「どうしても別れられないダメ男」と上手に付き合う20のルール【前編】

彼氏がダメ男だということはわかっているのに、どこか憎めなくて別れられないということってありますよね。さんざん傷つけられ、もはや“恋愛パンチドランカー”となってしまった女性たちも多くいることでしょう。

そこで、別れられないダメ男に傷つけられることなく、被害も最小限にとどめながら、うまく付き合うためのルールを、恋愛心理学に精通する元新宿ナンバーワンホストで、ヒモ経験も豊富な三浦直人さんに教えてもらいました。

 

■1:お金を貸さない

ダメ男にお金を貸しても何の実りもない上に、返済もままなりません。パチンコやお酒、浮気に使われてしまうだけで、さらなるダメ男にさせる材料を与えているだけにすぎません。もし別れたいのなら、お金を貸さないことです。お金が目当てなら、すぐにあなたから去ってくれることでしょう。

「男性はもともと“女性に与えたい”、“満足させたい”という本能を持っています。当然のことながら、好意のある女性ほどこの思いは強くなります。逆にお金を借りにくるような男性は、あなたに好意を持っていないということになります」

 

■2: お金は自分のために使う

ダメ男に引っかかる女性は、面倒見がよくしっかり者が多いです。ダメ男が求めるがまま貢いでも、満足のいくものは何も返って来ません。母性本能と責任感の無駄遣いはしてはいけません。

 

■3: 明るく振る舞う

ダメ男はあなたの機嫌を損ねることしかしませんが、あえて明るく振る舞うだけで、反抗されて泥沼の戦争状態におちいることを回避できます。

また、自分が悪いにも関わらず、女性が不幸そうにしているとダメ男は家に帰りたがりません。女性のほうの機嫌がいいと、ダメ男の逆ギレやDVも起こりにくくなります。

「ネガティブな言動をポジティブで返すというのは、殴られて“ありがとう”と言うようなものですから。並大抵のことではできません。しかしこれができる人というのは、他人に嫌われることがないどころか、同性からも異性からもモテモテになります」

 

■4: 話は半分に聞く

ダメ男の言葉を、まともに受け止めてはいけません。いくら饒舌にあなたを乗せて来ても、あとで裏切られたと思わないためにも、真に受けず半分は流してください。

また傷つくようなひどい言葉も、ダメ男の気分や都合で発せられる言葉なので、冷静にスルーしてください。

“傷つく”というのは、ほとんどが自分の受け止め方によるものですので、「私は他人に傷つけられることはない!」とはね返すイメージを持ってください。占いの結果と同じように、いいことだけ「あら、ありがとう!」と受けとる感じで十分です。

 

■5: 詮索しない

「恋愛とはそもそも、お互いがうまく騙されあうことで成立します。自分と違う性(さが)の人間がこの世には30億人以上もいるわけですから、“この人が1番だ”と自分を騙さなければ恋愛などできない、

という簡単な原理がわかります。逆に、うまく騙されようとせず、彼氏の全てを知ろうとしてしまう人(例えば携帯を覗き見る)は、幸せになれません」

まず、ダメ男は悪びれることなく女性を裏切ります。いちいち詮索するだけ、傷付きに行くようなものです。ダメ男の嘘を暴くことも女の幸せから遠くなります。またあえて詮索しないことによって、“ダメ男にウザがられる”という最大の屈辱を味わわずにすみます。

 

■6: 責めない

ダメ男は自分に都合の悪いことに対しては、明らかな逆ギレをしてきます。言い訳や嘘のつじつまも合わなくなってきます。仮にうまく謝らせることができて、あなたのその場の気が済んでも、またすぐにただの堂々巡りで空しくなるだけです。

「“人付き合い”という観点から人間をタイプ分けすると、

(1)相手を変えようとする人

(2)自分が相手に合わせようとする人

のふたつに分けられます。“責める人”というのは前者にあたるわけですが、カップルがいつもそういう状態にあるというのでは、あまり良い恋愛とはいえません。本当に相性が良いカップルは、お互いが自然体でもうまくいくからです」

 

■7: 浮気はスルー

ダメ男の浮気は、食べることや寝ることと同じレベルだと認識してください。当たり前なことに目くじらを立てても時間の無駄なので、「電柱に犬がオシッコかけるようなもんでしょ」ぐらいに達観できると最高です。

 

■8: かまってもらおうとしない

ダメ男は自分のことしか考えていないので、自分もかまってほしい時とか、何かをお願いしたい時ぐらいにしか応えてはくれません。“古彼女”に気を使えるような精神はまず持ち合わせていないとあきらめてください。

 

■9: 愛情をもらおうとしない

ダメ男に愛情をもらおうとすることほど徒労に終わることはありません。彼なりの愛情はどこかにあるとは思いますが、それは良くて“愛着”、悪くて“依存”程度のものですから、あなたが求めているものとは違います。

 

■10: 尽くさない

ダメ男に尽くすことは、相手をさらにダメ男にするだけのことです。また、尽くされるとダメ男はすぐ安心して浮気に走ります。逆に自分が尽くした女性ほど大事に思ってしまうのが男です。

「人は、既に手に入っているものに対しては執着心を燃やし続けることはできません。ずっと欲しかったバッグでも、買った瞬間に違うのが欲しくなるのと同じで、興味というのは常に未獲得のものに向けられます。

男性に自分の所有物だと思われてしまうと、少なくともあなたへの性的興味は失われます」

 

いかがでしたか?

なかなか厳しいですが、確かにこれらが実行できると恋愛では無敵かもしれません。後編では、残りの10のルールをお教えします。

 

【参考】

※ ・・・静岡県出身。歌舞伎町 club PARADISE 元ナンバーワンホスト。支持の厚い恋愛サイト、などを運営する恋愛ライター。

 

【ダメ男シリーズ】

※ ハマりすぎは危険!「女を傷つける男」の特徴8つ【前編】

※ ハマりすぎは危険!「女を傷つける男」の特徴8つ【後編】

※ こんな男に執着するのはNG!ダメ男を見破るポイント10個【前編】

※ こんな男に執着するのはNG!ダメ男を見破るポイント10個【後編】