恋愛疲れを起こしてる女子多数!自分でも気づけない恋愛疲れ診断とエピソード5つ

恋愛は幸せになるためにするものですが、「恋愛に疲れた……」という女子も増えているようです。そこで今回は、さまざまな事情で恋愛疲れを起こしてしまっている女子のエピソードを集めました。また、自分でもなかなか気づけないことがある恋愛疲れなので、それをチェックできる診断もありますよ。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「恋愛疲れた…」という女子は多い

みなさんは、なんのために恋愛をしていますか?

恋とは、気がつけば始まっているもの。自分ではコントロールできないものですが、きっと多くの人が「幸せになるために恋をする」と答えると思います。

でも、いざ恋をすると、幸せになるどころか、つらい思いや苦しい思いをすることも多く、「こんなはずじゃなかったのに……」と思うことも多いですよね。それでもその恋にしがみついていると、気付かないうちに心をすり減らしていることも。

結果、「恋愛疲れた…」という女子の声が聞こえてくるのです。

 

2:恋愛疲れ診断!自分でも気づけない症状はコレ5

では女子が「もう恋愛疲れた……」と思うときは、どんなときなのでしょうか。

あなたも気づかないだけで「恋愛疲れ」しているかもしれないので、一緒に恋愛疲れ診断をしてみましょう。

(1)デートにワクワクしない

付き合い始めた当初、デートはいつもドキドキワクワク。何を着ようかと前日からそわそわしていたはずなのに……。

気付けば週末のデートも「仕事」のような感覚に。わざわざメイクをして外で彼に会うのがおっくうになり始めたら、それは恋愛疲れのサインです。

(2)彼氏に予定があるとホッとする

デートが面倒だと感じるようになった結果、彼から「今週末は友達と遊びに行くんだよね」と言われると、どこかほっとしてしまう自分がいる……。前までは寂しく感じていたのに! これも恋愛疲れの症状です。

彼のほうから「会おう」と頻繁に言ってくる関係の場合、彼と会うことが義務に感じてしまって、このような心理になることも。

(3)SNSの更新はするもLINEの返信はめんどう

TwitterやInstagramの投稿はするけれど、彼からのLINEはずっと未読スルーのまま……。決して返したくないわけではないけれど、SNSのほうが楽しく感じてしまい、自然と彼との連絡頻度が減ってしまうというのも、恋愛疲れのサイン。

これは、本人が気づいていないところで顕在化する恋愛疲れの一種。深層心理では、彼からの連絡が面倒だと感じ始めているのです。

(4)恋愛ものの作品を見るのがしんどい

キュンキュンした気持ちを味わいたくて読んでいた少女漫画や恋愛映画。

しかし、それ系の恋愛ものを見るとどこか気持ちがしんどくなったり、「こんなの、現実ではありえないからな!」と物語にリアリティを求めだしたりしたら、それも恋愛疲れのサイン!

恋愛に幸せなイメージを抱きづらくなってきている表れかもしれません。

(5)イチから関係を築くのがめんどうで別れられない

付き合いが長い彼氏がいる場合、彼に対して恋愛感情がなくても一緒にいる場合があります。同棲しているカップルにもよく見られる現象ですが、「好きかどうかわからないけれど、別れる理由がない」という状況です。

ふたりの間に大きな問題もなく、かといって彼に対しての恋愛感情があるのかどうかもわからない状態。だけど、今から別れて新しい人とイチから関係を築くのが面倒だと感じている……。こんな女子、意外と多いんです。

結局、結婚もせず、だらだらと恋人関係を続ける結果になって後悔した……という声も。

これも、新しく恋愛をする、という行為自体をめんどくさがる、恋愛疲れの一種です。

 

3:なんで疲れるの?恋愛に疲れた女子の理由エピソード5つ

幸せになるためにした恋で、多くの女子が恋愛疲れを起こしています。

その原因は何でしょうか? エピソードを5つご紹介します。

(1)感情の起伏がコントロールできない

「私、彼氏ができると、完全に依存してしまうんです。結果として、生活が彼氏一色になっちゃう。

LINEが返ってくるのが遅かったら催促しちゃうし、Twitterに愚痴を書いちゃう。返信が来たら舞い上がるし、彼のSNSにコメントしている女子にも嫉妬しちゃう。とにかく恋愛中は感情の起伏が激しすぎて、仕事にも支障が出るレベル。だから、なかなか人を好きになれなくなったのかな」(Aさん・24歳女性)

恋愛をした途端に、感情の起伏が激しくなってしまうという女性は少なくありません。自身で感情をコントロールできなくなることをわかっているからこそ、新しい恋に対して臆病になってしまうのでしょう。

確かに彼のひと言ひと言に一喜一憂しがちな付き合い始めや片思い中は、自分の気持ちをコントロールすることが重要になってきますよね。

あまりにも自分の気持ちに振り回されてしまうというのも、恋愛疲れを引き起こす要因になるようです。

(2)好きすぎて嫌われるのが怖い

「彼のことが好きすぎて、彼に素の自分が見せられないんです。きっと彼は私のことを、女の子らしくって、おしとやかで……そんなイメージをもっていると思う。でも本当の私は、ガサツで家事も得意じゃなくて。彼は、一生懸命キラキラ見せている、偽の私を好きなんじゃないかな。そして彼の前だと一生懸命取り繕わないといけないのも、とてもしんどいです」(Cさん・27歳女性)

大好きな人の前ではキラキラした自分でいたい……! それは恋愛中の女子なら誰もが思うこと。けれど、それが結果として自分の首を絞めることもあります。

もちろん、最初から自分の素の姿を見せるのは難しいのかもしれません。だけどずっと一緒にいたいと思うなら、関係を深めていく中で、徐々に自分らしさを出していけるようにしたいところ。

そうすれば、いつか「あなたが好きだから、嫌われるのが怖いの」と素直に言える日がくるはずです。彼だってきっと受け止めてくれますよ。

(3)だって信じても裏切るじゃん

「何度恋愛を重ねても、いつかは別れが来るし。今までの恋愛は彼氏の浮気が原因で別れることが多かったから、どうせ男なんて浮気する生き物じゃんって、変な割り切りができるようになっちゃったんですよね。

そのせいかわからないけど、恋愛に期待しなくなったし、恋愛に魅力を感じなくなりました」(Eさん・26歳女性)

……これはちょっと悲しい話。過去の恋愛のトラウマから「どうせ男なんて…」という考えになってしまったようです。恋愛に期待しなくなった結果、人を好きになるのが難しくなる……これも恋愛疲れのひとつでしょう。

(4)どうせ別れるのになぜ付き合うの?

「私、そもそも付き合うというのは、結婚前のお試し期間だと思っているんです。世の中には、結婚とか関係なく、ただ付き合いたいっていう気持ちで付き合う……ってこともあると思うんですけど、それって何のために付き合うんだろう?って考えることが増えたんですよね。

独占したいとかそういう気持ちかもしれないけど……。でも、付き合わなくてもデートできますよね? じゃあ、付き合う意味ってなんだろう。セックスするための契約? そんなことを考えれば考えるほど、付き合うの面倒だな~って。ただの口約束じゃん」(Hさん・27歳女性)

筆者もつい共感してしまったこちらの女性の意見は「そもそも付き合う意味がわからない」というもの。付き合うということは、お互いに関係に責任を持つ、ということでもありますが、確かにそれは口約束でもあります。

結婚のように法的に何か手続きがいるわけでもないので、なおさら結婚適齢期の女性からすると「付き合う意味」を考えしまい、それが結果として恋愛疲れを引き起こしてしまうようです。

(5)束縛や嫉妬がきつい

「私の場合、恋愛が疲れるのは、彼からの束縛や嫉妬が原因。いちいち電話をしたり、LINEをしたりして、自分の時間を奪われるのがイヤなんです。彼は週1はデートしたい人ですが、私はぶっちゃけそこまで恋愛体質ではないので、月に一度会えるだけで充分なんですよね」(Iさん・29歳女性)

「彼からの束縛や嫉妬で恋愛疲れを起こしてしまった」というこちらの女性は、お互いの「求める付き合い方の違い」にしんどさを感じている様子。

カップルにとって、会う頻度や連絡頻度は擦り合わせが必要なパート。その考え方が大きく違うと、このように恋愛疲れを引き起こしてしまうのです。

 

4:恋愛に疲れたら一旦自分の時間を持とう

相手を好きになればなるほど、恋愛は苦しくなるもの。

せっかく幸せになるために恋をしたのに、苦しくつらい思いはしたくないですよね。

恋愛に疲れたな……と感じたら、一旦、恋を休憩してみましょう。

ひとりで過ごす時間を大切に、自分の好きなことをしてゆっくり過ごす休日もいいものです。