彼に無知と思われないために知っておくべき洋楽アーティスト10人【後編】

前編に引き続き、後編でも“彼に無知と思われないため知っておくべき話題の洋楽アーティスト10”を音楽ライターの古崎優さんに紹介して頂きます。

 

■6:B.O.B(ビー・オー・ビー)

「HIPHOP界の第一線に立つラッパーのひとりです。22歳の時にシングル“Nothin´ On You”が全米シングルチャートの2週連続1位を獲得し、それ以降爆発的な人気を博しています。

中には痛烈な批判をする人もいますが、そんな話題も含めて楽しめるアーティストです」

 

■7:Hot Chelle Rae(ホット・シェルレイ)

「踊れるキャッチーなサウンドで、2011年のミュージックアワードの最優秀新人賞を獲得しました。今年の5月に日本デビューをして、6月に初来日公演を行いますので、本格的に日本で知れ渡り始めると思います」

 

■8:Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)

「アメリカで4番目に売れていると評価されたシンガーです。2012年2月11日に急逝した際は、日本のニュース番組でも大きく報道されていましたね。

歌手、女優、ファッションモデルと多岐にわたる華やかな活動の反面、私生活は病気にドラッグや離婚などと波瀾万丈でした」

 

■9:Jack Johnson(ジャック・ジョンソン)

「出身地であるハワイの空気を漂わせるようなリラックスした音楽を奏でてくれます。温もりに溢れた楽曲ばかりなので、洋楽を聞かない方もきっと気に入るはずです。

また、アーティストとしてだけでなく、サーファーや映画監督、更には実業家などとあらゆる分野で才能を発揮しています」

 

■10:Alexandra Stan(アレクサンドラ・スタン)

「2009年にファーストシングル“ロリポップ”でメジャーデビュー果たしたばかりのシンガーです。デビュー前から、生まれ育ったルーマニア各地の音楽コンテストで称賛を浴びていました。

エロかっこいいキャラクター性と一風変わった楽曲で、旋風をおこしはじめています」

 

いかがでしたか?

「洋楽に興味はあるけれど、どの人から聞けばいいのか分からない……」というあなたも、これらのアーティストを調べてみて、気に入った楽曲があればアルバムやシングルを購入してみてはいかがでしょうか?

きっと洋楽好きな男性との会話にも少しずつついていけるようになるはずですよ!

 

【関連記事】

※ 痛いから絶対にやめて!カラオケで嫌われるNG行動10個【前編】

※ 痛いから絶対にやめて!カラオケで嫌われるNG行動10個【後編】

※ 朝食時にかけると「喧嘩中でも仲直りできる」音楽ベスト5

※ おうちカフェ中にかけると「退屈しない音楽」ベスト3

 

【参考】

※ 古崎優・・・神奈川在住。15歳から、音楽アーティストとして活動開始。17歳の時に渡米し、本場アメリカで経験をつむ。帰国後は、アーティス ト活動 の傍らライターとしての活動も開始。2012年、ライター活動に完全転向。得意ジャンルは、Instrumental、Hiphop、Jazzなど。