50代独身女性は寂しい?独身女性の生き方や性格、老後など赤裸々に

あなたは、50代の独身女性のことを「寂しい」と思いますか? いや、現代の50代独身女性は、まだまだ現役とも言えますし、価値観も多様化しています。しかし、それと同時に、50代独特の直面する問題もいろいろとありますよね。そこで今回は、50代の独身女性の生き方や性格、老後などを赤裸々に分析してまいりましょう。

1:50代独身女性無職は大変?

50代独身で無職となると、生活が大変なのではないか……と感じる人もいるかもしれません。

独身であろうがなかろうが、「仕事がないから、お金もない!」となれば、生きていくのは大変です。そこに加えて、50代という年代的な体力の限界や、独身という立場が加われば、不安が増幅してしまっても、無理はないことなのかもしれません。

しかし、一概に「大変である」とは言えません。それまでの豊富な経験をもとに自由に生きていく術を身につけている50代独身女性は、他のどんな世代の人よりも自由に、そしてパワフルに生きている、と言える部分もあるのです。

 

2:50代独身女性の生き方がわかる独身女性ブログ3選

50代の独身女性の中には、日々の生活を謳歌している人がたくさんいます。ここからは、「50代おひとりさま」で暮らす女性のブログで、人気のあるものを3選紹介しましょう。

(1)ナチュラルライフを謳歌する「素顔のままで」

日々の食卓の様子がメインで綴られている「素顔のままで」は、バツイチ独身の女性が運営するブログ。

“ぬか漬け”や“家庭菜園”などの丁寧な暮らしぶりが多数掲載されていて、ゆったりとした日常を感じさせる構成です。

「こんな独身生活ならば憧れる……」という女性も多いのではないでしょうか。

(2)雑記帳風でリアルな日常がわかる「すべてがユルい春子の日記」

日常のちょっとした出来事を綴っているすべてがユルい春子の日記」は、50代独身女性のリアルがわかるブログです。

プロフィールによると、ブログ主の春子さんは、恋愛や結婚に縁のないまま50代を迎えたそう。

そんな春子さんの日常や、それぞれのテーマへの思いなどが赤裸々に公開されています。

(3)犬と暮らす日々を綴った「すっきり暮らしたい〜犬好きおひとりさまの生活〜」

50代独身女性のわんこ2匹との生活を紹介している心温まるブログが「すっきり暮らしたい〜犬好きおひとりさまの生活〜」です。

多くの記事には、写真付きで愛犬が登場し、わんこ好きなら悶絶級のかわいさです!「わんこと暮らす生活って、いいな〜」と思わせてくれる記事があふれています。

 

3:50代独身女性が寂しさを感じる瞬間5選

さて、そんなパワフルにおひとりさまライフを送っている50代独身女性でも、やっぱり「寂しさ」を感じることだってあります。そこで、どんなときに「寂しい」と感じるかについて、うかがいました。

(1)友人に子どもや孫が生まれたとき

「男友達が若いお嫁さんと結婚したり、再婚相手との子どもができたり、さらには旧友に孫が生まれたとかって聞くと、言いようのない孤独感があります。

私は独身だから仕方ないのですが、家族が増えるっていう喜びを経験できないんだなぁって、改めて現実を突きつけられたようで、妙に落ち込みます」(Hさん・55歳女性/未婚)

(2)年末年始

「毎年、年末年始になってみんなが帰省する話を聞いていると、寂しい気持ちになります。

うちは両親が他界しているので、帰る田舎も実家もなく、年末年始もひとりで自宅で過ごします。

夫がいたころには、夫の実家に帰っていましたけど、離婚してからは大晦日の年越しそばもひとり。

同じ長期休暇でも、お盆はなんとなく平気なんですけどね。お正月はなんだか寂しいです」(Rさん・56歳女性/離婚)

(3)クリスマスや誕生日などのイベント

「クリスマスや誕生日など、家族がいれば一緒に過ごすようなイベントの日には、さすがに寂しさを感じます。

私はこの歳まで結局、結婚せずにきちゃいましたが、若いころはそれなりに恋人もいて、寂しさを感じることはなかったですね。

そういうイベントをひとりで過ごすことが増えたのが、ちょうど50歳を過ぎてから。

自分で決めた人生ですが、イベントをひとりでやり過ごすのは、やっぱりセンチメンタルになりやすいです」(Tさん・52歳女性/未婚)

(4)元夫が幸せそうなとき

「30代のころに、数年間だけ結婚していたんですが、ろくに家のこともせず自由気ままでいた私に対して、当時の夫からウンザリされてしまった結果、浮気をされて離婚となりました。

元夫は40代のうちに再婚をしたみたいで、風の噂で彼が幸せそうにしている様子を耳にするたび、なんとも言えない寂しさがあります。

もちろん、元夫に対して、未練があるわけではありません。

でも、自分の生活態度が原因で結婚をダメにしてしまった後悔はあるので、やっぱり寂しくなってしまうのです」(Aさん・54歳女性/離婚)

(5)街で仲のいい家族が目に入ったとき

「街中で、見ず知らずの家族でも、やたら仲のいい人たちが目に入ったときは、なんとも言えない孤独感があります。

私がもっていないものを、あの人たちはもっているのだなぁ……みたいな孤独感ですね。

若いころは、婚活にも精を出していましたが、結局はご縁に恵まれず、この歳になってしまったので……」(Cさん・51歳女性/未婚)

 

4:性格悪い?50代独身女性のありがちな性格5つ

さて、50代で独身だと周りからは「本人の性格のせいでは?」なんて、心ない陰口をたたかれることもあるのが現実です。そこで、周囲にいる50代の独身女性にありがちな性格について、5名に語っていただきます。

(1)妙に自意識過剰

「私の周りにいる50代の独身女性って、妙に自意識過剰な人が多いです。

“同情されたくない”とか“惨めだと思われたくない”っていう気持ちが強いのか、なにげない雑談でもやけに充実アピールをしてきたり、SNSでも張り切ってたくさん投稿をしていたり……。

そういうところがかえって痛々しいと思って、冷ややかな目で見てしまうんですが」(Uさん・39歳女性)

(2)自分本位

「勤務先にいる50代で独身の女性を見回してみると、自分本位で、協調性に欠けるタイプが多いですね。

これは結婚していて今は離婚した独身女性でも、結婚歴のない独身女性でも、どちらのタイプでも当てはまります。

こう言っちゃ悪いけど、やっぱり、“あぁ、こういう性格だから、独身なのね”とつい納得しちゃう人が、多いですよね」(Eさん・33歳女性)

(3)ネガティブ

「全員がそうだとは言いませんが、50代で独身な女性って、ネガティブ主義の人が多い印象があります。

職場にいる人や知り合いを見返してみても、みんな根暗っていうか、どこか影があるタイプが多いかな。

一見、ネアカっぽく振る舞っていても、わざと明るくしているのが白々しく見えて、本性は陰気くさいって感じのイメージが強い人が多いです」(Tさん・31歳女性)

(4)視野が狭い

「私が知ってる50代の独身女性って、とにかくみんな視野が狭い!

職場で恋愛や結婚の話になったときに、訳知り顔でアドバイスしてくる人も多いんですが、“そもそもあなたに、その経験がないじゃん!”って言いたくなるようなことばかり。

頭でっかちっていうか、一般論みたいなのをもっともらしく語るタイプの人ってウンザリします。やっぱ経験値って、会話の深みに差が出ますよね」(Rさん・30歳女性)

(5)自分ルールが強い

「50代で独身生活をしている女性って、私が知っている人だと、自分ルールが強い人が多いですね。

よく言えば、自立しているっていうことですが、悪く言うと柔軟性に欠けて、頑固みたいな感じ。

自分の価値観や考えをゴリゴリ押し出してくるのが目立っていて、ぶっちゃけ癒しとか安心とかとは、ほど遠いところにいるイメージの女性が多いですね」(Iさん・34歳女性)

 

5:50代独身女性の貯金・貧困・老後問題5選

ところで、50代で独身となると、生活に密接にかかわるさまざまな課題にも、直面しがち。そこで、テーマ別にありがちな課題を5選見ていきます。

(1)貯金

「働けるのは、長くともあと15年ほど」と思うと、リタイア後の生活を考えてため息が止まらなくなる人も増えてくるのが50代ですよね。

ダブルインカムによる預金があったり、夫の退職金を見込める既婚者と異なり、独身女性は「すべて自分で備えなくてはならない」の危機感をもちます。よって、不安も大きくなりがちです。

(2)貧困

現在はバリバリ働いてそれなりの生活水準で暮らしている50代でも「もしも、なんらかの事情で定年まで働けなくなったら」「病気などで大きな出費が必要になったら」など、「マイルド貧困」の恐怖に怯えつつ暮らしている人も少なくありません。

貯金や資産が少ない場合には、何事もなければ平穏な生活が送れるだけの収入があっても、病気や怪我などアクシデントに見舞われたときに、貧困への恐怖が隣りあわせだと感じるのです。

(3)保険

「生命保険に入ったところで、死亡後の受取人がいない……」と感じ、医療保険を手厚くしている人も多いのが、50代独身女性の傾向でもあります。

保険は「いざ」というときに頼りになるけれど、ライフステージによって必要な保障も変わるだけに、50代になってから加入していた保険を見直す人も少なくありません。

(4)結婚

「今さらだけど、結婚すべき?」ということが頭をよぎったり、「いやいや、もはや他人となんて暮らせないでしょ」と思ったり……。

“結婚”の2文字は、50代になっても多くの独身女性の頭をよぎる大きなトピックのようです。

結婚を諦めたり避けたりしている人ばかりでなく、いいご縁があれば、年齢に関係なく結婚したいと考えている人も少なくありません。実際、50歳を過ぎた結婚だって、珍しくなくなっています。

(5)老後

「老後まで、このままの収入だったらどうしたらいいの!?」「老後をきちんと暮らしていけるだけの自信がない……」など、リタイア後の生活を考えると、気分が沈む50代も少なくない傾向です。

お金の話だけでなく、住まいや終活についても、現実的に計画を練り始める人も増えてくる年代。

「現役ではなくなった将来、どんなふうに暮らしていくのか」をひとりで模索する人も多い実態にあります。

 

6:50代独身女性は、まだまだ現役!

「50代独身女性」と聞くと、ひと昔前には、随分とシニアなイメージもありました。

しかし「人生80年」と考えると、50代なんて、まだまだ現役を謳歌できる年代でもあります。

実際、若いころにはできなかったことや、経験を積んだからこそ楽しめる趣味などに時間を費やし、優雅かつ充実した日々を謳歌している人も多いです。

実年齢がいくつになったとしても、自分に自信があって毎日を楽しんでいる人ほど魅力的。年代のせいで卑屈にならず、そのときどきの“現役”の自分を楽しむのが、充実した毎日を実感する秘訣です!

 

【参考】