セックスが気持ち良くない…原因と彼氏への上手な伝え方

セックスをしても気持ちよくなくて、全然楽しめないという人はいませんか? いつかは気持ちよくなるだろうと思っていても、改善を図らなければ、ずっと気持ちよくないままかもしれません。そこで今回は、今のセックスが気持ちよくない人のために、気持ちよくなれない原因と、気持ちよくなるため、あなたのセックスの改善方法をご紹介します。

1:セックスは気持ちよくないとつまらない!

セックスというのは、生物学的にいえば、子どもを作るための行為で。ですが、気持ちがいいというのも、メリットとしてあげられるでしょう。気持ちがいい行為でなければ、次第にセックスしなくなる。セックスしないと、いずれは種が絶えてしまう……。だから神様が、セックスを気持ちよくした、なんていう説もあります。

そしてセックスは、カップルの間の愛情表現やコミュニケーションとしても行われています。しかしパートナー次第では、全然気持ちよくないという意見も聞かれました。

「今の彼とは相性がよくなくて、エッチしても全然気持ちよくない。だからあんまりしたくならないし、ぶっちゃけ別れたい」(Nさん・25歳女性)

いくら愛情表現といえども、気持ちがよいからこそ初めて満足できる行為といえそうです。

 

2:セックスが気持ちよくない原因3つ

それでは、どうしてセックスしても気持ちよくないのでしょうか。その原因として考えられることを、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』の著者である作家の箱崎キョウコさんにお話を伺ってみました。

(1)リラックスできていない

箱崎:セックスにおいて、精神的な要素というのは非常に大きなものを占めています。彼のことが好きか、セックスに抵抗がないか、そういった気持ちが感度に表れることもよくある話。彼のことが好きでエッチも嫌いじゃないのに気持ちよくないという人は、エッチをする際、リラックスできているかを振り返ってみてください。

「彼から見たら二重顎になっていないか」などと心配したり、「自分が感じている姿を見られるのが恥ずかしい」と思っていませんか? それが気持ち良くなれない理由のひとつかもしれませんよ。

(2)前戯が少ない

箱崎:あまりエッチに慣れていないカップルだと、前戯にそれほど時間をかけなかったり、早く挿入したいと焦ってしまったりする男性がいます。しかし女性にとって前戯は大切な要素。ムード作りのためではなく、女性の感度を上げてくれる効果もあるわけです。そこをすっ飛ばして、すぐに挿入するのはNGです。

できるだけ前戯に時間をかけて、気持ちいいと思えるくらいまで盛り上げてください。

(3)彼との相性

箱崎:セックスはパートナーがいないとできません。パートナーがいるということは、相性というものも出てきます。力任せに行いがちな男性もいれば、ゆっくりと優しく愛撫してくれる男性もいます。

もし彼の力が強くて「痛い」と感じるようなら、それを相手に伝えることも大切です。男と女では力の強さ、加減の仕方も違います。そういった部分の話し合いをしてみるのも、セックスを気持ち良くするひとつの方法ですよ。

 

3:セックスが気持ち良くない…彼への告白法&改善提案5つ

セックスで気持ちよくない原因を上述しましたが、では、その問題をどうやって改善すればいいのでしょうか。「彼に言うのは恥ずかしい」「傷つけちゃいそうで言えない」なんていう人もいると思います。

そこで、上手に伝える方法や改善方法などを、引き続き箱崎キョウコさんに伺ってみました。

(1)安心できる空間作りをする

箱崎:まずは安心できる空間作りを心がけてください。アロマオイルを焚いてみるとか、ヒーリング音楽を流してみるとか、キャンドルを灯してみるとか。なるべくリラックスしてエッチに没頭できる雰囲気を作り込んでください。

そして、自分がリラックスできないためにエッチな気分になれないのなら、彼の誘いを断ることもひとつの選択肢です。

(2)自分からも動く

箱崎:自分から積極的に動くというのも大切です。エッチのとき、男性からの攻めを受けるだけで、自分からはまったく動こうとしない女性もいます。エッチに対して積極的だと思われてしまうのが恥ずかしいという気持ちはわかりますが、それでは気持ちよくなれません。

「いつもしてもらってるから、たまには私からしてあげるね」といったように、彼に優しく伝えてみるといいでしょう。違和感なく、受けと攻めを入れ替えることができます。

(3)相性のいいエッチの模索

箱崎:エッチをする上で、パートナーとの相性は欠かせない要素です。しかし、相性が悪いからといって、それでおしまいというわけではありません。エッチが全然気持ちよくないのであれば、自分からも要望を伝えることは大切です。

「全然、気持ちよくないんだけど!」とストレートに伝えては、男性も傷ついてしまいます。ですので、「こうやって触って」とか「こうしてみてほしいな」といったように、愛情をもってリクエストを伝えてみるといいでしょう。

(4)さまざまなプレイを試してみる

箱崎:ひとつのプレイだけでずっとエッチをしているとマンネリ化し、それが原因で快感を得られなくなることもあります。ですので、マンネリ化してきたと思ったら、今まで試したことのないプレイにチャレンジしてみることも大切です。

『Dangdep!』でも何度もセックスの体位についての記事を作っています。それを参考にしてやってみるのもいいですし、SM系のラブホテルを利用するのもエキサイティングです。

(5)性感帯の開発

箱崎:すでにお話しした内容でも改善が図れないようであれば、最終的には性感帯の開発を行う必要があるかもしれません。まだセックスを体験して間もないという人や、あんまりエッチの経験がない人は、性感帯が未発達な可能性があります。

彼とのエッチの中で、じっくりと性感帯を開発していくのがいいでしょう。

そのためには焦らしてもらうというのがポイントとなります。一般的な性感帯だけでなく、耳や背中、指先に至るまでゆっくりと時間をかけて愛撫してもらってください。彼に「友達から聞いたんだけどさ、スローセックスっていうのやってみない?」といったように提案するといいかもしれません。

 

4:相性がダメでもプレイを変えればピッタリくることも!

いかがでしたか? 今回はエッチで気持ちよくないという人のために原因と改善方法などをご紹介しました。

エッチにおいて、パートナーとの相性は大切な要素。ですが、相性が悪いと思っていても、実はプレイを変えてみたらピッタリきたなんてこともあります。ぜひ自分たちに合ったセックスライフを模索してみてください。

 

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・某国立大学文学部卒業。在学中からスナック、キャバクラなどでホステスとして勤務し、卒業後もOLをしながら夜の仕事にはげむ。2011年ライターに転身。現在はスナックのチーママでもある。女性の赤裸々なインタビューを得意とし、恋愛コラムニストとして活躍中。『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』の著者。