当てはまると危険!婚活詐欺に遭いやすい女性の特徴9つ【3/3】

行政書士・露木幸彦先生のお話をもとに、婚活詐欺(プロの犯行だけでなくヒモ男に貢ぐケースも含む)に遭いやすい女性の特徴を解説するシリーズも今回が最終回。 前回及び前々回の記事では合わせて6つの特徴をお届けしました。それでは…

行政書士・露木幸彦先生のお話をもとに、婚活詐欺(プロの犯行だけでなくヒモ男に貢ぐケースも含む)に遭いやすい女性の特徴を解説するシリーズも今回が最終回。

前回及び前々回の記事では合わせて6つの特徴をお届けしました。それでは、残り3つの特徴を見ていきましょう。

 

■7:友達が少なく交友関係が狭い女性

友達が少なく交友関係が狭い女性も、婚活詐欺に遭いやすいといえるでしょう。交友関係が広い女性であれば、友達が交際から結婚まで至ったケースをたくさん見ているので、被害に遭いかけても「何かおかしい」と勘付くものです。

また、「何かおかしい」と感じたときに、友達に相談することもできます。悩んでいるあなたを見て、「その男はヤバイよ」と友達が忠告してくれることもあるでしょう。

逆に、友達が少なく交友関係が狭い女性だと、男性が語る事業計画がどんなに荒唐無稽な内容であっても、すっかり騙されて投資してしまうおそれがあります。

また、彼の話がおかしいと思っても、悩みをひとりで抱え込み、第三者の客観的な意見を得られないまま、結局、彼にお金を渡してしまいがちです。

 

■8:人間関係において距離の測り方が苦手な女性

上の“7:友達が少なく交友関係が狭い女性”とも関係しますが、婚活詐欺に遭いやすい女性の特徴として、人間関係の距離感がつかめないという点も挙げられます。

自分から人に働きかけて、友達を作るのは苦手なのですが、少しでも親しくなった人に対しては、心を許し過ぎてしまうのです。

婚活で知り合ったばかりの男性から、お金の無心などをされると普通は警戒するものでしょう。

ところが、人間関係の距離感をつかむのが苦手な女性の場合、自分に好意を示してくれた男性をすっかり信頼しきっているので、簡単に騙されることが多いのです。

 

■9:感情の浮き沈みが激しく気持ちの整理が苦手な女性

婚活で知り合った男性からお金を騙し取られる女性というのは、よく言えば“情が深い”。悪く言えば、“感情だけで突っ走ってしまう”と評価することができます。

たとえば、愛する男性から涙ながらに「オヤジのせいで借金を負わされて大変なんだ!」などと訴えられると心から同情しますし、無職の彼が「3年後には年商1億を目指すんだ」と語るのにもうっとり陶酔するのです。

その高ぶった気持ちのまま、自分の定期預金の解約から彼の口座への振込まで一気に行動を起こしてしまいます。

また、彼に対してふと不信感が芽生えた場合も、気持ちの整理がつかないまま、ズルズル付き合い続けることが多いです。

もちろん、それほど情の深くない女性であっても、彼と面と向き合っている間には、その場の雰囲気に流されるということはあります。

それでも、気持ちの整理がうまい人なら、ひとりになったときには、ふと冷静になって「さっき彼が言ってたことはやっぱりおかしいのでは?」と疑問を持ち、自分の行動にストップをかけることができるのではないでしょうか。

 

以上、3回にわたって婚活詐欺に遭いやすい女性の特徴9つをお届けしましたが、いかがでしたか?

いくつか当てはまった人は、「人を見たら泥棒と思え」とまでは言いませんが、騙されないよう慎重に婚活を進めるようにしましょうね!

 

【取材協力】

※ ・・・行政書士・ファイナンシャルプランナー。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7,000件、離婚協議書作成900件を達成した。

サイトは一日訪問者3,300人。会員数は13,000人と業界では最大規模にまで成長させる。

著書に(中央公論新社)、(宝島社)などがある。

【画像】

by.