初デートの誘い方特集!女性から誘うタイミングとLINEで誘うテクニック

男性から初デートに誘われることが、愛されているということに直結しているわけではありません。デートの誘いは、ふたりのはじまりにすぎないのです。だからこそ今どきは、初デートだって女子からの誘っても全然OK! そこで今回は、女性から初デートに誘うタイミングや、LINEで誘うテクニックなどをご紹介します。

1:女から初デートに誘うのはアリ!

そもそも、女性から初デートに誘うことについて、男性はどう思っているのでしょうか。気になるところです。

そこで『Dangdep!』が独自に、25~35歳の未婚男性500名にアンケートを実施しました。「初めてのデート、女性から誘われるのはアリ?」という質問に対して、

アリ・・・90.4%

ナシ・・・9.6%

という結果でした。

女性から誘うことを支持する男性が多いですね!

モテる男性とは、自信を持っているものだと筆者は考えています。そして女性だって、自信に満ちていれば、何割増しで美しく見えるもの。

だからこそ、初デートに自分から誘うくらいは当たり前のことですし、男性としても嬉しいのではないでしょうか。

 

2:女性から初デートのお誘い!OKされやすいテクニック&タイミング

では女性から初デートに誘う場合、どうすればうまくいくのでしょうか? これまでの取材経験をベースに、筆者の考えを紹介していきます。

(1)まずは、友達感覚で!

例えば、新しくできたカフェが気になってるとか、最近ずっと観たかった映画があるなど、身近な会話から気軽に誘ってみるという手段は有効。

デートに誘うというよりは、遊びに誘う感覚のほうが近そうですね! 変に重たい雰囲気になることもないですし、仮に断られても、今後の関係への影響は少ないでしょう。まずは自分自身がストレスフリーな状態をつくるところからですね!

(2)気分が最高のときに!

「連絡したいけどな〜。どうしようかな」と迷っているときは、一旦連絡をするのをやめておきましょう。仮に連絡をしたとしても、その精神状態のままでは、携帯をずっと握り締め、彼からの返事を待ち続けることになります。こうした賭けには、運も大事ですが、勢いもとっても大事です。

何か良いことがあったときやダイエットが成功したときなど、気分が最高!!というときに連絡をしてみてください。

(3)朝イチのLINEは避けて!

もちろん、彼もあなたのことを気に入ってくれているのであれば、時間なんて問題ありません。しかし、まだ彼の気持ちはわからないし、デートをOKしてくれるのかどうか不安であれば、朝イチの誘いLINEは避けるべきです。

なぜなら朝は、1日のスイッチの入れどき。仕事をする男性にとっては、自分なりのルーティンを持つ人もいます。彼のタイミングや空気を壊さないよう、朝イチだけは避けるのが効果的です。

(4)シンプルな文章は効果的面

自分から誘うのって本当に緊張しますよね。何回も文章を打っては消してを繰り返して、やっと送れたと思っても「送信取り消し」をしたくなってしまったり……。でも、意外と深く考えすぎているのは女性だけだったりするのです。なので、誘いの文章はシンプルなほうがわかりやすくていい!

「●●行きたいな〜どう?」くらいの簡潔さは、かえって男性の心をくすぐるかもしれません。

(5)盛れたアイコンに変えたと同時にLINE

ちょうど、アイコンを変えた瞬間は効果的です。特に盛れたアイコンに変えたときは、LINEをひらくと同時に写真も彼の目にちゃんと止まりますからね。

口でも誘って、さらに見た目でも誘うという両方からの攻め技です。彼が少しでもタイプだと思ってくれているなら、一緒に出かけたいと感じるはず!

 

3:LINEで初デートに誘うには?OKがもらえるLINE例文5つ

続いては、LINEでデートに誘う場合の例文を紹介します。OKがもらえるようなものを5つ筆者が考えてみました。

(1)場面の連絡で気軽さをアピール

日時を約束して、がっつりデート感を出すより、“タイミングが合えばご飯に行こう”という誘い方はとっても気軽。たとえ男性に断られてしまったとしても、“タイミングが合わなかっただけ”となり、そのあとの気まずさもありません。

また、こちらから急な誘いを仕掛けることで、彼のほうから逆に「今日タイミング合えばどう?」なんて連絡がくる可能性も。急にデートが決まることを見越して、日々の美容ケアを怠らず、いつでも用意周到にしておくべきです!

(2)週末デートをプランニング

自分から誘いたくても、どう誘っていいかわからない男性だってたくさんいます。

そんなときは、自分からプランをあらかじめ立てて誘うというのもアリ。まずは、自分の週末の予定を立てて、そこに彼を参加させる型がおすすめです。もちろん、ひとりでも十分楽しめるのですが、ふたりいれば楽しさも2倍。たまには、こんな週末もいいですよね!

(3)素直にオーダー型

「彼はもしかしたら私となんて会いたくないかもしれないし、いや、この前は遊ぼうとは言ってくれてたしな……」なんて、相手の心情を考えだしたら、キリがありません。

なので、言いたいことはズバリ、ストレートにぶつけてみるのがオススメです。女の子は少しわがままくらいの方が可愛いですからね。それに、頼みごとをすると、男性は頼られてる感を得るので、ポイント高めです!

(4)100%甘えん坊女子

彼が自分を好きか嫌いかなんて、関係ない!「私がドライブに行きたいんだから、連れてってよ!」という我が道を行く女の子の誘い方です。強気な女の子を好む男性は少なくありません。

また、傲慢にならないテクニックとして使用するのが、スタンプです。スタンプを使うことで、甘さと強さが緩和され、ほど良い小悪魔加減を演出してくれます。

(5)どストレートはうれしさ倍増

みんなで遊んだ後に、今度はデートに発展させたいというのであれば、直接ふたりで会いたいというのがスマートですね。

相手にも伝わりやすく、こちらが好意を持っていることもわかります。少し恥ずかしいですが、これくらい大胆に言ってもらえる男性は、モテている証拠。相手がいい男ならば、ちょっとくらいの恥ずかしさは捨てる価値アリ! それに女性からここまでダイレクトに誘いを受けたなら、内心、とっても喜んでいるはずです。

 

 

4:まとめ

自分から初デートに誘う際は、あまり考えすぎないことがポイント。その場のノリやときには勢いも大事です。いくら考えたところで、彼の気持ちは直接聞かないとわからないですし、デートをしてくれるかどうかも誘ってみないとわからないわけですから。

まずは行動を起こすところから始めてみてくださいね!