元キャバ嬢直伝!美人じゃなくても「モテる」メールテク

恋愛には不安がつきものです。意中の男性に嫌われるのが怖くて、なかなか連絡出来ずに終わってしまったり、逆に連絡しすぎて、返事が返ってこなくなってしまったり……。 元キャバ嬢だった成宮乃愛さんは、現在結婚されて6年が経ちます…

恋愛には不安がつきものです。意中の男性に嫌われるのが怖くて、なかなか連絡出来ずに終わってしまったり、逆に連絡しすぎて、返事が返ってこなくなってしまったり……。

元キャバ嬢だった成宮乃愛さんは、現在結婚されて6年が経ちますが、今だに旦那さんとはラブラブな関係を築いていらっしゃいます。しかも旦那さんと結婚される前はよく男性から告白されていたそうです。

そんな乃愛さんですが、正直、容姿は目立つ方ではありません。ではどうやって美人を出し抜き、意中の男性を振り向かせていたのか、今回はそのメール術について取材してみました。

 

■メールする時間はお昼と夜が鉄則!

「意中の男性とメールのやり取りが出来る関係になったら彼を気遣う配慮を忘れない事が大切」と乃愛さん。

「彼が学生の場合は、そんなに時間を気にしなくても大丈夫ですが、お仕事をされている方の場合は、お昼休みと思われる13時頃か、または21時~23時を狙ってメールを入れてください。

男性は、仕事で疲れた時に自分の事を気遣ってくれるメールをもらうとホッとする生き物です。ランチタイムや家でゆっくりしている時間を狙うことで、返信してくれる確立もUPします」

ではどんなメールを作れば他の女性と差をつけられるのでしょうか?

 

■長文メールは絶対ダメ!

「女性は、比較的長いメールをつくる傾向にありますが、男性の場合は要点だけをメールするというのが一般的です。だらだらと続く文章を男性は好みませんので、今日の出来事をメールにするのは、かなり深い関係になってからのほうが無難です」

他にやってはいけないことは何かありますか?

 

■絶対禁句のNGワードとは?

「絶対メールに入れてはいけないのが“今、何しているの?”というアレです。出合ったばかりの女性から、“今、何しているの?”とメールがくると、男性は身構えてしまいます。

どうしても使いたいときは、“今、時間大丈夫かな?”と相手を気遣う配慮を見せてください。うまくいけば、男性の方から“今○○していたよ”と返信が返ってきます。そしてそこから何か共通点を見つけてみてください。

共通点は、好きな芸能人でも、共通の友人でも、何でもいいのです。共通点があるというだけでぐっと身近になれますよ!」

 

いかがでしたか?

どれも簡単なことのように思えますが、実際美人な女性ほど、男性に対しての配慮や観察力が欠けているものなのだそう。そこを逆手に取って、皆さんも乃愛さんのようなラブラブ結婚生活をゲットしてくださいね。

 

【お水直伝シリーズ】

※ 現役ホステス直伝!男を気持ちよくさせる会話テクニック

※ 現役ホステスが暴く!「男に飽きられるNG女」の実態【前編】

※ 現役ホステスが暴く!「男に飽きられるNG女」の実態【後編】

※ 現役ホステスが暴く!「何年も彼氏がいないNG女」の特徴

 

【参考】

※ 成宮乃愛・・・10代からスナックでバイトし、18歳でキャバクラ、20歳からラウンジに勤務した後、結婚を機に引退。お仕事の依頼は、[email protected]まで!