初対面で好印象!が恋愛対象になる秘訣?女性らしい服装や男性が思うポイント全8つ

出会った瞬間に相手の心をつかむには、やっぱり第一印象が大切。食事会など男女の出会いの場においても、限られた時間の中で恋愛に繋げるには、やはり最初の印象が重要です。そこで今回は、良い印象を与える女性らしい服装や、男性に好印象を与えるためのポイント、さらにビジネスマンが第一印象をアップさせる方法などをイメージコンサルタントの筆者がご紹介します。
You are recruited! Young handsome employer handshake with attractive girl in white shirt. Smile at each other

1:第一印象で恋愛対象かどうか決まる⁉︎

大手結婚相談所の「楽天オーネット」が、20~34歳までの独身男女を対象に行った調査によれば、初対面男女の59.6%が、出会って1分以内に相手の第一印象を決定していることがわかりました。

第一印象を決定するのは、当然見た目。そして醸し出す雰囲気です。

また服装についても異性からのチェックが入っているのを忘れてはいけません。逆に言えば、服装に気を付けるだけでも第一印象をアップさせることができるのです。

 

2:初対面で好印象が狙える!女性らしい服装のポイント5

(1)露出はダメでも体のラインがわかる服装は◎

「露出が高い恰好をする女性は見ているだけならいいけど、自分のものにしたいとは思わない」(Mさん・30代男性)

露出は当然男性の目を引きますが、同時に「軽い」「頭が悪そう」などネガティブなイメージも呼び起こします。そのため第一印象アップを狙うのなら、なるべく露出は控えるのが無難。

一方、露出は少ないけど、体のラインがわかるニットなどは、女性を大変魅力的に見せてくれるアイテム。

自分の肌の色に合ったニットを選ぶことで顔色も美しく見せてくれます。

View this post on Instagram

 

(2)華奢なアクセサリーは最強アイテム

派手なアクササリーよりも、細めのネックレスやブレスレットは女性らしさを表現するのに最適です。

アクセサリーは全体のファッションをまとめ、更にブラッシュアップしてくれる重要なポイント。だからこそセンスが問われます。

パーソナルカラー診断をすることで、シルバーとゴールドどちらが似合うのかを知ることができます。このふたつの差は大変大きいため、似合うタイプを知っておいて損はありませんよ。

(3)ヒールは高すぎないものを

「ヒールが高いと確かに足はきれいに見えるけど、歩き方がキレイじゃない女性が多い」(Sさん・30代男性)

ヒールが高すぎると歩くのが大変ですよね。立っているだけならいいですが、そうもいきません。

また高いヒールをはいた状態で出会っても、家の中では素足。いざお付き合いを始めて、彼の家に遊びに行ったときに、「アレ?」とそのギャップに驚かれないためにも、本来の自分とかけ離れた印象を作らないことも大切です。

View this post on Instagram

 

(4)リップは赤より柔らかいカラーを

「ホームパーティーにすっごい美人が来てたんだけど、口紅が赤すぎて、ちょっと近寄りにくかった」(Yさん・30代男性)

この意見、過去に何度か男性から聞いたことがあります。強めの赤リップが似合う女性は、同性から見ると憧れの対象なのですが、男性受けはそんなに良くないというのも事実。

男性からの第一印象を良くしたいのであれば、ピンクやベージュ寄りの、少し柔らかい色を選ぶと良いでしょう。

View this post on Instagram

 

(5)TPOを意識して

「冬に友達の家でホームパーティーをしたときに、コートの下に胸元がシースルーのタンクトップを着てきていた女性がいました。確かにセクシーではあるんだけど、この季節に寒くないのかな……と思う気持ちのほうが大きく、ちょっと場違い感があった」(Uさん・30代男性)

気合を入れるあまり、場違いな服装を選んでしまうのはちょっと残念。TPOはしっかり見極めて服装選びを行いましょう。

 

3:初対面で男性に好印象だと思われるポイント3

(1)聞き上手・合いの手上手

「こちらの話をちゃんと聞いてくれたり、何気ない相づちで話しやすい雰囲気をつくってくれたりする女性は、見た目に関係なく、とても興味をそそられる」(Mさん・30代男性)

聞き上手というのはただ話を聞いてるだけではなく、合いの手が上手な人のこと。相手が気持ちよく話したくなるような絶妙な合いの手を入れられるのがうまいのです。

また自分が知らないトピックが話題に出た場合は素直に

「え、私知りませんでした。もっと知りたいです!」

というように、ポジティブに教えてもらう姿勢を見せると大変好印象を与えることができます。

(2)自然な笑顔

「今の彼女、一瞬見た感じはタイプじゃなかったんだけど、話し出したらすごい自然なかわいい笑顔で溶けた」(Aさん・30代男性)

自分に笑顔を向けてくれる人に対して、悪い印象を持つ人はいません。でも不自然な笑顔は逆効果。いつも笑顔でいるからこそ笑顔を自然にキープする顔の筋力が養われます。

普段から常に笑顔でいられるように心がけたいものです。

(3)センスが良い

「顔ってセンスで見え方が変わると思う。たとえ飛びぬけて美人じゃなくても、センスがいいだけですごく素敵な女性に見える」(Sさん・30代男性)

センスは自分で磨くことができます。高い服を店員が言うとおりに買いそろえたり、雑誌のコーディネートをそのまま集めるのではなく、自分に合ったファッションを見つけましょう。

センスの良さは、まず自分を知ることから始まるのです。

 

4:できるビジネスマンに聞く、第一印象アップ術

ところで、第一印象といえば、恋愛だけでなくビジネスマンにも大変有効。できるビジネスマンの多くは第一印象をよくするために、清潔感をたいへん重視しています。アメリカのエグゼクティブは男性でもネイルサロンに行って、爪のお手入れをしてもらうほど。

また自分の体型を管理できない人は、仕事や部下も管理できるはずがないと見られてしまうため、フィットネスジムに通ったりしてせっせと体型維持に努めます。

また筆者の知人で、金融機関で管理職に就いている男性は「自分自身がいいものを持つことは、お客さまに対する誠意。仕事ができてきちんと稼いでいる営業マンがあなたを担当しているのだということ伝えることにつながる」と語っていました。

ビジネスマンがきちんとスーツを着こなす姿はやっぱり格好いいもの。女性からしてみても、第一印象がいい男性は心惹かれるものがありますよね。

第一印象について考えたとき、恋愛やビジネスなど、生活全般でとても重要な役割を果たしていることがうかがえます。

 

5:初対面は悪くてもそこから始まる恋もある

初対面は恋愛を始めるうえで大変重要です。でも一方で、それがすべてではありません。

第一印象をアップさせたうえでそこから先はやっぱり自分次第。たとえ初対面が最悪だったとしても、そこから始まる恋もあるものです。大事なのは日々の出会いを精一杯大切にしていくことだと、筆者は思います。

 

【参考】