性格が変わるきっかけってあるの?心理学者が教える性格を変える方法2選

あなたはどんな性格ですか? いきなりそう聞かれてすらっと答えるのは、簡単なことではないかもしれません。また、自分がどんな性格か理解していたとしても、そんな自分の性格を好きだという人もいれば、そうじゃない人もいるでしょう。では、自分の性格が好きではないという人は、どうすれば自分の性格を変えることができるのでしょうか。

1:性格を変えてモテるようになりたい・・・

性格とは、そもそもいったいなんなのでしょうか。国語辞書によると、

せい‐かく【性格】

 行動のしかたに現れる、その人に固有の感情・意志の傾向。
 特定の事物にきわだってみられる傾向。

<出典:小学館デジタル大辞典>

とあります。なんとなくわかるようで、でも少しわかりにくいですね。

心理学的に簡単に言うとすると、「ある人を特徴づけている、持続的で一貫した行動パターンのこと」ということになります。人は生きていく中で、いろいろな行動や態度をとります。ですが、そんな行動や態度は、みんながみんな同じというわけではありません。その人それぞれに、一貫したパターンがあります。

そんな「ある人を特徴づけている、持続的で一貫した行動パターンのこと」を、「性格」とか「パーソナリティ」と呼んでいるんです。心理学の本などでは、「個人差」とか「個人差要因」なんて呼ばれることもあります。

そんな性格に対する好き嫌いは、個人によっても違います。例えば、活発な女子が好きという男子もいれば、おしとやかな女子が好きという男子もいます。これは、甘い物が好きな人もいれば辛い物が好きな人もいるのと同じ、好みの問題です。

その一方で、社会的に好ましいとされている性格も存在します。好みの差ではなく、誰しもが好む性格というのがあるわけです。例えば、明るいとか、優しいとかが、それに当てはまります。

「性格を変えてモテるようになりたい!」というのは、実は難しい問題です。というのも、そもそも性格を変えることができるのかどうかの前に、“どんな性格がモテるのか”ということが重要だからです。

すでにお伝えしたように、社会的に好ましいとされている性格はありますが、モテるという部分においては、活発が好きという人もおしとやかが好きという人もいるので、つまるところ相手の好み次第なんです。

だからといって、相手の好みに合わせてコロコロと性格を変える(行動や態度に一貫性がない)と、「八方美人」とか「カメレオン女子」とか言われる危険性も。モテるかどうかの前に、人として信用されなくなってしまう可能性もあるでしょう。

 

2:性格が変わるきっかけ

ところで、性格は変えることができるのでしょうか。

答えは「YES」です。とはいえ、そう簡単に変えることはできません。というのも、性格には、生まれつきの(遺伝的な)部分と、育ってきた環境によって作られる部分があるからです。生まれつきの部分を「気質」、育ってきた環境によって作られた部分を「社会的性格」と呼んでいます。

気質は生まれつきなので、簡単に変えることはできません。一方で社会的性格は、後天的に身についたものです。なので、上書きをするというか、変えることができます。ですが、大学生や社会人だと、もうすでに20年近く生きてきた中で今の性格が形成され、身についているわけです。それを短時間で変えることは、容易ではないことは想像がつくと思います。

性格を変えるということは、よほどの覚悟と決意が必要です。そして、今の自分を特徴づけている持続的で一貫した行動パターンを意識的に変えて、自分が望む行動パターンを無意識にできるようにならないといけないんです。

 

3:心理学者が教える!性格を変える方法2つ

では、性格を変えるには、いったいなにが大事なのでしょうか。

(1)自分の性格を客観的に知る

自分の性格を変えるためには、まずは自分の性格を客観的に知ることが大切です。就職活動中の大学生のように、徹底的に自己分析をして、自分の長所(好ましい性格)と短所(好ましくない性格)を知ることから始めましょう。そして、どこを変えたいのか、どういうふうに変えたいのかを自覚し、変えたい性格にそう行動パターンをするように心がけましょう。

(2)環境を変える

性格は育ってきた環境によって、後天的に作られた部分があるとお伝えしました。事実かどうかは別として、よく「南国の人は穏やかだ」とか「時間の感覚がゆっくりしている」なんていいますよね。まさにこれが、環境によって性格が作られると言うことです。

また、気候だけではなく、人間関係も当てはまります。社交的な友達に囲まれていると外出の機会も増え、自ずと社交的な性格になるでしょう。自分が置かれている環境を、望む性格にあわせて変えることも大切です。

 

4:まとめ

すでにお伝えしたように、モテる性格というのは相手の好み次第なんです。なので、社会的に好ましいとされる部分をのぞいて、絶対にモテる性格があるわけではありません。

自分の性格を嫌いになったり、悲観する必要はありません。まして、誰かに合わせて自分の性格を変える必要なんてないんですよ。