元バーテンダーが語る!バーで男にドン引きされるNG行動10個【前編】

飲み会の二次会等で、チェーンの居酒屋から個人経営の居酒屋やバーに流れることも、歓送迎会の多い春シーズンには多いのではないでしょうか。

「一次会の勢いそのままで来店されるお客様も少なくないのですが…雰囲気の違いを感じ取って貰いたいな、というのが、正直なところでしょうか」

元バーテンダーであり、現在は心理カウンセラーのyanagiさんはそう語ります。

 

■お洒落なバーでは絶対にやってはいけないNG行動とは?

(1)「まず、バーでの大騒ぎは絶対にNGです。他のお客様がいた場合には迷惑になります。ひとりで静かに飲みたいお客様もいますからね。

他に誰もいなくて貸切状態だった場合でも、あとから来たお客様がドアを開けてドン引きして帰ってしまった……なんてことになっては困りますので、ある程度の節度を持ちましょう」

 

■その他の、バーで引かれる10のNG行動とは?

「大騒ぎ以外には、以下の行動が挙げられますね」

(2)酔っ払い過ぎて他のお客様やバーテンダーに絡む

(3)調子に乗って逆ナンする

(4)幼稚な下ネタを延々と喋る

(5)下品な笑い声で大笑いする

「バーは“大人の社交場”ですから、お客様同士の交流はもちろん大歓迎なんです。ですが、絡み酒はいけません。

バーのカウンターが男女の“出会い”の場になる可能性も否定しませんが、酔っ払った女性側からのアプローチというのは、あまり好まれません。有名な小説のワン・シーンに、“年上の女性が若い男を口説こうとしたが、若い男は口説かれそうになっていると察して逃げてしまった”という場面があります。

“男性から声をかけられるように誘導する”ほうがベターでしょう。幼稚な下ネタや、直接的すぎる下ネタも、バーの雰囲気には合いませんね。“ギャハハ”と下品な大声で笑うというのも、せっかくのバーの雰囲気を壊してしまうことになるので、避けたほうが無難です」

 

どうでしょう……。あなたは大丈夫ですか? 残り5つは、後編に続きます。

 

【お酒シリーズ】

心理カウンセラー直伝!バーで運命の出会いをする方法

飲むと未来を語れる?酒屋が教えるカップル向け「焼酎」7つ

※ なんと「夫婦でお酒を飲む」は浮気防止になることが判明

※ 日本人なら知っておきたい!モテる日本酒の知識3つ

 

【参考】

※ yanagi・・・1978年生まれ。作家、フリーライター、心理カウンセラー、サプリメントアドバイザー。

メールカウンセリングサイト『ysカウンセリングルーム』、ライタースタジオ『スタジオY』主催。元バーテンダーでもあり、キャバクラ・スナック等のネオン街の裏事情にも明るい。現在、電子書籍サイト『ヨミーバ』にて、yanagi名義で『ネオン街三部作』等、キャバクラを舞台にした小説を多数発表している。