「卑下する」の意味は?卑下する女性の残念な特徴

「私って、ダメな人間なんだ」とか「どうせ、私は……」と、口癖のように言っている、いつも卑下してばかりの人っていますよね。どうして、そんなふうに考えてしまうのでしょうか。そこで今回は、そんなふうに卑下する人に注目してみました。卑下する女性の特徴や、自分を貶める癖をなくす方法を考察していきたいと思います。

1:「卑下する」とは?

「私って、ダメな人間なんだ」とか「どうせ、私は……」と考えてしまうことを、卑下するといいます。小学館発行の『デジタル大辞泉』によれば、「卑下」の詳しい意味は次の通りです。

ひ‐げ【卑下】

1 自分を劣ったものとしていやしめること。へりくだること。「そんなに卑下する必要はない」

2 いやしめて見下すこと。また、そのさま。

「自修の事を甚だ―なる田地に落ち沈ましむるなり」〈中村訳・西国立志編〉

まさに、「私って、ダメな人間なんだ」と考えてしまうことですよね。似たような言葉には、「謙遜」とか「へりくだる」とかがあります。ですが、こちらはどちらかというと遠慮の意味合いが強いので、自分を劣ったものとネガティブにとらえていることとは違うでしょう。

ちなみに、反対の意味の言葉(対義語)は、「尊大」です。尊大とは、「いばって、他人を見下げるような態度をとること。また、そのさま」のこと。似たような意味の言葉には、「高慢」とか「横柄」というのがあります。

 

2:卑下するとモテない?卑下する女性の残念な特徴3つ

ところで、自分を劣ったものとしていやしめるような女性は、モテないのでしょうか。残念ながら、卑下する人で抜群にモテるという人は少ないでしょう。というのは、卑下する人には次のような特徴があるからです。

(1)かまってちゃん

卑下するのは、本当に自分のことを劣っていると考えている場合もあれば、「そんなことないよ」と言ってもらうことを期待して卑下する言動をする場合があります。

これは、いわゆる“かまってちゃん”です。一度や二度ならまだしも、何度も卑下する言動をされると、もう、「ウザい!」のひと言に尽きます。周囲の人からすると、面倒というか、疲れますよね。

(2)コンプレックスをもっている

コンプレックスとは劣等感のことで、自分が劣っていると感じていること。本当に自分のことを劣っていると考えている場合です。ある意味では同情すべきことですが、周囲からすると、ネガティブな言動は不快でしかありません。

コンプレックスは愚痴っぽさなどに表れます。愚痴っぽい人と一緒にいたい人って、少ないですよね。

(3)周囲と比較しがち

なぜコンプレックスを感じるかと言えば、すぐに周囲の人と自分を比較するからです。周囲の人とは、まさに卑下している人の目の前にいるあなたです。ことあるごとに、「あなたは美人だからいいよね。それ比べて私は……」みたいに言う人と一緒にいて、いい気持ちがするという人は少ないでしょう。

 

3:卑下しない女になるために!卑下する癖の克服方法3つ

では、卑下しやすい癖を克服する方法というのは、あるのでしょうか。

(1)卑下とは何かを理解する

いくつかの研究で明らかになっているのですが、日本人は卑下しやすい文化に生きているとされています。この場合、卑下というより、謙遜かもしれません。改めて謙遜とは何かというと、「自分の能力・価値などを低く評価することで、控えめに振る舞うこと」です。

例えば、次のような例を挙げればわかりやすいかも知れません。

Aさん:英語が上手ですね。

Bさん:いえいえ、ぜんぜんダメですよ。

こんな会話、よくありますよね。卑下することを心理学的には「自己卑下呈示」といいます。これは、他者に対して選択的に自己の否定的な側面を呈示することで、自己の肯定的側面を積極的に呈示することを避けることを意味します。つまり、「そんなことないよ」と言ってもらうことを期待して卑下する言動をする場合です。

これも些細なものであれば謙遜ですが、行きすぎると嫌味として、周囲に不快な感情しか抱かせないことにつながってしまいます。

(2)周囲と比較する癖をなくす

卑下というものは、比較をすることで生じます。つまり、比較する習慣(癖)をなくせば、卑下することもないわけです。FacebookやInstagramで“いいね”されたくて、映える写真ばかり投稿したり、無理をして高級なお店に行ったりすることが社会問題にもなりましたが、それらに通じます。

(3)卑下をチャンスととらえる

卑下とコンプレックスを同じと考えれば、それは「自分は負けた」と感じていることの表れです。勝ち負けを考えるということは、自分もそうありたいと願っているから。例えば、お金持ちにコンプレックスを感じるのは、お金が欲しいから。海外旅行によく行く人にコンプレックスを感じるのは、自分も行きたいからですよね。

そんなときは、それをチャンスととらえ、自分もそうなれるように努力を始めるようにするといいかもしれません。

 

4:卑下する彼氏への対処法

ところで、もしあなたの彼氏が卑下しやすいタイプだったら、どうしたらいいでしょうか。

(1)褒めてあげる

面倒だと感じない人にしかできない対処法ですが、彼氏が卑下していたら「そんなことないよ。彼氏くんのほうが優れているよ」と、彼氏のことを褒めてあげましょう。

(2)聞き流す

聞き流すというよりも、無視に近いかも知れません。卑下する人は、何かしらの反応を周囲に期待するから卑下するわけです。彼氏が卑下していても、放っておけば、かまってもらえないことがわかって、そのうちに卑下しなくなる場合があります。

 

5:まとめ

卑下しやすいかどうかは、心理的な特性です。なので、ある意味で個性ととらえるしかないかもしれません。

ここで挙げたような特徴に当てはまると感じたあなたは、卑下することが癖になっているかもしれません。周囲がどう思うかを考えて、ほどほどにしておくことをおすすめします。