実は男女でハマり方が違う!? 恐怖の「コンプガチャ」実態

最近、“コンプガチャ”という言葉が世間を騒がせていますね。 GREEやモバゲーなどのブラウザゲームやアプリ内のカードやアイテムを揃える(コンプする)ために、1回数百円の通称“ガチャ”を何万円分も回してしまう……という、ち…

最近、“コンプガチャ”という言葉が世間を騒がせていますね。

GREEやモバゲーなどのブラウザゲームやアプリ内のカードやアイテムを揃える(コンプする)ために、1回数百円の通称“ガチャ”を何万円分も回してしまう……という、ちょっと普通では考えにくい出来事が、巷で蔓延してしまっているようです。

中には、親の知らないうちに子供が携帯電話を使って数十万円分も課金していた……なんていうことも!

このコンプガチャについて、「女性と男性で、ハマり方が実は違うんですよ」と語るのは心理カウンセラーのyanagiさん。具体的にはどう違うのでしょうか。

 

■女性は主にスマホや携帯電話の料金支払いシステムに起因

「問題になっているゲームやアプリのほとんどが、携帯電話の使用料金として引き落とされるんですね。“ガチゃ”を回した瞬間には、自分がお金を使ったという認識はまるでないんです。

だから一回に何度でも回せてしまう。クレジットカードで買い物をするのと似ています。女性はこの後払いシステムのせいで大金を使ってしまいがちなのです」

確かに、携帯電話の料金って、後から請求が来てびっくりすることが多いですものね。

 

■男性は、業界から狙われている……?

「報道では、“未成年が数十万円課金してしまった”というところがピックアップされていますが、実際に最もお金を落としている層、つまり”ガチゃ商法”の真のターゲット層は、30代から40代の男性だと言われています。

この世代、特に男性は、子供の頃に、当たり前のように“ガンプラ”、“キン消し”、“ビックリマンシール”、“カードダス”、などを集めて育っています。ビックリマンは当時社会現象にもなりました。

さらに年代が上がって、“トレーディングカード”というこれまたコンプを目的とするような商品とも遭遇しています。

今回問題になっているブラウザゲームやアプリは、ある意味でこのトレーディングカードを用いたゲームの延長線上にありますから、彼らがハマってしまうことは容易に想像ができるのです。彼らは、“集める世代”とさえ、言えてしまうのです」

 

いかがでしたか?

同じ問題でも、男女の根底には別の問題点があるのですね。自分だけでなく、彼がコンプガチャにハマっていないかチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 

【yanagiさんの記事】

※ これだけは絶対にNG!ドン引きされるSNSの使い方10個【前編】

※ これだけは絶対にNG!ドン引きされるSNSの使い方10個【後編】

※ 態度でわかる!しぐさから元「お水」女を見抜く方法10個【前編】

※ 態度でわかる!しぐさから元「お水」女を見抜く方法10個【後編】

 

 【参考】

※ yanagi・・・1978年生まれ。作家、フリーライター、心理カウンセラー、サプリメントアドバイザー。

メールカウンセリングサイト『ysカウンセリングルーム』、ライタースタジオ『スタジオY』主催。元バーテンダーでもあり、キャバクラ・スナック等のネオン街の裏事情にも明るい。現在、電子書籍サイトにて、yanagi名義で『ネオン街三部作』等、キャバクラを舞台にした小説を多数発表中。また、栁木悠利名義でも執筆活動中。