女の子と出会いたい人は出会いたいと思ってる女の子がいる場所に行けばいい!

「女の子と出会いたい! それも出会いの場じゃなくて自然に!」そう思う男性は多いでしょう。そこで今回は、自然な出会いを求める女の子がいる場所を、筆者がこっそり教えちゃいます♡ 女の子と出会いたい!って人は出会いたい女の子がいる場所に行けばいいのです!

1:女の子だって出会いたい!

出会いを求めているのは、圧倒的に男性が多い? いえ、そんなことはありません。女性だって出会いを求めているんです!

もちろん「出会いの場」に行けば、女性にたくさん出会えるでしょう。でもどこかチャラチャラしたイメージを抱いてしまいますよね。実際、クラブやナンパスポットから始まった恋は、なかなか本気になれず、ワンナイトや短命であることがほとんど。

だけど、やっぱり出会うなら自然な出会いで、運命を感じたい……。恋人にするなら自然な出会いからスタートさせたいと考える男女が多いはずです。

 

2:自然な出会いを求める女の子がいる場所5つ

では自然な出会いを求める女の子はどこに!? ここでは5つのスポットを紹介します。

(1)スポーツジム

自分磨きをする場所として、多くの女性が選ぶのがスポーツジム。

「毎週水曜日の仕事終わりはジムへ」と、タイミングを決めて通っている女性も多いです。

もし同じように、同じ曜日の同じ時間に来ている男性がいたら……? きっとその存在に気づいているはず。路上のナンパと違って「職場がお近くなんですか?」と、カジュアルに会話が楽しめるでしょう。

(2)バー

ふらっと1杯飲みたいときに女性が立ち寄るバーもたくさんあります。もちろん女性もお酒を楽しむ以外に「出会いがあればいいな」と、あわよくばを期待している場合も。

だけれどクラブや相席居酒屋など、まさにナンパされる、出会うために行くような場所ではないので、比較的自然な出会い方ができるでしょう。

(3)フェスやライブなどのイベント

夏フェスやライブなどのイベントに女性同士で来ているグループに声をかけるというのも、普通のナンパよりもうまくいく確率が高いです。そのまま一緒にイベントを楽しめて、自然な恋愛に発展することも。

筆者が今年の夏に行った「東京湾納涼船」では、女性グループに声をかける男性グループがたくさん。

そのまま一緒に夜景を楽しむ男女をたくさん見かけました。イベントごとはテンションが上がりますし、素敵な出会いがあるかも。

(4)図書館や書店

意外と出会えいがあるのが図書館や書店。

大型の書店であれば、自分の興味のあるエリアで、思わぬ出会いが転がっていることも。

「その写真家さん、僕も好きなんです」なんて、写真集を持っている女性に声をかければ「そうなんですか? 2冊めの写真集は見ましたか?」なんて自然に会話が盛り上がりそう。ややマニアックは趣味を持っている同士であれば、それだけで素敵な恋に発展することもよくあります。

(5)趣味の集まり

例えばカメラだったり、ランニングだったり……。休日に行われている趣味の集まりに参加して、そこで一緒に趣味を共有できる男女で恋愛に発展することもよくあります。

インスタグラムを利用して、素敵な出会いを見つけたという話も!

「#写真好きな人と繋がりたい」のハッシュタグから、近くに住んでいるカメラが趣味の人たちが集まり、合同撮影会を開催。そこで出会った男女が交際に発展するなてことも多いようですよ!

 

3:出会いまくりの男子に聞いた「女の子と出会いがある」意外?なスポット3つ

では続いて、出会うつもりがなくても出会えちゃう!? 女の子と出会いがある意外なスポットをご紹介!

(1)ランニングサークル

社会人のランニングサークルは恋が生まれやすい場所として有名です。相手と会話を楽しみながらゆっくり走ることができるので、その間にお互いのことを知ることができます。

また、家が近ければ「〇〇公園で今度一緒にランニングしませんか?」と、健全な出会いから交際に発展することも。青春時代を彷彿とさせる出会いを求める人は、ぜひスポーツサークルに加入して。

同様に社会人フットサル、社会人テニスなどスポーツを通じて出会った相手と交際、結婚に至ったカップルも多いんですよ。

(2)書店併設のカフェ

書店併設のカフェであれば、普通のカフェと比べると時間を持て余している人が多く、本とコーヒーを楽しむ人たちが集まっています。おひとりさま女子が少し退屈そうにしていたら、声をかけてみるのもありかもしれません。

(3)観光地スポットにひとり旅

そしてひとり旅に出るというのも、自然な出会いが見つかる可能性があります。

例えば、筆者もよく行く京都での女ひとり旅。

これはカメラが好きで紅葉を撮影に行きたい女性、はたまた筆者のように気持ちが落ち込んだときにリフレッシュしたい女性などが来ている可能性があります。

上記の写真は、筆者が失恋後にひとりで訪れた地主神社でのもの。

「目を閉じた状態で、片方の石から10m先の反対の石までたどり着くことができると恋が叶う」という言い伝えがある、地主神社の恋占いの石との1枚です。

石にたどり着き、ガッツポーズをしていた筆者を見かねた!? 栃木県からひとりで京都旅行に来た男性に撮ってもらいました。

なんともシュールで寂しい1枚ですが、「写真撮りましょうか?」と声をかけてもらったとき、嬉しい気持ちになったのを覚えています。

この筆者の経験談からすると、ひとり旅に来ている女性には「写真撮りましょうか?」と声をかけると、自然と会話が成り立つかもしれません(笑)。

 

4:まとめ

筆者の考えでは、自然な出会いは「自分の好きな場所」で見つかる可能性が高いように思います。

まずは家から出て、自分のお気に入りの場所へひとりで訪れてみてください!