キスフレを持つ男女の本音!彼氏・彼女ではなくキスフレが欲しい男女の心理

恋人となるとそれなりの責任がありますが、もっとそれを淡白にした関係が「キスフレ」です。キスフレであれば、もちろん将来なんて考える必要もないし、相手のことを心配したり嫉妬したりする必要もありません。なぜなら、ただキスをするだけの友達なのですから。そこで今回は、キスフレを持つ男女の本音や、キスフレが欲しい男女の心理をご紹介します。

1:キスフレンドの意味は?

ご存じかもしれませんが、「キスフレンド」を略してキスフレと呼びます。

その意味は、恋人まではいかない関係でキスをする関係の友達。キスフレの存在を重要視する人もいれば、ただの友達だから、と軽く扱う人もいるでしょう。

しかし、話を聞いてみると誰でもいいというわけでもないようです。あくまでもタイプの範囲内というのが条件。しかし、恋人にまでは発展するというパターンは少ないのが、キスフレ止まりの関係が生まれやすい理由なのでしょう。

 

2:女性がキスフレをつくってしまう理由3つ

では女性がキスフレをつくる心理とはどのようなものでしょう。さまざまな人の話を聞き、大きく3つにまとめました。

(1)女性として見られていたいから

キスができる相手がいるというのは、女性として生きていたいという思いの表れとも言えるでしょう。異性とキスをすることによって、自分が女であることを再確認し、日ごろのモチベーションをあげるというのが理由です。

しかし、恋人にしたいほどその男性を気に入っているわけでもないので、キスフレ止まりということなのでしょう。

(2)刺激が欲しいから

人間は、やはり刺激を求める生き物。恋愛においては、関係が曖昧なほうが、刺激的な関係になりやすい傾向にあるでしょう。はっきりとしてしまえば、安定してマンネリ化してしまうからです。

だから恋人とまではいかないけど、恋人っぽい人が周りにいる状況は、刺激で楽しいのです。キスフレをつくることで、その人の心は満たされるのでしょう。

(3)特に深い意味はない

特に理由なんてないけれど、気づいたらキスフレがいたというケースもちらほら聞かれました。これは完全に成り行き。キスフレがいなくなっても、心にそれほどの打撃はないでしょう。

なので、特にキスフレに固執することもないし、キスフレなんて意味あるの?とかも考えない、といった状態ですね。

 

3:男がキスフレに対して思っている本音3つ

続いては、男性側の気持ちを聞いてみました。キスフレに対してどんな感情を抱いているのでしょうか?

(1)どちらかといえば、ただの友達

「まあ、友達か恋人かと問われると、やっぱり友達ですね。キスできるくらいの仲っていうことは、甘えられるし、変に関係が壊れることもない。その点、彼女と違って気がラクです。

だから逆に好きとか言われちゃったら、関係はそこまでですね。めんどくさい関係になるのは、本命彼女だけでじゅうぶんですから(笑)」(Hさん・29歳)

(2)自分を好きでいてくれる子だから心地いい

「自分からすると、彼女にするほど大切でもないですけど、アリっちゃアリっていう感じです。相手が好意を抱いてくれてるのであれば、それはやっぱり嬉しいから。

でも、自分がキスフレの状態から好きになるってことは絶対ないです。そういうのって、キスフレになる前にわかりますから」(Mさん・28歳)

(3)今の関係に満足!特に発展性はナシ

「自分でも正直よくわかんなくて(笑)。相手もどう思っているのかもわからないし。でもそこをはっきりさせるのもめんどくさい。

つまり、今の関係に満足してるんですよ。これ以上求めることもないし、これ以下になることもないと思います」(Yさん・27歳)

 

4:キスフレが長続きしない理由3つ

キスフレをつくるのは男女それぞれの事情があると思いますが、やはり長続きしないというのが定説のよう。ではその理由とは? 筆者の考えを3つ紹介します。

(1)真実の愛ではないから

誰かと一緒に人生を歩むということは、いいことばかりではありません。喧嘩もするし、ときには一緒に乗り越えなければならない壁もでてくるでしょう。

それがあるからこそ、長くて深い関係を築けるのではないでしょうか。しかしキスフレの場合、その苦難を一緒に乗り越えるという気がお互いにありません。

となると、ただ一緒にいることだけでは、いつか無意味になってくるときがやってきます。要は、その場しのぎ関係だと筆者は思います。

(2)いなくても支障がないから

心から好きな相手を失ったら、立ち直れないほど悲しくなるものです。しかし、キスフレを失っても心が痛むことはそれほどないでしょう。いるにこしたことはないとしても、いなくて心を病むということはないのです。

つまり、いてもいなくてもいい存在。それを時間の無駄だと感じる日がきたら終了。どちらかに好きな人ができたり、状況が変わったりした時点で、すぐに関係は崩れるでしょう。

(3)お互いの思いに差がでてくるから

キスをすることで、どちらかが強い好意を抱き、一方は特に深い思い入れはないという温度差が生じることがあります。

誤差が生じた時点で、キスフレを続けることは難しいですよね。だって、一方は今の関係をキープしたいけど、もう一方は相手と進展したいと思っているですから。

 

5:まとめ

今回はキスフレについて考えてみました。いろいろ話を聞いてみると、やはり未来がないというのが筆者の感想です。本当に未来が欲しい相手であれば、もっと違う向き合い方があるはずですからね。

しかし、そうではない相手であればキスフレはかなり楽しい存在とも考えられるのかも。キスフレを作って、何もない日常にスパイスを加えるのもアリかもしれません。

どちらにせよ幸せかどうかを決めるのは自分次第ですから。