彼女のキスしてほしいサインが知りたい!社会人彼女が最も喜ぶキスのタイミング

男性のみなさん、彼女のキスしてほしいサインを察知できていますか? 彼女のキスしてほしいサインとタイミングを知れば、きっと今以上にラブラブになれるはず。そこで今回は、女性のキスしてほしいサインと、社会人女性が最も喜ぶキスのタイミングについてご紹介します!
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:彼女とのキスで失敗したくない

彼女とのキス……特に付き合い始めはロマンチックに、そして彼女の「キスしてサイン」を察知して、絶妙なタイミングでキスしたいところ。

とはいえ、まだ付き合いたてであればタイミングをつかむのは難しいもの。彼女にキスを拒まれると、気まずい雰囲気が流れ、そのあとギクシャクしてしまう可能性があります。

彼女とのキスのタイミングを間違えて、デートそのものが台無しに……というのは、男性にはよくあること。

 

2:彼女がキスを避ける…その理由は?5つ

彼女からキスを避けられたけれど、どうしてなのか、その理由がわからないという男性は多いようです。まずはその理由を探っていきましょう。

(1)口臭が気になる

寝起きなどで自身の口臭が気になる場合と、相手の口臭が気になるパターンの2パターンがありますが、付き合いたては特に、自分の口臭を気にして、彼女から「キスはあとでね!」なんて言われることもあるかも。

これは初々しさゆえの拒否。寝起きなどにキスを拒まれても、嫌いというわけではなく「大好きだからこその拒否」ということを知ってあげてくださいね。

(2)場所が悪い

キスを避けられてしまうのは、場所が悪いからということもあるかもしれません。

例えば、帰り際に駅でのキスするのが好きだという人がいれば、「人前でキスなんてありえない!」と考える人もいます。

人が多い場所でキスを拒まれた場合、次回のキスは人の多い場所は避けましょう。「こんな場所でキスするなんて、非常識な人!」と幻滅されてしまうこともあります。

(3)口紅がつきそう

化粧をばっちりしているときは、キスを拒む場合もあります。

それは相手に口紅がつきそう、といった配慮であることもありますが、化粧をした直後にキスをしようとして拒まれる場合は「せっかく化粧をしたのに直さないといけなくなるのがめんどう」という心理状況がはたらいているのかも。

(4)気分の問題

ただ単に「今はそういう気分じゃないから」という理由でキスを拒まれることもあるかもしれません。

例えば、仕事に集中している横からキスをしようとして拒まれたのなら、それは間違ったタイミング。

好き嫌いの問題ではなく「今はそういう気分ではない」のです。

(5)ほかに好きな人ができた

最悪のケースですが、こういうこともあります。

特に女性は、好きな男性とは、エッチなしで抱き合ったりキスしたりする愛情表現を大切にします。大好きな人とであれば、一瞬のキスだって幸せに感じるはず。

だけれどよく「エッチは好きじゃなくてもできるけれど、キスはできない」という話を聞きますよね。これは男性も一緒ではないでしょうか。性的欲求を満たすだけのエッチなら、相手に対しての恋愛感情がなくともできちゃう。けれど、キスは違う……。

キスは相手の顔を見てするもの。エッチはするけれどキスが減ったというのは、ほかに好きな人ができたサインであることもあるのです。

 

3: 見逃すな!彼女がキスしていいときに見せるサイン5

続いて、彼女がキスしていいときにみせるサインをご紹介します!

このサインを素早く察知できれば、今まで以上にラブラブになれるでしょう。

(1)上目遣いで見てくる

彼女がうるっとした上目遣いで見てきたら、それは「キスして♡」のサイン。もしかしたらそれ以上も……。

(2)手をぎゅっと握ってくる

デートの帰り際、手をぎゅっと握ってくるのも「キスして♡」のサイン。彼女のほうから握ってきたら、そのまま引き寄せてあげて。

(3)肩に頭を置く

一緒に映画を観ていたりするときに、肩にポンッと頭を乗せて甘えてくる仕草も「キスして♡」のサインです。少し頭をポンポンしてあげて、チュッと軽めにキスをしてあげてください。

(4)声のトーンが高くなる

少し甘え声で声のトーンが高くなったら、それも「キスして♡」サインかも。目をつぶって、キスをおねだりする顔をしてこなくても、声にキスをしてほしいサインが出ることがあります。

(5)「私のこと好き?」と聞いてくる

上記と同様に、声のトーンが少し高くなって、「私のこと好き……?」なんて聞いてきたら、彼女の「キスして♡」サイン。

大好きだよと言ってキスしてください。

 

4:社会人女性に聞いた!彼女がキスしてほしいタイミング5つ

続いて、社会人女性に限定して、キスしてほしいと思うタイミングをご紹介!

みんなの意見を参考に、筆者の妄想を少し交えながら胸キュンショートストーリーでお送りします。

(1)寝起きに顔を見合わせて「おはよう」チュッ

「初めての彼家お泊まり。一緒にご飯を食べて、お風呂に入って、うれしはずかし彼との初エッチを終えて……。次の日の朝、ゆっくり目を覚ますと、上半身裸の彼が優しく「おはよ♡」といって、一瞬のキス。「おは…」とあいさつをし終わる前に、第二ラウンド突入~♡」(Sさん・23歳)

このシチュエーション、「昨日の私は大丈夫だったかな」「朝だけど口臭は大丈夫かな」そんな心配をしながらも、幸せ絶頂の瞬間でもありますよね♡

(2)ふたりで花火を見ている時に…浴衣でキス!

「地元の花火大会。シートを敷いて、大好きな彼と一緒に浴衣で花火を鑑賞。連続花火が夜空を彩り、うっとり眺める私たち。周囲にはたくさん人がいるけれど、周りは花火しか見ていないから……目が合った私たちは、闇に紛れてちょっとだけ長めの軽いキス。

でも彼のキスが激しくなってきて、私もうっとりしてしまって、うちわで少し顔を隠しながらディープなキスに……なんちゃって」(Wさん・32歳)

うちわで顔を少し隠しながら、長めのキスをする……というのは、夏祭りキスの最高のシチュエーション。

花火を見ているとき同様、テーマパークの夜のパレードなど、大勢が人がいるロマンチックなイベント中でのこっそりキスは、女子の永遠の憧れです。

(3)帰り際の駅で、もう少しだけ…

「さよなら間際の駅のホーム。明日も仕事だからと帰る事を決意したものの、バイバイって言ってからもなかなか離れられず……。

駅には別れを惜しむカップルたちがイチャイチャ。彼と付き合うまでは、駅のホームで、こんな恥ずかしいこと、よくできるな~ってうらやましくもちょっとバカにしていたけれど、今は気持ち、すごくわかる。ってことで彼の袖をグッとつかんでうつむく私。その気持ちに気づいた彼からキス♡」(Kさん・28歳)

駅のホームでは、カップルの数だけ恋愛ドラマが繰り広げられています。特に終電間際。

自分が急いでいるときは「駅のホームでやらなくても……恥ずかしい!」なんて思ってしまいますが、うらやましいとおもってしまうのも事実。

駅のホームでキスなんてありえない!という女性もいるので、タイミングを見計らうときは、彼女の目を見て。「おねだりの目」をされたら、そっとキスをして、「……うち、来る?」と言っちゃいましょう。

(4)目を見つめて…「楽しかった」

「デートの帰り際、手をつなぎながら駅に向かいつつ、今日の感想を言い合って……。ふとした瞬間に目があって、わざとそのまま逸らさず、1・2・3・4……。5秒間、じっと目線をそらさないのが、私のキスしてサイン♡」(Mさん・31歳)

彼女の「キスしてOK」サインの多くは、目に表れます。

男性のみなさんは、デートの帰り際、彼女の目を見つめてみてください。彼女が5秒近くそらさないのであればそれはOKサイン! いや、むしろ「早くキスして♡」というキス待ちサインです。

(5)唇がいつもより少しだけプルっと……。

「デート中盤、レストルームでメイクをお直し。お気に入りのプルプルグロスをたっぷり塗って、夕暮れどきの唇作りを入念に。

で、お待たせ~って彼の元に戻って、ふんわり香水のいい匂いを漂わせて、作り込んだ唇で誘惑のあひる口!」(Nさん・26歳)

彼女がトイレから帰ってきて、唇がプルプルになっていたら、キス待ちのサインかも♡

グロスに加えて、彼女から少しいい香りがしたら、彼女なりにムードをつくっているサインといえます。見逃さず、その誘惑に応えてあげて。

 

5:彼女のキスしてサインを見逃すな♡

 

今回は、彼女の「キスして♡」サインをご紹介しました。

キスは大切な愛情表現のひとつ。

彼女からの「キスして♡」サインを素早く察知することができれば、最高のタイミングで、素敵でロマンチックなキスができますよ。

もちろんたまには「不意打ちキス」も加えて、キスマスターになるのもあり。

上記を参考に、彼女ともっともっとラブラブになってくださいね。