本気で好きになると男は変わる!男が本気で好きな人にだけ取る態度すべて

どれだけ遊び歩いている男性でも、女の子を大事にできなかった男性でも、運命の人に出会えば変わります。女グセが最悪だった男が今、奥さんの隣で優しそうに微笑んでる理由とは、どのようになっているのでしょうか。そこで今回は、男性が本気で好きな女性だけに取る態度のすべてをご紹介します。

1:本気で好きになるとはどういうこと?

文字どおり、本気ということで、ちょっとやちょっとの想いとは異なります。ときに切なく、ときに悲しく心を痛めることもあるかもしれません。それでも、相手のことを想い、最善を尽くしてお互いを支え合う努力をするということですね。

少し気に入らなかったからといって、相手を傷つけたり、自分の幸せだけを追求しているようでは本気とは言えませんね。

 

2:男が本気で惚れたらどうなる?男が本気で好きな女性にとる態度5つ

(1)粘り強さと忍耐力を見せる

男性が本気で女性に惚れ込んだら、相手にどれだけデートの誘いを断れられても、めげることはありません。たとえ、相手にまだそこまでの気持ちがなくても、そのときがくるまで待っているはずです。

そして、返事を急かすこともないでしょう。自分の都合ばかりを考えている男性は、無理を言ってきたり強引だったりしますが、本当に愛している子にそんなことはできませんから。

(2)尽くす

大事な女の子にほど尽くすのが男というもの。尽くすといっても、その行動はさまざま。

例えば、素敵なレストランを予約してくれるというのも尽くすことのひとつでしょう。でも、毎回背伸びをしたレストランというのも、女性としては気がひけてしまいますよね。その気持ちを汲んで、ちょうどいいレベルのお店を選んで、彼なりの範囲の中で良くしてくれるのも、尽くすといえるでしょう。

(3)誰よりも優しい

誰にでも親切な男性なら、なおさら本気になった女の子には優しくします。ときに叱ったり、注意をしてくれることもあるけれど、最後は必ず強く抱きしめてくれるという包容力も見せるでしょう。

本気で愛した女の子にだけ見せる男らしい一面や、たくましい背中を感じさせてくれることも、特徴的な行動なのです。

(4)願いを聞いてくれる

疲れた日にマッサージをお願いすると、たとえ疲れていても、自分よりも彼女のことを心配してケアをしてくれる……それって最高ですよね。本気で好きになった女の子のお願いだったら、できることはなんでも叶えてあげたいと思うのです。本気のときには、その子が困っていたり、疲れたりしているのを見逃さず、フォローをしてくれるでしょう。

(5) 話を聞いてくれる

普段はあまり他人に興味をもたない男性でも、自分の愛している女の子の声は別物。ちゃんと耳を傾け、じっくり話を聞いてくれるでしょう。たとえゲームをしている最中でも、彼女が悲しんでいたり、落ち込んでいたなら、すぐさま駆け寄ってきて、共感をしてくれて、寄り添ってくれます。

ほかにも『Dangdep!』の過去記事「男性が本気で恋愛!職場などで本命の女性にしかしない行動5つ」には、男性が本気で好きな女性だけにとる態度が解説されているので、あわせてチェックしてみてください。

 

3:本気で好きとはこれのこと?初めて本気で好きになったかも…本気で好きになった人とのその後のエピソード5つ

(1)同級生から最愛の人へ

「彼とは大学1年生の必修科目が同じでした。なので、顔を合わすことも多かったんですけど、当時は付き合うなんて思ってもみませんでした。

でも、4年生になったとき、初めて連絡先を交換して連絡をとるようになり、ふたりで出かけるようになって……自然と付き合うことになりました。ずっと、ただのクラスメイトだったのに、今は世界でいちばん大事な存在です」(Aさん・24歳女性/アパレル勤務)

(2)運命の出会い

「友達と遊んでるときに出会ったのが今の彼氏です。彼はマッチョで塩顔で、私のどストライクでした。驚いたことに、彼も私にひと目惚れしたらしく、その日のうちに真剣交際を約束し、ほどなくしてお互いの親に挨拶もすませました。

今はめでたく婚約してます。何の前触れもなく、偶然に出会った相手ですが、こんな出会いもあるんだなって感動しています」(Hさん・26歳女性/航空会社勤務)

(3)会社の教育係

「彼は会社の先輩で、新入社員だった私の教育係でした。最初は仕事だけの関係でしたが、次第に彼と一緒にいる時間が私のすべてになっていることに気づきました。そして、休みの日も一緒に過ごすことになり、交際をする経緯に至りました。いちばん近くにいてくれる人が最愛の人になってくれて、幸せです」(Kさん・25歳女性/会社員)

(4)きっかけは出会い系アプリ

「彼と出会ったのは出会い系アプリです。意気投合して仲良くなり、LINEを交換したのですが、遠距離だったのもあり、ずっと会わずに、メッセージのやりとだけで1年が過ぎ……。でも、会ったことはなかったけど、お互いがお互いをいつの間にか必要としていました。そして、初めて会う約束をした日、彼はバラの花束を持って登場して……。私たちは、今結婚をするために家探しをしています」(Mさん・24歳女性/フリーランス)

(5)旅先で

「私はひとり旅が好きで、そのときは南米にいました。そのときに出会ったのがチリ人の彼。出会ったときから気が合い、なんでも話す仲になっていました。これまで日本人の友達に話したことがないようなことでも彼には話せたんです。

国境や人種を越えて愛が育まれ、結婚に至りました。旅先でこんな運命の人に出会わせてくれた神さまに感謝をしています」(Tさん・29歳女性/薬局勤務)

 

4:人を本気で好きになるのが怖い…本気で好きになれない人の心理3つ

(1)傷つくのが怖い

過去の経験やトラウマから、人との別れを味わうくらいなら、幸せな思い出なんていらないという心理。そういったトラウマや過去の傷の治し方は人それぞれ。新しい恋が忘れさせてくれるという人もいれば、時間の経過や環境の変化で忘れられる場合もあります。でも、無理に恋愛をすることで余計ストレスを感じてしまうというケースもあるんです。

(2)夢中になれない

ひとりの人に夢中になれなかったり、何度かデートしてもすぐに飽きてしまうなど……ある意味、自分の生活が充実している人もいます。これは、彼や彼女がいない人生の楽しみ方を知っているということ。旅をしたり、友達と飲みに行ったり。なんともない生活にも喜びを感じているので、彼氏や彼女の存在意義はおのずと下がってしまいます。

(3)誰からも愛されない

自分なんかを愛してくれる人はいないと、自分で限界をつくってしまっているタイプもいます。どうやって異性とコミュニケーションをとっていいのかわからない場合も。友達にはなれても、男女の関係にはなることができないという人もいるでしょう。しかし、だからといって愛されないわけではありません。

 

5:まとめ

勉強やスポーツや趣味など、何かに本気になれば、その人の目の色が変わり、実際に成績や結果も大幅に伸びるように、恋愛も本気になれば、その本気度は必ず相手に伝わります。

本気になるとは、どれだけ愛しているかという自分の気持ちを押し付けることではありません。相手の気持ちを敬うこと。それこそが、本当の愛です。