オクテのお見合い男性を落とす方法3

お見合い男性は、女性に対してビックリするほど『オクテ』です。出会って数ヶ月を経過しても、まったく『その気』がないようなデートを重ねていきます。

 

「週1〜2回会ってるけど、手も繋いだコトはない」

(以前お見合いした女性/20代後半)

 

「結婚の話は進んでるけど、いまだに告白されてないよ。もちろんカラダの関係もない!

(お見合いで出会い、来年結婚式を挙げる予定/30代半ば)

 

お見合い男性の自信がなさと、お見合いだからという遠慮ゴコロが、『自分からアクションを起こす』ことを躊躇されているよう。

 

数ヶ月ほどデートを重ねたけれど、結婚に至らなかった男性(当時36才)は、「断られるのがコワくて誘えなかったんです」と教えてくれたことも…。

そこで私が試みた、お見合い男性をその気にさせていくステップをご紹介します。

 

私もオクテ』という演技をする

カレがオクテになる一番の原因は、たぶん女性に対しての『自信がない』こと。

「誘っても断られるのでは」、「誘い方に自信がない」「ヘンなことをして嫌われたくない」。

その場合は、「私も、照れ屋なところがあるんですよね…」「デートとか慣れなくって…(笑)」などと、カレを安心させるコトバを会話にはさんでみましょう。

 

→安心させるコトからスタート!

 

●最初は『お願い』スタンスで誘う

「なんで手もつないでくれないの!?」「私のコトどー思ってるの!?」と迫ると、相手は縮こまってしまいます。また、余計なプレッシャーを感じて空回りし始めるので、肉食系アプローチは避けたほうがよいのかも。

「○○さんと、手つないでみたいなぁ。いいですか?」とか「下の名前で呼んでほしいなぁ(照れながら)。私も…下の名前で呼んでいい?」と、お願いスタンスでカレとの距離を縮めます。

 

→お願いされれば、男性は自信を持って行動を起こせる

 

●お酒の力を借りる

お酒が入ると、どんなカレでもち気を抜きがちです。自分はほろ酔いでストップしておいて、ボディタッチをしてみたり、さりげなく距離感を近づけましょう。シラフの状態でコレをすると、オクテなカレは戸惑ってしまうはず。

私は、何気ない感じで手をつなごうとしたら、パッと避けられたことがあります。(怒っているわけじゃなく、照れと戸惑いから反射的によけたようです)

 

同じオクテ男性とはいえ、相手によって反応は違うと思うので、色々試してみてくださいね。