をしすぎて、あるいは勇気が出ないがために、チャンスを逃してしまうことが多いでしょう。

4の「迷った挙げ句片っ端から食べる」を選んだ人に関しては、典型的な恋愛失敗族です。計画性も何もないどころか、好きな人を前にするとパニックになったり、緊張でしどろもどろになったりすることも……。

3や4を選んだタイプの人は、「恋愛に関してもう少しワガママになってもいい」と開き直るべきなのかもしれません。

(3)海外旅行に1週間行くならどんな場所に行く?

1.絶景の秘境
2.歴史と文化あふれる街
3.世界の最先端をゆく街
4.世界的に有名なテーマパーク

恋をするとき、相手のどこに惚れてしまうかがよくわかる心理テストです。1週間という長きにわたり、どこに滞在したいと考えるかが、その深層心理を図るポイントとなります。

1の「絶景の秘境」を選んだ人は、ひと目惚れタイプです。中身よりとにかく見た目が大事!……とまでは自分では思っていないのですが、結局は見た目で好きになっちゃうことが多いのではないでしょうか。

2の「歴史と文化あふれる街」を選んだ人は、1を選んだ人とは正反対の中身重視派です。優しさや思慮深さといった、いわゆる性格の良さを重視する傾向でしょう。

3の「世界の最先端をゆく街」を選んだ人は、相手の知性に惚れやすいタイプ。ひいては年収、社会的ポジションといったものも気に掛ける、現実味あふれる人でしょう。

4の「世界的に有名なテーマパーク」と答えた人、楽しみとスリルを重要視しすぎているかもしれません。

楽しい相手がいい!と称してダメ男、ダメ女にひっかかったり、ワンナイトラブを経験しやすいという難点も。

(4)恋愛はどの教科に似ていると思う?

1.国語
2.算数
3.社会
4.理科

1の「国語」を選んだあなたは、恋愛強者といえるかもしれません。恋愛には国語的、文学的な面が多々あります。言外に含まれた感情を読解し、四角で隠された空欄を埋めていく……。

しかし! あなたが「恋愛は国語」であることを理解していたからといって、正答を導き出せるかどうかは別問題。情緒におぼれてしまうだけ……なんてことも!?

2の「算数」と答えた人は、恋を理屈で考えがち。相手の気持ちを考えるより前に、恋愛ハウツーをググったりしていませんか?

恋は理屈通りにいくことばかりではありません。むしろ理屈が通用しないという一面も。こうと思って実行したことが裏目に出て損する、なんてことも……。

3の「社会」と答えた人は、過去を気にしすぎる傾向がありそうです。好きな人の元カノや元彼と自分を比べて、落ち込むことが少なくないでしょう。

過去ではなく、現在をもう少し緻密に分析していかないと、恋愛の長続きが難しいしかもしれません。

4の「理科」と答えた人は、刺激の強い、変わり種の恋愛が好みのようです。スリルを味わいたいがために、パートナーのいる人を好きになったりもするかもしれません。

ちょっと変わったエッチを熱心に研究するような探求心も強いですが、危険な恋はほどほどに!

 

3:心理テストでわかる!カップルの相性3つ

(1)居酒屋で何を追加注文しますか?

仕事から疲れて帰ってきたあなた。明日は仕事も休みだし……と居酒屋へ行き、好きなものを頼んで楽しむことにしました。

さて、いくつか食べたいものは食べたけど、ちょっと足りないな……そんなとき、あなたが注文したいのは何でしょう?

1.たこ焼き
2.お寿司
3.おでん
4.アルコール(ドリンク)

これは、あなたの恋愛おける相性のいい血液型がわかる深層心理テストです。

1の「たこ焼き」と答えた人は、量を調整しつつ、そこそこしっかり食べたいといういいとこ取り派。相性が良いのはO型です。

2の「お寿司」を答えた人は、シメに近づいたときはごはんモノ、しかもちょっといいものを選びたいというプライドの高いタイプ。相性が良いのはA型でしょう。

3の「おでん」と答えた人は、しゃれっ気がなく、中身のバラエティ性を重要視する人。相性が良いのはB型ですね。

4の「アルコール、ドリンク」と答えた人は、ひとつのことを追求する人を好む傾向です。相性が良いのはAB型でしょう。

(2)あなたがいちばん面倒くさいと思うものは?

1.お母さん
2.ご飯の支度
3.出社

これは、あなたが恋愛をしていて、ちょうど良いと感じる束縛度がわかる心理テストです。

この中で、もっとも束縛されたいタイプの人は、1の「お母さん」を選んだ人です。確かに、お母さんとの関係って面倒くさいことが多いもの……しかしそのぶん、結びつきが強いのも特徴的です。

なんだかんだ言って、相手から嫉妬されたり、今日のスケジュールを聞かれたりすることを「愛されてる」と受け取る人でしょう。

3の「出社」を選んだ人は中間派。ほどほどに嫉妬や束縛をしてくれないと困るかもなぁ……といったレベルの考えで、あまりに強く束縛する人とは合いません。

そして、2の「ご飯の支度」と答えた人は、束縛されることが大嫌いな自由人タイプ。食事の支度が面倒であれば、外食などで代用できます。つまり、食事の支度は「したくなければ、しなくてもなんとかなる」ものなのです。執着する必要がありません。

恋愛に対しても、ドライな付き合いを望んでいる傾向があるといえます。そのため、過度に束縛してくる相手には合いません。

(3)温泉街のお土産やさんでレジにいるのは?

今日は旅行。初めて訪れた温泉街で、お土産を買おうと、レジに持っていきました。そのレジには男性が座っています。それはどのような男性ですか?

1.おじいさん
2.おじさん
3.男の子

男性の方が診断するときは、項目をおばあさん、おばちゃん、女の子に変えてみてください!

このテストでは、あなたと相性が良い人がわかります。

初めての街で、初めての買い物をする相手は、あなたが無意識に安心できる相手となります。

1の「おじいさん」を選んだ人は、年上と相性の良いタイプ。けっこう年齢が離れていても会話をする自信があるのでしょう。

一方、2の「おじさん」を選んだ人は、同世代、対等な相手と長続きする傾向です。

例えば、あまり年齢の離れていない同僚や同期など、年齢差は多少あっても、適度なライバル感と緊張感があり、同じ立場で話せる相手こそ、わかり合えると感じています。

3の「男の子」と答えた人は年下恋愛向き。相手が自分より立場が下であることに安心するばかりでなく、年上から指南されるのは好まないようです。

 

4:心理診断を利用して恋愛上手に!

恋愛は自分自身もよくわからない部分が多い、難しいものです。

思い通りに運ばせるのは非常に難しい。それでも少しでも、自分が快適に思える恋愛を選ぶことは可能です。

それができるのは、自分の心理や自分の好みをちゃんと知ってこそ。

心理テストで自分がどのように思っているのかを知り、恋愛上手を目指してくださいね。