好きな人を本気で自分のものにしてしまう方法7つ【後編】

【前編】では、恋愛コンサルタントの橘つぐみさんに聞いた、恋敵に勝つポイントを3つご紹介しました。残りの4つを見ていきましょう。   ■4:よい噂がたつようにしておく 「彼がサークルなどの同じ組織内にいる場合、あ…

【前編】では、恋愛コンサルタントの橘つぐみさんに聞いた、恋敵に勝つポイントを3つご紹介しました。残りの4つを見ていきましょう。

 

4:よい噂がたつようにしておく

「彼がサークルなどの同じ組織内にいる場合、あなたのよい噂だけが広まるようにしておきましょう。できれば、彼以外の人間にも親切に、困っている人がいたら助けてあげるようにしましょう。地道な努力にはなりますが、やって損はありません!」

意中の人だけに注目してもらえても、他の人から嫌われていては全く意味がありませんものね。

 

5:アピールするなら全員に

「これも、彼が組織内にいる場合です。彼にだけアピールすると“場の空気が読めない女”扱いをされたり、他の女性に気付かれて、嫌がらせを受けたりすることもありえます。全員に同じように振舞って魅力をアピールすると、4の効果もあるので、オススメです!」

女の世界のちょっと暗い部分を見ているようですが、実際にありえる話なので、彼を特別扱いするのは辞めたほうがよさそうです。

 

6:彼にとって、滅多にいない存在であること

「何でもいいです。美しさでも、優しさでも、話が面白いことでも構いません。とにかく、彼にとってあなたが“他に代替の利かない”存在であることが大切です。

たとえ彼と付き合っていても、彼は他の女性と会うたびに、あなたと比べていることがあります。その時に、あなたが他の女性より優っていることが多い方が、恋愛は長続きしやすくなります」

自分の長所をうまく使うと、意中の人の目に特別に映るのではないでしょうか。これも相手の性格や趣味・好みを知る必要がありますね。

 

7:自爆は厳禁!

「彼がモテる人の場合“私よりあの子の方がいいんでしょう?”とか、“あなたは私を愛してる?もしそうでないならさようなら”など、勝手に結論をつけて、関係を終わらせようとする人が多いです。

こういうことをする気持ちの根底には、相手を試そうという気持ちが入っていると思います。

……が、お願いですから、これだけは、やめてください!やっても相手を傷つけるだけで、いいことはひとつもないです。

あなたが自爆をしなければ、ライバルが自爆をして、勝手に消えるかもしれないのです。その可能性を捨てて、関係を終わらせるなんてもったいないとは思いませんか?」

確かにその通り! 人の気持ちを完全に知るのは不可能です。相手は密かにあなたを気にしているかもしれません。自分勝手な妄想で自爆しては、せっかく手に入るものも逃してしまいます。自分磨きをして、自信をもって諦めない気持ちは重要ですよね。

 

いかがでしたか? 今まさに恋敵との闘いの最中なら、是非7つのポイントを確認してみては。恋敵や恋愛対象の男性がいなくても、自分磨きを忘れずに、いつでもOKな状態を作っておくのは女の定めかもしれませんよね。

 

【恋愛テク特集】

※ え?こんなことまで!? かなり意外な「無言」の恋愛効果9つ 【前編】

※ え?こんなことまで!? かなり意外な「無言」の恋愛効果9つ 【後編】

※ 「芸人クロちゃん提唱の恋愛テク」実際に使えるか調べてみた

※ すぐ使える!彼が喜んでOKしてくれる最強「お願い」テク

 

【参考】

※ 橘つぐみ・・・1979年東京生まれ。大妻女子大学文学部卒業。在学中より、数百冊の恋愛本を読破し、数多くの恋愛相談を行なう。2004年『つぐみ恋愛相談所』を設立。

“男選びは人生選び”をモットーとしたカウンセリング、勉強会を開催。サイトは。ブログは。メールマガジンは。Facebookは。

著書に(講談社) 、(大和出版)、(毎日新聞社・共著)がある。

【画像】

by