ご祝儀袋をコンビニで買うのは失礼?ご祝儀袋を買える場所と書き方

20代の後半ごろになると、友人や同僚の結婚式にお呼ばれする機会が一気に増えますよね。でも忙しいと、当日になってご祝儀袋の買い忘れに気づくなんてことも。最近はコンビニでも手に入るご祝儀袋ですが、マナーとしてどうなのか気になる人もいるようです。そこで今回は、ご祝儀袋をコンビニで買うのは失礼なのかについてやご祝儀袋の書き方についてご紹介します。

1:ご祝儀袋をコンビニで買うのは失礼なの?

ご祝儀袋をうっかり買い忘れていたけど、コンビニで売っていて助かった!という経験がある人もいるのではないでしょうか。でも、コンビニで買うのってマナー違反じゃないの?という声も……。

しかし、コンビニで買ったご祝儀袋だからといって、失礼には当たりません。そもそもコンビニで買ったかどうかは相手にはわかりません。ただし、バリエーションは非常に少なく、汎用的なデザインになってしまうことは否めないでしょう。

 

 

2:コンビニや100均以外は?ご祝儀袋はどこで買える?5つ

近ごろは、コンビニだけでなく、100円ショップでも手に入るご祝儀袋。100円に見えないデザインと種類の豊富さには驚きです。また、ほかにもご祝儀袋を買えるところはさまざま。「人とかぶらないご祝儀袋がほしい」「いつも同じご祝儀袋なので飽きた」という人向けに、ご祝儀袋が買える場所をご紹介します。

1)文房具店

スタンダードで間違いないデザインのものを選びたい場合は、文房具店さんに行くことをおすすめします。

また、これは筆者が実際に「助かった!」と思ったことなのですが、文房具店だとマナーに詳しい店員さんもいる場合もあるので、マナーについてわからないことがあれば相談に乗ってもらえるというメリットもあります。

2)雑貨屋

こだわったデザインや人とかぶらないデザインのご祝儀袋を選びたい人は、雑貨屋さんに足を運んでみてはいかがでしょう。

コンビニや文房具店では手に入らないようなオシャレなデザインのご祝儀袋を取り扱っているところが多いです。メッセージカード類の取り揃えが豊富なところであれば、高い確率でご祝儀袋も置いてあるでしょう。

3)書店

書店でもご祝儀袋を取り扱っていることが多いですよね。大きな書店であれば種類も豊富なので、いろんなデザインを見てみたいという人にはぴったりです。書店なら駅近や身近な場所にあることが多いので、時間がないときにも助かりますよね。

4)スーパー

駅前などのスーパーにも、ご祝儀袋を見かけることは多いです。ただし、スーパーもコンビニと同じく、品ぞろえは少なめなので、急いでいる場合や、特にこだわりがない場合の、最後の砦として利用するのがいいかと思います。

5)家電量販店

意外なのが家電量販店! 文房具店さんかと思うほど、種類が豊富なところもあります。近くに文房具店さんや書店はないけど、家電量販店がある! という場合には、店舗に取り扱いがあるか問い合わせてみてください。

 

3:ふくさはないとダメ?ペンはどれを使う?ご祝儀袋の注意点5

ここからは、ご祝儀袋の選び方や、渡すにあたっての書き方、マナーについてご紹介します。

1)持ち運び方

基本的には、ご祝儀袋はふくさに包んで持っていくのがマナーです。贈り物を汚さないという意味で、昔から金品は、布などで包むことがマナーとされてきました。ただし最近は、ふくさを持っていない場合、ハンカチで代用しても問題ないといわれています。

2)ペン

毛筆か筆ペンで書くのが、基本的なマナーです。黒のフェルトペンで代用が利くとされているようですが、ボールペンや鉛筆・万年筆はNGです。

筆ペンもコンビニで売っていることが多いので、急にご祝儀が必要になったとき、ご祝儀袋と一緒に手に入れられるので、助かります。

3)水引

ご祝儀袋の水引はほどくのが難しく「1度きりのお祝い」にふさわしい「結び切り」か「あわじ結び」を選びましょう。蝶結びの水引もかわいいのですが「何度でも結び直せる」という意味から、結婚祝いに使うのは避けたほうがいいです。

4)書き方

表書きは3人までです。4名以上の場合は代表者の名前を書き、その左側に小さめの字で「外一同」と書き添えましょう。また、楷書体(かいしょたい)ではっきりと書きましょう。「お祝いの名目」が印刷されていない場合は、旧字体の「壽」、「寿」「御祝」「御結婚御祝」などを、表側の中央上部に書く必要があります。

中袋の表側には、中央に「金 ○萬円」というように、旧字表記で金額を書き、裏側には左下に自分の住所と名前を書きます。中袋に名前や住所を書き忘れてしまうことが多いのですが、新郎新婦が誰からもらったかわからない、住所を調べなければいなけい、となって、慌ただしい結婚式後に余計な手間をとらせてしまうので、十分に気をつけましょうね。

5)外袋のたたみ方

無事に書き終わってあとは包むだけ!というところまできても、最後まで気は抜けません。まず、お金の入れ方にも注意が必要です。お札の人物が、中袋の表側(金額が書かれている方)を向き、上にきているのが正しい入れ方です。

そして、ご祝儀袋の外袋の裏側の折り方にもマナーがあります。お祝いごとは、上向きに折られているほうを上に重ねて、水引を通します。下向きに折られたほうが上にくると、お悔やみごとになってしまうので、注意してください。

 

4:まとめ

コンビニのご祝儀袋を使うことは失礼には当たりませんが、大事な人へのお祝いの気持ちを込めて渡すのがご祝儀。ついつい準備を忘れていて、ギリギリのタイミングでコンビニに駆け込み、店頭や移動中に書く……なんていうことのないよう、できるだけ早くから準備しておきましょうね。

そして、せっかく準備したのに思わぬマナー違反で相手をがっかりさせないよう、十分に気をつけましょう。