男性にコスメを贈るとき絶対やってはいけないこと6つ【前編】

スキンケアをすることはわたしたち女性にとって、入浴や食事をすることと同様、毎日の定番行為ですよね。ですが近年では、男性もスキンケアに対して高い意識を持ち始めていることをご存知でしょうか。 『メンズビオレ 男の肌チェック!…

スキンケアをすることはわたしたち女性にとって、入浴や食事をすることと同様、毎日の定番行為ですよね。ですが近年では、男性もスキンケアに対して高い意識を持ち始めていることをご存知でしょうか。

『メンズビオレ 男の肌チェック!プロジェクトPR事務局』の調査によれば、「自身の肌状態を把握したい」と答えた男性は、何と全体の8割強! この結果からも男性が肌ケアに興味津々な事実が浮き彫りとなっています。

となると、「気になる男性や恋人に肌ケアできるコスメをプレゼントすれば、喜ばれるのでは……?」と考える女性もいるかもしれませんが、実はコスメを贈る際、注意しないと今後の関係に危険を及ぼす可能性があるのです。

では、そんな地雷を踏まないためには一体どうしたらいいのでしょうか。『美レンジャー』で美容ライターとして執筆を担当する、石原有起さんにお話を伺いました。

 

■1:頭皮&髪ケア商品をあげる

「何人もの美容師さんから聞いたことがありますが、男性の“頭皮&髪への悩み”は想像以上に深刻です。

直接的に、“ハゲ”や、“育毛したら?”などとは言わなくても、男性は私たちの思っている以上にこれらの話題には敏感! 頭皮&髪ケアアイテムをあげるときには、その男性と自分との関係性に注意をはらうことが大切です」

良かれと思って渡したプレゼントが裏目に出てしまう、典型的なパターンと言えそうです。

わたし自身がライターとして取材をした経験上でも、「オレ、こんな頭だからさぁ~!」と、頭皮の負い目をギャグに転換できる男性はごくわずかでした。

相手が悩みを告白してくるまでは、避けておいたほうが無難なプレゼントかもしれません。

 

■2:コンプレックスをあおるものをあげる

「彼や旦那さんにいくらかっこよくなってほしいからと言って、あからさまにコンプレックスを刺激するのはNG。

背を伸ばすため、小顔になるため……など、あからさまに目的の明確なアイテムをあげてしまうと、彼のコンプレックスをあおってしまいます。

とくに身長の低い男性は、コンプレックスを抱いていることが多いものです。男性は思っている以上にナイーブですから注意しましょう」

1の頭皮&髪ケアと大きく異なる点は、低身長や骨格が理由の顔の大きさは、本人の努力では変えられない、ということ。

そこを改善してほしいという願いでグッズを贈るのは、私たち女性が男性から、「メークや整形という技術を使わずに、今より3割増しの美人になって」と、要請されているのと同じ。

クリアーできない課題を与えてはいけない、ということです。

 

■3:自分の好みを押し付ける

「細身の体型に満足している男性に、筋肉質になってほしいからと、腹筋を鍛えるEMSグッズをプレゼントするなどはNG。

“俳優の○○みたいになってほしい!”と、自分の好みを押し付けるのは禁物です。自分も、“モデルの○○さんみたいになってほしいから”と、脚痩せグッズをプレゼントされたら嫌ですよね?」

 

いかがでしたか? 【後編】では残り3パターンをご紹介します。お楽しみに!

 

【取材協力】

※ ・・・美容ライター・アドバイザー・エディター。1982年11月12日生まれ。立教大学社会学部卒業。在学中よりインタビュー取材などを行う。卒業後、化粧品メーカー勤務ののち、小学館『CanCam』にて、エディター・ライターに。

現在は、ハースト婦人画報社『25ans』、マガジンハウス社『Hanako』、主婦と生活社『ar』、化粧品広告、企業Web媒体などで、美容・インタビュー取材を中心とした、記事の執筆を行う。化粧品のブランディングやコンサルティング業務にも携わる。

小学館・ブログメディア『美レンジャー』には、立ち上げからライターとして参画。また、アクアアドバイザー資格を持ち、水×美容の関連性を提唱。“美”をキーワードに掲げた”リアルで有益な情報発信”をモットーとして、幅広く活動を続けている。Twitterは、@yukiishihara12。

【参考】

※