プロポーズ、する派? されたい派?

◆男の9割は『逆プロポーズ』を待っている? 先日の『ホンマでっか!? TV』で、マーケティングライター牛窪恵さんが「83%の男性は逆プロポーズ待ちをしている」とコメント。強制入籍セットや強制プロポーズセットが紹介されたこ…

◆男の9割は『逆プロポーズ』を待っている?

先日の『ホンマでっか!? TV』で、マーケティングライター牛窪恵さんが「83%の男性は逆プロポーズ待ちをしている」とコメント。強制入籍セットや強制プロポーズセットが紹介されたこともあり、一時話題になりましたよね。

某大手結婚相談所が行ったアンケートにも、驚愕の『逆プロポーズOK』の結果がありました。

なんと、女性からの逆プロポーズはOK!と答えた男性は90%に上りました。

 

<女性の回答>

・アリだと思う…91%

・ナシだと思う…9%

 

<男性の回答>

・アリだと思う…90%

・ナシだと思う…10%

 

ゼクシィnetより

 

 

◆女にとっては『好き=結婚』、男にとっては『結婚=責任』

女性にとって結婚は、基本的には「好きな人と一緒にいたい」とか、多少の憧れ、「子供を生む時期もあるので」的な気持ちも付加されて、したい、となるわけですが、男にとって結婚とは、何はなくとも憧れとかよりも、超現実的な課題のようなものであり、結婚は責任を取ることといった感覚のようです。

男の結婚は、夏休みの宿題に似ていますよね。尻を叩かれても何を言われても「後でやるからー」「分かってるからー」と言い逃れをし、夏休みを楽しむだけ楽しむけれど、本当のギリギリになると重い腰を上げてパパパッと片付けるような…。

 

確かに、こんな時代に、自ら責任を追って結婚します!なんて男性は少ないと思いますが、共通してるのは「結婚する気がないわけではない」こと。誰しも「いつかは結婚したい」とは思ってるんです。ただ、自信も勇気も保証も(金も)ないコトが、強制入籍セットという商品が登場してしまう理由かもしれませんね。

お見合い市場では、以前は30代後半の「そろそろ結婚しないと…」という年齢の男性が多かったのに、最近少しずつではありますが20代後半もいたり、30代前半の男性のお話もちらほら出ています。誰かに背中を押されないと結婚を自ら意識しないのは、恋愛男子もお見合い男子も同じなんですね。

 

◆女も度胸と演技力で乗り切れ!

さて。女性からの逆プロポーズが話題になっているとはいえ、自分から「結婚しよう」と言うのも、なかなか勇気がいるも(だって、想像してみてください!)。

 

ここで、私の周囲でゴールインした女性の例を挙げてみます(ほぼ結婚は決まっていたけれど、プロポーズの言葉がなかった女性の場合です)

彼女は、29歳という30を目前にしたナイーブな時期。彼はズルズルと答えを先延ばしにしていたので、色んな方法で結婚の言葉をもらおうとしたものの、どれも不発。あと1年もしないうちに自分は三十路になってしまう! ということで、一発大きな演技をしたのだそうです。

「ねぇ、私ってプロポーズされてないよね」と切り出すも、彼は「そうだっけ。そんなの必要ある?」とのらりくらり。そこで彼女は、「ね、プロポーズの言葉すらどうでもいいなら、今後もし子供が生まれても、誕生日がきても、結婚記念日がきても、何も言ってくれないし、何もお祝いしてくれないってことだよね。私、今回プロポーズされなかったら、一生トラウマとして残るから。そうなったら全部アナタの責任だから!!」と号泣したそうです。

気迫と演技力に恐れおののいた彼は、翌日の夜、ディナーに誘い出してしっかりプロポーズしてくれたそうです。

 

逆プロポーズもいいけど、一生に1回のことだし、絶対に彼から言ってほしい!という方は、持てる演技力を最大限に使って、彼を舞台に吊るし上げるといいかもしれません。

さて。それでもあなたはプロポーズされたい派ですか?自分からする派ですか?