彼氏と一緒にお風呂に入りたい?彼氏とのお風呂タイムの注意点15個

自宅でのお泊まりデートや旅行になると、彼から「一緒にお風呂入る?」と言われることも。でも明るいお風呂で裸を見られるのは恥ずかしい……。かといって、いつもいつも断ってしまうのも、彼に悪いですよね。そこで今回は、意を決して一緒にお風呂へ入る!というとき、彼氏をガッカリさせず、自分に自信を持てるための注意点をご紹介します。

1:一緒にお風呂に入って彼氏に幻滅されてる女子も

カップルで一緒にお風呂へ入るとき、男性としては、彼女に少しくらいは恥じらいを持っていてほしいもの。大胆に服を脱いで、どこも隠すことなく、まるで銭湯かのように体を洗い始めたり、ムダ毛処理をしだしたりしてしまえば、お風呂でいちゃいちゃしようとしていた彼もがっかり……。

幻滅されないように、入り方には普段よりも注意が必要です。

 

2:彼氏と一緒にお風呂に入るときに気を付けること10

ここからは、彼氏とお風呂へ入るときの注意点をご紹介します。

(1)ムダ毛処理は事前に

まず、一緒に入っているタイミングでのムダ毛処理は絶対にNG。自然と生えてくるものですし、彼のためにキレイにしようという気持ちがあっても、目の前でジョリジョリしている姿には、彼も幻滅してしまいます。

ムダ毛は前日など、事前に処理しておくことをおすすめします。お風呂は明るいことが多く、彼との距離も近いので、普段より入念に処理してくださいね。

(2)ビキニラインのチェック

男性が女性とお風呂に入るとき、まず見てしまうのがビキニラインなんだそう。「思ってたよりも毛深くてびっくりした」とか「何もお手入れされていないのはちょっと……」という声はよく聞かれます。整える程度でもいいので、こちらも事前に処理しておいたほうが安全かもしれません。

(3)長風呂はしない

女性は長風呂する人が多いですよね。ただし、彼と一緒に入るときは、あまり気を遣わせないためにも、あまり長風呂をしすぎないようにしましょう。出るタイミングは、彼に合わせるのがいいでしょう。

4)露出は控えて恥じらう

「別に恥ずかしくないもんね」と頭では思っていても、大事な部分は隠しながら入るなど、恥じらいを持って入りましょう。また、湯船には濃いめの色の入浴剤を入れると、体が隠れていいですよ。

5)体はすみずみまで洗う

泡を飛ばしてゴシゴシ洗いすぎるのも微妙ですが、恥ずかしがるあまりに、ササッと洗い終えてしまうのはNG。「普段からちゃんと体洗ってない人なんだ……」と、彼を幻滅させてしまいかねません。体のすみずみまで丁寧に洗うことを心がけましょう。また、洗うときは脚を開いて座らないように気を付けましょう。

6)脱いだ服はたたんでおく

お風呂へ入る前も見られているもの。服や下着を脱ぎ散らかして入ってはいけません。きちんとたたんで、しかるべき場所に置いておくようにしましょう。

7)髪はまとめる

髪が長い人は、ヘアゴムやヘアクリップなどを持って入ることをおすすめします。髪が長いとどうしても湯船に浸かってしまい、不潔な印象に。髪を洗うにしろ洗わないにしろ、湯船ではまとめて上にあげましょう。

8)メイクは落としてから

すっぴんを見られるのを嫌がる女性は多いですが、ばっちりメークのままお風呂に入ると、どんどん化粧が落ちてパンダ状態になり、逆にマイナスな印象になりかねません。

お風呂で化粧を落とす人も多いですが、落としている途中の顔を明るい場所見て幻滅する男性もいます。思い切って入る前に落とし、ちょっと恥じらいながら入りましょう。

9)事前に水分補給を

彼と一緒ということで、緊張もあり、ひとりで入るときよりものぼせてしまう可能性も無視できません。事前に水分を取っておくようにしましょう。

10)お風呂掃除を忘れずに

自宅のお風呂に彼氏と入る予定がある場合は、事前のお風呂掃除を忘れないようにしましょう。汚れが目立つお風呂だと、イチャイチャ目的で入ろうと誘ってきた彼を、冷めさせてしまうかもしれません。

 

3:一緒にお風呂でイチャイチャのときの注意点5

次に、お風呂でイチャイチャするときの注意点をご紹介します。

(1)のぼせそうなら出る

イチャイチャすると興奮がプラスされて、さらに体感温度はアップ。そんなとき、のぼせて倒れるなんてことのないように。盛り上がっていて、もつらくなったら無理せず出ましょう。

(2)彼の時間は邪魔しない

彼が体を洗っているときは、邪魔をせず湯船で待ちましょう。特に彼がヒゲを剃っているときは、顔を切ってしまう危険もあるので、絶対に後ろから抱きついたりしないようにしましょう。

(3)自分から行きすぎない

一緒にお風呂……というとき、彼氏は自分から誘っていたとしても、恥ずかしがりながらの受け身のスタンスを女性に期待しがちです。そのため、お風呂に入った瞬間に自分から積極的にイチャついたりすると、ちょっと想像していたリアクションと違って、冷められてしまうかも。

(4)はしゃぎすぎない

一緒にお風呂となるとお互いテンションも上がりますよね。しかし、意外とお風呂の声や音は、隣近所に聞こえやすいもの。旅行先の部屋のお風呂も同じです。はしゃぎすぎない程度に楽しみましょう。

5)ちゃんと避妊する

お風呂でそのままの流れでエッチ……ということも想像できますが、わざわざコンドームを持って行かないことも多いでしょう。でもエッチは確実にコンドームなどで避妊をしなければダメ。それができないときは、どれだけお風呂場で盛り上がっても、いちゃいちゃ程度で止めましょう。

 

4:まとめ

彼氏と一緒にお風呂へ入るときは、気を付けることがたくさん……。ついつい緊張してしまうかもしれませんが、セックスレスの予防には、一緒にお風呂に入るのがいい、と言われていたりもします。

ふたりの仲を深める時間になることは間違いないので、注意点を参考に、楽しいお風呂タイムを過ごしてくださいね。