30代の合コンコーデは難しい!正解コーデとNGなスタイル

アラサーにもなると周りは結婚・出産ラッシュ。新たな出会いを見つけるために、意欲的に合コンに参加する方も少なくないはず。しかし、当日の朝になって「どんな服を着よう……」と悩んだことはありませんか? そこで今回は、30代がどんなコーデで合コンに参加すればいいのかをご紹介します。

1:秋から冬へ……合コンコーデも変わります

秋も深まり、クリスマスも視野に入ってくる時期。年末年始にバレンタイン……と、恋人がいると盛り上がるイベントに向けて、彼氏絶賛募集中!という30代女性も多いのではないでしょうか。ならば、合コンにも積極的に参加したいところです。

とはいえ、冬は身につけるアイテム数も増えるし、見た目もモコモコしがちということもあり、合コンに行く日のコーデを考えるのもひと苦労ですね。

しかも、平日合コンは基本的に会社帰り。合コンに照準を合わせすぎたファッションでは、職場で好奇の目にさらされかねません。さらに、30代になると、20代のころに着ていた花柄のトップスやミニスカートといった、甘めの勝負服がだんだんと似合わなくなってくるという難しさも襲いかかります。

じゃあ、一体何を選べばいいわけ!? ということで、自分自身もだんだん合コン服に困ってきたジャスサーの筆者が、30代の合コンにふさわしいコーデと、NGなコーデをご紹介します。

 

2:メンズウケ間違いナシ!合コンコーデの正解

(1)タートルネックのニットワンピースは最強

View this post on Instagram

 

ざっくりとしたローゲージのタートルネックには小顔効果あり! セミロング以上の人は髪をアップにすると、顔周りがスッキリしてメリハリがつきます。また、ニットのゆるっとしたシルエットは、セクシーになりすぎず上品なイメージを与えます。

カラーは白やベージュなど、まろやかで清潔感がある、優しい色味がおすすめです。ワンピースのスカート丈はちょっと長めの膝下を選び、露出を抑えて“きとんとした大人の女性”を演出しましょう。

(2)背中開きニットで程よい色気を

View this post on Instagram

 

人気続行中の背中あきニットは、程よい色っぽさが出るだけでなく、露出があるわりには、同性からも嫌われにくい、合コンベストアイテムのひとつ。

肌見せタイプのニットは、カラー選びが重要。ネイビーやこげ茶など、きちんとした印象を与え、かつ、肌とのコントラストが出やすい、濃いめの色がおすすめです。

ただし、あまりにも背中が見えすぎるデザインは注意! 男性から「お持ち帰り判定」されてしまう恐れがあるだけでなく、見えてはいけない下着が見えてしまって、男性が萎えてしまう……なんてことも。そして背中のケアは絶対に怠らないようにしましょう!

(3)レースは冬も鉄板

View this post on Instagram

 

1枚でも十分華やかで、顔周りをグッと盛り上げてくれるレースアイテム。適度な透け感は、男性に根強い人気があります。

最近は、レースブラウスの上にざっくりニットやスウェットを重ね着するのも流行っていますね。清楚感抜群のレースは、さまざまなコーデに取り入れやすくて重宝します。

(4)コートもぬかりなく

View this post on Instagram

 

ハードな印象を与えるメンズライクなチェスターコートや、あまりに“仕事帰りです”感が出てすぎてしまうビジネストレンチは、合コンでは避けたほうがいいでしょう。

デザインならノーカラーやフード付き、素材ならエコファーやムートンなど、優しい印象のコートがおすすめです。合コン中には着用していなくても、意気投合した彼と返りの電車が一緒になってふたりきりに……なんてケースも十分考えられます! 合コンでは、コートまでぬかりなくコーディネートしましょう。

(5)小物使いも大事!

View this post on Instagram

 

冬だからこそできるのが、小物使いでのかわいげアピール。チェックの大判マフラーやもこもこの手袋、ファー付きバッグやイヤリングなど、冬には「守ってあげたい女子」を演出してくれるアイテムがたくさんあります! アウトドア合コンなら、ニット帽もおすすめ!

 

3:パンツはアリ?合コンコーデNG例

(1)仕事帰りすぎるパンツ

「さっきまで重要なプレゼンしていました!」と言わんばかりのお仕事コーデは、今日の合コンは本気度が低いな……と思われてしまう可能性も。パンツスタイルでも、とろみ素材や、ふんわり感があるワイドフレアパンツなら、まろやかな印象がつくれます。

また、ウエストがゴムだったり、ストレッチが効いていたりする働きやすいパンツはオフィスコーデでは重宝しますが、合コンとなると少しゆるい印象に。ベルト芯がしっかりはいったものを選ぶのもポイントです。

(2)カジュアルすぎるコーデ

View this post on Instagram

 

アウトドア合コン以外では、スウェットやパーカーにデニムを合わせるなど、カジュアルすぎる全身コーデはNG。仕事がマスコミ系やIT系、デザイン事務所系だったりすると、服装規定がゆるかったりもしますし、アイテム自体は流行ど真ん中。とはいえ、一般企業に勤めるスーツ男子たちには、そもそもカジュアルのおしゃれ感がわからない人がほとんどなのです。

トップスがカジュアルなら、ボトムスをプリーツスカートなど女子力の高いものにするなら、好感度をキープできるかも!?

(3)露出度が高い

スタイルに自信がある人ほど、たとえ冬でも肌を露出して、美ボディをアピールしたい!と思うかもしれません。

が、あまりにも胸元が開いていたり、スカートがピタピタでボディラインがクッキリだったり、座ったら太ももがばっちり見えちゃうほどのスカート丈だったりすると、「彼女にするのはちょっと……」となりがち。秘すれば花、ボディの主張は控えめに、が吉です。

(4)トレンドにこだわりすぎる

トレンドをあまりに盛り込みすぎると、親近感をもたれないことがあります。また、主張しすぎる柄ものも合コンでは避けた方が良いでしょう。ちなみに、フリンジのついたアイテムが流行っていたとき、筆者の友人がフリンジ付きトップスで合コンに臨んだのですが、料理に入りそうになって困ったり、動くたびに邪魔になったり。男性ウケも悪くて、合コン中ずっと下を向いていました(笑)。

(5)THE ブランド服

View this post on Instagram

当然ですが、ブランド自体が悪いわけではありません。しかし、男性は、女性がステキなハイブランドを身に着けていると、血のつながっていないパパがいるのでは、とか、夜のお店で働いでいるのでは、という偏見をもつのです。

さらに、自分が一生懸命働いて買ったものだとわかったとしても、「もしもこの子と付き合ったら、何を買わされるんだろう……」と恐怖を感じてしまうのだとか……。そんな男、こっちから願い下げですが、まぁ、合コンで波風をたてないように、ひと目でハイブランドとわかるものは控えたほうが賢明です。

 

4:仕事帰り合コンのときのコーデはどうすればいい?

平日の仕事帰りに合コンがあるときは、どんな服を着ればいいか迷いますよね。お固めなスーツや、シンプルすぎるシャツ×パンツのスタイルだと、合コンで浮いてしまいます。

ですが、「職場にそんな格好で行ってるの!?」と思われるようなブリブリに甘すぎるコーデだと、逆に「ちゃんと仕事しているのかな……」と疑われてしまう可能性も……。

そんなときは、上下同色のセットアップやタイトスカートをチョイス。パンプスに差し色を使ってキレイめを保ちつつ、コーデに遊びを持たせるのもいいですね。

View this post on Instagram

 

 

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?

30代には女性らしさや大人っぽさが求められて大変ですが、身も心も暖かい冬にするため、合コンコーデは綿密な戦略を練りましょう!