当てはまると危険!婚活詐欺に遭いやすい女性の特徴9つ【2/3】

前回の記事では、婚活詐欺(プロの犯行だけでなくヒモ男に貢ぐケースも含む)に遭いやすい女性の特徴をまずは3つお届けしました。 では、引き続き『婚活貧乏』の著者で行政書士の露木幸彦先生のお話をもとに、被害者女性の特徴をさらに…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事では、婚活詐欺(プロの犯行だけでなくヒモ男に貢ぐケースも含む)に遭いやすい女性の特徴をまずは3つお届けしました。

では、引き続き『婚活貧乏』の著者で行政書士の露木幸彦先生のお話をもとに、被害者女性の特徴をさらに3つ見ていきましょう。

 

■4:両親からの遺産など自分の労働によらない資産に恵まれている女性

「借金で首が回らない」とか「事業資金が必要」だとか、男性から言われるがままにお金を渡しているうちに、その総額が何百万、何千万に及ぶこともあるとのこと。

被害に遭った女性は、いったいなぜそんなに羽振りがいいのでしょうか? 女実業家としてバリバリ稼いでいるのでしょうか? そうではありません。実は、被害者女性では、親の遺産など自分の労働によらない資産に恵まれている人が少なくありません。

自分が苦労してコツコツ貯めたお金であれば、いくら愛する男性からの頼みであっても、「そんなに簡単に渡していいものか」とブレーキがかかります。

逆に、遺産など自分で稼いだわけではないお金だと、その重み・現実味が薄いために、「かわいそう」「彼に喜んでほしい」という気持ちだけで、常識では考えられないような大金を男性に貢いでしまいがちです。

 

■5:サービス残業や長時間労働が蔓延する“ブラック企業”に勤める女性

基本的に、充実した人生を送っている女性は婚活詐欺の被害に遭いにくいです。逆に、強いストレスや不満を抱えている女性は、カモにされやすいといえるでしょう。サービス残業や長時間労働が蔓延するブラック企業に勤める女性はその典型です。

劣悪な労働環境で強いストレスに晒されると、人は心の拠りどころを求めるもの。婚活を通じて知り合った男性に対しても過剰な期待を寄せ、「どんなことをしてでも彼を失いたくない」という強烈な執着心を抱いてしまいます。

そうなると、彼からせびられるがままにお金を渡してしまいますし、貸した金が一向に返ってこなくても、彼から嫌われたくない一心でただただ我慢してしまうのです。

 

■6:両親と折り合いが悪いなど家族仲が悪い女性

両親と喧嘩しているなど、家族仲が悪い女性も婚活詐欺に遭いやすいです。そのなかでも、実家暮らしの人は特にリスクが高いといえます。

両親との折り合いが悪い女性のなかには、「早く結婚して両親から独立したい」と焦っている人が少なくありません。“結婚”とは本来、生涯をともにしたいパートナーが見つかったときにすべきですが、彼女たちにとっては一種の逃避手段です。

そうなると相手の人間性や信頼感などは二の次。「君と結婚するために、まずは借金の清算をしたい」「事業が軌道に乗ったら結婚しよう。その事業資金が今どうしても必要」などと“結婚”というニンジンをぶらさげられると、食いつかずにはいられません。

 

今回お届けした3つの特徴に、あなたは当てはまりませんでしたか? 次回は、残り3つの特徴です。

 

【取材協力】

※ 露木幸彦・・・行政書士・ファイナンシャルプランナー。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7,000件、離婚協議書作成900件を達成した。

サイト『離婚サポートnet』は一日訪問者3,300人。会員数は13,000人と業界では最大規模にまで成長させる。

著書に『婚活貧乏』(中央公論新社)、『みんなの不倫~お値段は4493万円!?』(宝島社)などがある。

【画像】

写真提供:ペイレスイメージズ



Этот популярный сайт на тематику http://agroxy.com.