専業主婦って勝ち組なの?勝ち組専業主婦の旦那の年収と職業

専業主婦になれたら、勝ち組だと思いますか? 今の時代、共働きが当たり前になりつつあるので、夫の給料だけで生活していけるというのはひとつのステータスかもしれません。ですが実際には、節約生活を強いられたりしている場合だってあるのでます。そこで今回は、女性が専業主婦に憧れる理由や、勝ち組と言い切れる夫の職業や収入などを調べてみました。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:勝ち組の専業主婦になりたい

あなたは「結婚したら専業主婦になりたい」という願望はありますか? ひと言で専業主婦と言っても、旦那さんが十分すぎるお金を稼いでくれるから、働かなくても自由で裕福な暮らしができるような、まさに「勝ち組」の専業主婦もいれば、収入が十分でないために節約を頑張らなければいけない専業主婦もいます。

女としては、勝ち組の専業主婦になれたらこれほど嬉しいことはないかもしれませんね。

 

2:専業主婦が羨ましい…専業主婦になりたい女の理由5つ

では、なぜ女性たちは専業主婦になりたいと希望するのでしょうか? その理由を聞いてみました。

(1)働きたくない

「毎日朝早く起きて仕事に行って、仕事場での人間関係に気を遣って。疲れて帰ってきたら今度は家事に追われるとか……無理です。

私は仕事をしているときは、ひとり暮らしのときでさえも、家の中の掃除をきちんとできなかったので、結婚して夫の分まで負担は負えません。だから専業主婦になりたいです」(Kさん・24歳)

(2)母親がそうだったから

「絶対に専業主婦じゃないとイヤってわけじゃないんですけど、母親が専業主婦だったんです。いつも家にいてくれたのが子ども心に嬉しかったのと、それが当たり前だと思って育ったので。

だから結婚して、特に子どもができたなら、母親として家で子どもと一緒に過ごす時間を持ちたいって思いが強いです。子育ても大変でしょうから」(Fさん・27歳)

(3)外に出るのが嫌い

「私、基本的に毎日外に出るのが苦手で。できれば家に引きこもって生活していたいんです。もちろん買い物くらいは行けますけど、人付き合いは極力減らしたいですね。

そうなると専業主婦がいちばん楽そうじゃないですか。自宅でできる仕事なら喜んでやるので、仕事が嫌いってわけじゃないです」(Mさん・33歳)

(4)何となく憧れ

「今の仕事がイヤってこともないし、旦那さんになる人にそれほど経済力は期待してないんですけど、専業主婦って一度はやってみたいなぁっていう憧れみたいな感じはあります。

なんか、毎日お弁当を作って旦那さんを見送って、家をきれいにしながら帰りを待つってステキじゃないですか? 精神的な余裕があるから、旦那さんとの関係もうまくいきそうですし」(Nさん・26歳)

(5)子育てに専念したい

「結婚してすぐに専業主婦というわけじゃなくて、子どもが生まれたら小学校に上がるくらいまでは子どもとの時間を大切にしたいので、専業主婦になりたいなと思っています。

ただしこれは、結婚する相手との話し合いも必要なことだと思うので、無理にとは言いません。夫の稼ぎにもよりますしね」(Wさん・33歳)

 

3:専業主婦が勝ち組といえる夫の職業5つ

専業主婦で勝ち組になるためには、夫はどんな職業が良いのでしょうか?

(1)医者

勝ち組な夫の職業と聞いて、最初に思いつくのはお医者さんではないでしょうか? ただし医師でも、開業医と勤務医は違いますし、病院の規模や所属科、専門分野によっても、忙しさや収入に違いが出てきます。

とはいえ、手に職であり、仕事を失う可能性は低く、一般企業より年収も高めの医者が夫なら、勝ち組専業主婦になれる可能性は高そうです。

(2)弁護士や公認会計士

弁護士や公認会計士など、いわゆる士業と呼ばれる人と結婚した専業主婦も勝ち組になれるかも。ですが、これも人によって収入はさまざま。

特に自分で事務所を開いている場合などは、営業力なども必要になります。

(3)大手商社マン

商社マン、特に大手商社には、収入が高い男性が多いですよね。とにかくサラリーマンの妻で専業主婦という勝ち組になるためには、高い収入が欠かせません。大手総合商社マンなら、20代後半で年収1,000万円超えも珍しくないので、勝ち組専業主婦と呼ばれる生活をできるでしょう。

(4)公務員

給料は低めですが、安定した収入が見込める公務員は、夫の職業としての魅力は高いでしょう。

公務員は勤め先が倒産しないことが何よりのメリット。解雇も、自分が余程悪いことをしない限り、まずありません。いきなり夫が無職になってしまったら、専業主婦を続けることすらできませんからね。

(5)パイロット

パイロットは年収の高い職業のひとつ。運転する機種がジャンボジェット機なのかヘリコプターなのか、また、勤務先が大手航空会社大手なのか、LCCなのか、民間企業なのか、公的機関なのかによって差があります。国内大手2社のパイロットの場合、40歳までに年収2,000万円を超える人が少なくありません。

 

4:400万でOK?専業主婦になりたい…旦那の年収はいくら必要?

ここからは、具体的に専業主婦をやっている女性たちに、旦那の年収がどれくらいで、どんな生活を送っているのかを聞いてみました。

(1)自衛官の夫・年収600万

「私の夫は自衛官です。でも仕事は事務系なので、転勤もなく、長い間家を空けるというようなことはありません。今の年収は大体600万円くらい。今は子どもが小さいので専業主婦をしていますが、自分のためにいい洋服や化粧品を買いたいと思わなければ、無理なくやっていける感じです。貯金も少ないですが、毎月コツコツ貯められています。

ただ、子どもがこれから大きくなって余計にお金がかかるようになると、専業主婦だと大変になりそうなので、そうなったときはパートなどに出るつもりです」(Tさん・35歳女性)

(2)公務員の夫・年収400万

「田舎で暮らしているので、周りの家庭と比べると年収400万円でもかなり多い方ですね。たぶん、東京とかではやっていけないと思いますが、田舎は家賃も安いし物価も低いので、毎日の生活に困るということはありません。あと、お米は家族が作っているので、タダです。

夫は公務員なので、年齢に比例して年収は上がっていく予定。なので、無駄遣いしないで過ごせば、家族3人で暮らすには十分だと思います」(Eさん・35歳女性)

(3)自営業の夫・年収は300万円~1500万円

「夫は自営業で自分で会社を立ち上げていて、今は社員が10人程度ですかね。年収は正直バラツキがあるので何とも言えないです。多いときで1,500万くらい、少ないと300万くらいのときもありました。

少ないときには私も派遣社員などの仕事をして家計を助けてました。子どもはふたりいて、高校生です。大学に行かせたいと思っていますが、国公大だったら大丈夫なのですが、私立になるとキツイです。

安定した仕事でないので、夫の収入だけで専業主婦をしていて安心とは言えません。感覚的に年収700万くらいあれば、贅沢しない前提で、生きてはいけそうです」(Mさん・46歳女性)

 

5:専業主婦になりたい彼女をもつ男の本音5つ

最後に、「専業主婦になりた~い♡」と訴える彼女を持ったことのある男性たちに、本音を吐露してもらいました。専業主婦になりたいというのは、危険なのでしょうか?

(1)自分には無理

「僕は前に付き合ってた子が“結婚したら専業主婦になりたいな”って言ってたのを聞いたとき、正直、“じゃあ結婚は無理だな”って思っちゃいましたね。

だって、自分の給料だけで養っていける自信もないし、子どもとかできたら、なおさらお金がかかるだろうから……その責任をひとりで負うのは難しい。もちろん体のこととか、仕方のない理由があるなら、しばらくの間専業主婦になるっていう選択肢はあるでしょうけど、最初からそれありきだと、結婚するのに躊躇しますね」(Hさん・32歳男性)

(2)リスクヘッジを考えて欲しい

「今は働けているから、彼女とか、妻になる人の収入をそれほどあてにしているわけではないです。

ただ昔、体を壊したことがあって、1年くらい働けなかった時期があるので、そういうときのためにリスクヘッジとして共働きを考えてくれる人でないと、結婚の価値観がズレてしまいそうだとは思います。

まあ、もともとあまり依存してくるタイプの女性が好きでないというのもありますけど」(Gさん・27歳男性

(3)子どもができてからならアリ

「結婚してすぐに仕事を辞めるっていうのは困りますね。子どもができて産休と同時に仕事を辞めて、しばらくは子どものために専業主婦に……とかいうのならアリだと思います。

もちろんその間、けっこう家計は厳しいかもしれないですけど、子どもと一緒に過ごせる時期ってそんなに長くはないわけで。特に子どもが小さいうちは、お母さんと一緒に過ごしたほうが良いのかなとかって考えます」(Aさん・25歳男性

(4)家事を完全に任せられるならアリ

「今って夫婦共働きが多いから、家事ができる夫が良いとか、育児を手伝ってくれる夫が良いとか言うじゃないですか? それなのに専業主婦になりたいっていうのは、ちょっと違うんじゃないって感じますね。

外で仕事をしてくれたら家事は全部私に任せて良いよっていうのならわかりますし、基本的には、家事を頑張ってくれるなら、妻には家を守ってもらいたいと思っています。でもただ働くのがイヤ嫌だから専業主婦とか、甘いことを考えているならふざけるなって言いたいですね」(Tさん・30歳男性

(5)できれば働いてほしいけど…

「うーん、今の彼女が専業主婦になりたいって言ってて困ってますね。自分の収入だけでふたりで暮らしていくのは、できなくもないんですけど、自分のお小遣いとか、我慢しなきゃいけない部分がけっこう出てくる収入なので。

彼女が自分の好きなモノとか全部我慢してくれるなら良いかなとも思いますが……。とはいえ、将来に向けて貯金とかもしたいので、できれば働いてほしいです。

ただ、家のことを大事にするために残業や休日出勤の少ない会社に転職する、とかは全然OKですよ」(Wさん・33歳男性

 

6:専業主婦も大変?

結婚して専業主婦になれたら勝ち組!なんて考えるのはちょっと甘いかもしれません。専業主婦って、好きな時間に起きて好きなことをしているように見られがちですが、実はかなり大変でもあります。

それに、旦那さんが高給取りでもなければ、好きなモノを好きなだけ買う生活なんてできません。

専業主婦になっても良いよと言ってくれる旦那さんと出会えたら幸せかもしれませんが、その場合にはしっかりと家事をこなさないといけませんね。