結婚って後悔しかないってホント?男女が結婚して後悔している理由

結婚とは、多くの男女が憧れ、幸せになるためにする選択。ですが一方で、「結婚したけど後悔しかない」と語る人がいるって信じられますか? とはいえ、一定数は存在しているからこそ、「結婚後悔症候群」なんていう言葉もあるんです。そこで今回は、男女が結婚したことに後悔している理由について、迫ってまいります。

1:結婚後悔症候群って?

「結婚後悔症候群」とは、文字通り、結婚したあとに、結婚したことについてこと後悔をしている状態を指します。

「この相手と結婚したことを悔やんでいる」、「理想の結婚生活を夢見て結婚したけど、現実は甘くなかった……」など、結婚したことを後悔している人たちの状態を示す表現として、広く使われています。

 

2:男たちが結婚に後悔した理由はなに?5つ

実際に「結婚後悔症候群」かどうかは別にしても、「結婚なんてしなきゃよかった……」と嘆く男性は、決して珍しくはありません。

そこで、そう思った経験のある既婚者や離婚経験者の男性たちに、後悔してしまった理由について語っていただきます。

(1)実家と妻の折り合いが悪すぎる

「結婚してすぐから、妻と僕の実家との折り合いが悪くて、ほとほと困っています。

僕の母親は嫁を毛嫌いしているし、妻も、今では姑の顔なんて見たくない!という感じ。

何かがあったわけでなはなく、単に相性が悪すぎるだけっていうことだから、対処のしようがなくて……。正直、結婚するのは早まったかな、と思っています」(Tさん・36歳男性)

(2)セックスレス

「結婚して2か月後に、妻から“夫婦でセックスするなんて、気持ち悪い”と一方的に告げられてセックスレス状態に突入。

とはいえ、浮気したらぜったに許さないと言われているし、じゃあどうすればいいんだよ……っていう感じです。

こんな女と結婚したことを、激しく後悔しています」(Aさん・40歳男性)

(3)妻の性格が豹変

「結婚して1年くらいまでは可愛げもあったんですが、2年目に入ったころから、やけにギスギスした性格に妻が豹変。

僕のことを“クサい”とか“ウザい”とかって平気で言うし、妻と一緒にいても心が休まりません。正直、結婚を後悔しています」(Nさん・37歳男性)

(4)子作りへの意見相違

「子供が欲しいのに、何度挑戦してもできず、妻は不妊治療に行きたがっています。

僕としては自然に任せたいんですが、妻は治療するべきだと譲らず、毎晩のように口論になります。

子どものことでこんなに揉めるとは思わなかったし、結婚を後悔しています」(Nさん・32歳男性)

(5)妻の怠慢

「妻は、同棲中は甲斐甲斐しく家事をしていたくせに、籍を入れた途端、家のことをサボるようになりました。

掃除、洗濯、料理はほとんどせず、たまにやっても、明らかな手抜き。家でグータラとテレビを見たりスマホをいじったりするだけの生活をしています。

こんな女を今後も養っていかなきゃならないのってウンザリだし、結婚しなければよかったなぁ」(Kさん・33歳男性)

 

3:焦って結婚?女たちが結婚に後悔した理由5つ

続いては、妻たちのホンネを紹介しましょう。既婚者と離婚経験のある女性5名に、話を聞きました。

(1)浮気癖のある夫にダマされた気分

「結婚前には、一生愛し抜くし、浮気なんてしないなんて息巻いていたくせに、蓋を開けてみたら、結婚一年目から浮気ばかりしている夫に本気でウンザリしています。

結婚して2年経ちましたが、すでに6回ほど浮気が発覚しています。たぶん、私が気づいていないものを入れたら、もっとあるんじゃないかなって思います。

結婚したことで余計に不幸になるなんて、想像もしていませんでした」(Aさん・34歳女性)

(2)稼ぎが少ない夫で情けない

「友達はキラキラした毎日をSNSに投稿しているのに、うちは夫の稼ぎが悪すぎて、貧乏生活を強いられています。

独身のころは、それなりに稼ぎがある人に見えたのに、結婚してからというもの、転職ばかりを繰り返していて、収入は下がる一方。今は契約社員として働いていて、同年代の平均年収をかなり下回っています。

私が正社員として働いて、生活をギリギリ維持している感じ。結婚したことを激しく後悔しています」(Jさん・29歳女性)

(3)夫が細かいことにうるさくてウンザリ

「夫の大らかなところに惹かれて結婚したつもりだったのに、結婚してから、超絶に神経質な本性だと知りました。

掃除や洗濯にも細かく口を出してきて、自分が思ったようにできていないと、ネチネチとしつこく文句を言ってきます。

毎日、夫からのモラハラに耐える日々で、本当に離婚したいです」(Mさん・33歳女性)

(4)実は夫がマザコンだった

「結婚してから、夫のマザコンを知りました。それまでは、マザコンな本性を意識的に隠していたみたいです。

平日の夜も毎晩、母親に電話し、休日には毎週姑が我が家に押しかけてきて、夫とベッタリ。

おまけに姑は、私に意地悪してきて、最悪です。

何のために私がいるのか、自分の存在意義すら見失いそうになるほど結婚を後悔しています」(Fさん・40歳女性)

(5)夫の性欲が弱すぎる

「恋人同士のときには特に問題を感じなかったんですが、結婚してからは、夫がほとんど抱いてくれなくなりました。

セックスレスにはなりたくなかったので話し合いをしたところ、“家族になったお前を抱く気にはならない”と言われ、レス生活を一方的に宣言されました。

ならば夫公認でセフレを作りたいと申し出たんですが、それもダメ。

エッチなしの夫婦生活を強いられており、子作りもできないし、夫婦間の愛情もあるのかないのかよくわからず、毎日さみしいです」(Eさん・31歳女性)

 

4:結婚に後悔…離婚する前に考えたいこと5つ

結婚してから後悔するという流れは、一般的に考えて悲劇ですし、行きつく先は離婚の二文字、という人も多いです。

しかし離婚は、できれば避けたい展開ですよね。

そこで、結婚に後悔したとしても、離婚する前に考えておきたいことを5選紹介します。

(1)改善の余地はないのか探る

「相手のここがイヤ」「こんな状況はムリ」となっている“後悔のもと”に対して、改善の余地を探してみましょう。

どんな人と結婚しても、大なり小なり「こんなハズじゃなかった」と思うことはありがちなこと。改善方法を模索せずに離婚し、別の人と再婚したとしても、再び同じように後悔からの離婚を生む展開にもなりかねません。

(2)自分でできる解決方法はないか探る

結婚を後悔するほどの要因に事柄に対し、まずは自分ができる解決方法を模索してみましょう。相手を変えるよりも、自分を変えるほうが簡単です。

また、「やるだけのことはやった」という実感がもてれば、たとえ離婚に至っても、納得できるでしょう。

(3)相手の長所に目を向けられないか考える

相手の欠点や許しがたい状況ばかりにフォーカスしていると、フツフツと負の感情が湧いてきます。

「もう、こんな結婚生活はムリ……」と思ったとしても、離婚に踏み切る前に、相手の長所について考えておきたいところ。

「ウザい夫だけど、経済的には安定している」や「マザコンな夫だけど、妻にもそれなりに優しい」など、長所にフォーカスすると、相手の欠点や結婚生活のアラが、今までより気にならなくなるケースも多いです。

(4)逆転の発想で乗り切れないか考える

相手の欠点や耐えがたい状況を、逆転の発想で乗り切る方法もあります。

例えば「浮気性な夫との結婚は不幸だと思っていたけど、家を留守にする時間が長いから、私も好きなことができる」など、結婚を後悔している状況を逆手にとって乗り越えてみるのも選択肢です。

ただし、ここでムリをしてしまうと、今よりも虚しくなる可能性もゼロではないため、自分が本心から納得できる逆転の発想が思いつく場合にのみ有効といえます。

(5)離婚さえすれば後悔から解放されるのかを考える

今感じている結婚生活への後悔が離婚によって解決するのかは、必ず考えておきたいトピックです。

もしも、後悔を引き起こしている要因が相手ではなく自分の問題だった場合、たとえ離婚しても、思ったような幸せを実感できない……なオチが待ち受けていることも。

離婚が頭をチラついたら、冷静に、このあたりを詰めておきましょう

 

5:結婚で後悔しないためには?3つ

結婚を後悔しないために、結婚する前に意識しておきたい心構えもあります。

そこで、将来的に後悔を呼ばないための心がけを3選紹介します。

(1)理想にとらわれすぎない

「結婚したら、こんな生活を送りたい!」という理想が大きすぎてしまうと、思い通りに進まなかったときに後悔の感情が沸き上がりがちです。

誰と結婚しても、何かしらの不満は生じます。「多少は理想通りにいかなくても仕方がない」という諦めも、結婚を後悔しないために大切な心構えです。

(2)結婚生活は山あり谷ありだと思っておく

すべてが順風満帆に進み続ける結婚生活なんて、極めて稀なケースです。

最初から「どうせ山あり谷ありなんだろうから、どんとこい!」と覚悟を決めておくのと「きっと彼となら、何の努力をせずとも、ずっと楽しく幸せなはず」と甘く見ているのとでは、何かにぶち当たった際のショックに大きな差が出ます。

(3)夫はしょせん他人だと心得る

どんなに愛し合って結婚したふたりだったとしても、しょせんは他人。

この事実を常に頭の片隅に置いておくのと置かないのとでは、結婚生活で問題にぶち当たったときへの対処法も変わってきます。

夢もへったくれもない話に聞こえますが、この事実を肝に銘じておくことで、荒波の結婚生活を乗り越えやすくなるのも事実です。

 

6:自分が「結婚後後悔症候群かな?」と思ったら…

結婚後後悔症候群かな?と思ったら、まずはなぜそんなふうに感じるのかを、徹底的に棚卸してみましょう。

相手のせいだと思っていることでも、深く突き詰めていくと、自分の問題であるパターンも多いです。

「結婚を後悔してます」というみなさん、まずは自分でできることから始めてみてください。

離婚は、最後の選択肢にして、穏やかで楽しくて幸せな毎日を取り戻せれば、それがベストですよね!