キスが上手くなりたい人必見!キスが上手くなる方法10選

ドラマや映画のようなロマンチックなキスに、女性なら誰もが一度は憧れたことがあるはず。でも現実は「上手くできない!」「思っていたのと違う!」なんて人もいるのではないでしょうか。今回は好きな人を喜ばせられるキスがしたい女性のみなさんに向けて、キスが上手くなる方法をご紹介します。

1:キスが上手くなるにはどうすればいい?

最初からキスが上手な人なんて、なかなかいません。特に女性は、男性に任せがちなので、なかなか上手くならないもの。キスが上手くなるのに大事なのは”テクニック”と”練習”、そして”経験”です。

少しでも上手くなるように、女性も努力してみましょう。

 

2:キスが上手くなる方法10選

ここからは、誰でも手軽にできるキスが上手くなる方法をご紹介します。

(1)口もとを万全な状態に

まずは基本中の基本から。くちびるがカサカサの状態だったり、ニンニクなどのにおいの強い食べ物が残っている、なんてことはご法度です。どれだけテクニックがあっても、口元が万全な状態でないと、相手を一気に萎えさせてしまいます。

特に冬は乾燥しがちなので、常にリップでくちびるを潤しておきましょう。寝る前のくちびるパックもオススメです。また、キスをする予定があるときは、2日ほど前からニンニクなどにおいの強い食べ物を避けましょう。

(2)キスシーンを観る

「大好きなドラマのキスシーンに憧れて、何度もくり返し観ています。”未来の彼といつかこんなキスを……”と絶賛妄想中です」(28歳女性/銀行員)

キスにもイメージトレーニングが大事。憧れのドラマや映画のキスシーンを観て、どtれマネするのはとても効果的。キスの仕方を勉強できるだけでなく、前後の流れや雰囲気づくりもチェックできます。

(3)鏡で練習

「以前付き合ってた彼氏に”キスするの嫌いなの?”と聞かれたことがあったんです。”下手だからだ……”と落ち込んだのをきっかけに、鏡にラップを貼りつけて自分とキス。同居してる親にバレないよう、お風呂あがりに練習していましたね」(28歳女性/主婦)

自分がキスしているときの顔を見ることってあまりないですよね。くちびるの形やキス顔をチェックできるので、キスに不安があるひとは、一度鏡でチェックしてみてもいいかもしれません。

(4)腕で練習

「自分の二の腕でキスマークの練習をしていた。」(29歳女性/看護師)

キスの練習で手軽にできるのが、自分の二の腕を使う方法です。二の腕の感触はくちびるの感触に似ているので、キスシーンが想像しやすいですよね。また「キスマークをつけたいけどうまくつけられない」という人も、二の腕であれば、服で隠せるし、キスマークの練習にはもってこいかもしれません。

(5)食べ物で練習

「自分の腕だと唇の感触と腕の感触がバッティングして、イマイチ実感がわかない」という人は、やわらかい食べ物を使うのもあり。マシュマロやゼリー、プリンなどを使って練習する人が多いようです。

また、舌を使うディープキスの練習がしたい人は、アメや氷を使って練習するのがいいそうです。

(6)相手の動きに合わせる

「ちょっとキスが苦手だな」と思っている人や、相手のキスが上手いと感じる人は、相手にまかせるのではなく、相手の動きに合わせてみるのはどうでしょう。マネをすることで、より親近感が湧いて、相性のいいキスになるでしょう。

(7)手も使う

「キスしているときに、女性から手を腰にまわされたり顔を触られたりすると、めちゃくちゃドキドキする。」(30歳男性/銀行員)

キスが盛り上がってきたときに、頭をなでられたり、体を触られたりすると、女性もドキドキするものですよね。男性も同じく、手で触れられると興奮するそうです。お互いに触れ合うことを意識するのも大事ですね。

(8)目線を合わせる

「普段キスをするときは目をつぶってる彼女が、慣れてきたのかちょっとだけ目を開けていて、目が合った瞬間すごく恥ずかしそうにしてたのが、めちゃくちゃかわいかった」(32歳男性/フリーター)

女性はキスするとき、ついつい目をつぶってしまいがち。それがかわいかったりもするのですが、目を合わせながらキスすると、より気持ちが伝わるものだったりします。ただし、ずっと目が開いているのは怖いという意見もあるので注意。たまに目を開けて、目線を合わせる程度がちょうどいいようです。

(9)リラックスする

「まだ付き合いたての彼とキスするとき、お互い緊張しすぎて、歯が思いっきりゴッツンコ。恥ずかしかった……」(28歳女性/自営業)

キスする前はどうしても気持ちが高ぶってしまうもの。緊張しすぎるとガチガチになって歯がぶつかってしまう、なんていうこともありますよね。

慣れによって解決することがほとんどですが、リラックスした状態でできるように、雰囲気づくりも大事。緊張せずキスを楽しめるほどになれば、より素晴らしいキスとなるでしょう。

(10)相手のことを想いながら

どれだけテクニックがあっても、それを披露するだけの場になっては意味がありません。キスをする相手は大好きな彼。好きという気持ちが伝わるよう、相手のことを想いながらすることが、気持ちいいキスにつながります。

 

3:まとめ

意外にも簡単にできる、キスの上達テクニック。練習を積んだら、次は実戦です。経験が多くなるほど、よりキスの達人に近づけますよ!

大好きな彼とより良い時間を過ごすためにも、練習や経験を重ねて、彼をメロメロにさせてくださいね。