お見合いってどーしたらできるの?

婚活の中でも、いちばんオススメの活動法は『お見合い』です。「いつかは結婚したいよね」「いや、今すぐにでも結婚したい!」という方こそ、飲み会や合コンなどで余計なカケヒキをしたりせず、結婚を考えている男性が集まっているお見合…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活の中でも、いちばんオススメの活動法は『お見合い』です。「いつかは結婚したいよね」「いや、今すぐにでも結婚したい!」という方こそ、飲み会や合コンなどで余計なカケヒキをしたりせず、結婚を考えている男性が集まっているお見合い市場に参入するのが賢い選択というもの!

とはいえ、じゃぁどこに行けばお見合いできるのでしょうか?

 

◆いわゆる大手の『結婚相談所』ってどうなの?

会員人数に自身があります! といったフレコミの巨大な結婚相談所は、入会金もン十万かかっているわりに、サポートが薄いといった声が多くあります。「親切なのは入会時だけ。その後は、自分でパソコンで相手検索して会えたらラッキー程度」(30代前半)。

 

また、会員数がたくさんいると思って入ったのに、いざ自分の条件を入れて検索して絞っていくと、結果的に数十人しか残らない。しかもその数十人の中から好みの顔を探すとなると、いないに等しい……という意見もよく耳にします。別途お金を払えば、自分専用のカウンセラー的な女性がつき、自分に合った男性を紹介サポートしてくれるシステムもありますが、結局お金ばかりがかかってしまうんです。

年収000円以上の男性が沢山いるだとか、金持ち系男子が沢山いる(医者が沢山いる)といった広告の相談所は、実際に勧誘の電話やメールがガンガンくるので精神的にも疲れます(キツ〜い勧誘については後日!)

 

◆営利目的でない結婚相談所がオススメ!

企業などが持っているグループ会社の結婚相談所などは、営利目的ではないため値段も安く、相手の仕事内容や素性が明確なのでおすすめです。人数は少ないですが、結婚したい人にとってはハズレが少ないと思います。

同じような境遇の方や、価値観の近い方、育ちが似たような方に合うことも多いので、一度自分の周りに似たようなシステムがないか調べてみるといいと思います。

 

・三菱系の結婚相談所「ダイヤモンドファミリークラブ」

・芙蓉グループの相談所

・三井系の結婚相談所

 

◆両親や上司つながりの『お見合い』を頼る。

好みのお相手に出会える確率は低くなりますが、おすすめしたいお見合いとして、一番ベーシックなお見合いがあります。コレを実行するためには、ただ待っていても話は舞い込んでこないので、両親や上司などに対して、さりげなく「お見合いとかしてみたいなぁ」とボヤいてみるといいでしょう。

自分は、お見合いをする気があるんだ、ってコトをさりげなく伝えておくのです。

 

ポイントは、あまり積極的にならないこと。いざ紹介された人がビミョーだったとき、断りにくくなるからです。両親や上司側も、自分側も、あまり気合いを入れすぎずに相手を紹介してもらうのが、お見合いでの婚活が円満におこなわれる秘訣です。

 

今や、親が娘息子のために婚活している時代なので、両親世代も「うちの息子もまだ独身なのよ」なんて話もしやすくなっているもの。一度、「○○さんちの娘さんは、結婚相手探してるみたい」という情報が、地域の世話焼き女性に流れれば、何かしら相手を紹介してもらえるパイプができるものです。

 

次は、お見合いに必要になる『写真』や『身上書』のポイントについて触れて行きますね。