思わずキュンとしちゃう超カワイイ方言「告白」まとめ【後編】

男性なら誰でも一度はキュンとしたことがあるという“女性のギャップ”。 キュートな見た目のあの子の口から出る“方言”に萌えるという男性も多いよう。中でも不動の人気を誇るのが、京都弁。タレントの安田美沙子さんのようなのんびり…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性なら誰でも一度はキュンとしたことがあるという“女性のギャップ”。

キュートな見た目のあの子の口から出る“方言”に萌えるという男性も多いよう。中でも不動の人気を誇るのが、京都弁。タレントの安田美沙子さんのようなのんびりとした口調が「かわいい!」と評判です。

【前編】に続き、今回もそんな地方の方言に学ぶ! この春必須のモテ台詞をご紹介して参ります。

「方言を話す女の子はカワイイ」をコンセプトに、地方出身のアイドルたちにシチュエーション別に話し方を学ぶテレビ番組『方言彼女。』を参考に、今日は「振るに振れない」告白表現を学んでいきましょう。

標準語で言う「なんで、好きって言っちゃだめなの?」。さて、地方ではどのような表現になるのでしょう。方言ならではのかわいらしい台詞に、萌える覚悟はよろしいですか?

 

■「なんで、好きって言っちゃだめなの?」の方言版

筑豊弁:なんし、好きって言ったらいかんのっちゃ?

秋田弁:なんで、好きって言ったらだめなんだぁ?

熊本弁:なんで、好きって言っちゃいかんと?

静岡弁:なんで、好きって言っちゃだめなんだがね?

久留米弁:なんで、好きって言っちゃいかんと?

広島弁:なんで、好きって言ったらいけんのん?

京都弁:なんで、好きって言うたらあかんの?

宮崎弁:なんで、てげ好きって言ったらいかんと?

 

いかがでしたか? “方言”は、老若男女、幅広い層の人々のコミュニケーションツールとしても有効です。海外の言葉に目を向けることも大切ですが、まずは日本国内、様々な地域の言葉に目を向けてみるのも良いのでは……?

まだまだ知らないキュートな表現を発見できるかも!? 是非、会話で実践してみてくださいね!

ちなみに現在、『方言彼女。』第2弾までDVDが発売されているということなので、興味のある方は、より詳しい方言を学んでみてください。

 【参考】

※ 『方言彼女。』公式サイト