あなたは大丈夫?不倫にハマる女性にありがちな特徴7つ【前編】

「まさかあの人が不倫していたなんて……」と驚いたことはありませんか? その一方で、不倫当事者が口を揃えて言うのが「この私が不倫するなんて……」という言葉。他人事だと思っているあなたこそ“不倫予備軍”かもしれませんよ。あな…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「まさかあの人が不倫していたなんて……」と驚いたことはありませんか? その一方で、不倫当事者が口を揃えて言うのが「この私が不倫するなんて……」という言葉。他人事だと思っているあなたこそ“不倫予備軍”かもしれませんよ。あなたは大丈夫と言い切れますか?

統計によって様々ですが、平均すると約3割の女性が不倫経験者と言われています。一夜限りならどうなのか? など、不倫の線引きも微妙ですが、既婚者との関係、または自らが既婚者でありながらの関係が、当たり前のように氾濫しています。

そこで今回は、開設している恋愛相談室の無料相談は常に2ヶ月待ちという、人気恋愛相談家の星野純さんに伺った、“思いも掛けず不倫にハマってしまう女性のタイプ7つ”を2回にわけてご紹介します! 

 

 ■1:ネイルパーツが揃っている

「最近では量販店やドラッグストアなどでも、数多くのネイルパーツが売られています。そんなネイルパーツを買っているうちに、色々と揃えたくなったりしませんか? 様々な種類や大きさ、色などを揃えたり、なるべく同じメーカーで揃えようとしたり。

また、パーツケースにきっちり収まらないと気が済まなかったり。これはネイルパーツに限りません。小物やインテリア、化粧品、洋服、靴などなど、対象が何であれ、メーカーやブランド、色や形などを、好きで揃えるというより揃っていないと気が済まないからついつい揃えてしまう。

そんなあなたは要注意ですよ。几帳面なその性格は、ある意味、“執着”を意味します。その“執着”は恋愛で言うと、わかっていてもやめられない、不倫関係から抜け出せない要素となってしまうのです。」

 

2:父親が大好き

「一般的な家庭の場合、女性が初めて身近に接する男性は父親です。女性が理想の男性像や家庭像を思い描く上で、父親が知らず知らずに影響してしまうことが少なくありません。

必然的に、そこそこの年上男性が恋愛対象になってしまったり、既婚者であるその姿自体に魅力を感じてしまったりしてしまいます。家族への愛情をふと感じた瞬間、いきなり気になる存在になってしまい、気が付いたら好きになっていた、となりがちなのですよ。」

 

3:父親が大嫌い

「(2)と真逆で矛盾しているようですが、理想の男性像や家庭像を思い描く上で、父親が影響してしまうことには変わりがありません。父親が大嫌いな場合は、嫌いであればあるほど、一般的には父親の正反対を理想とします。

また、父親のような男性が嫌いでも、結局は同じような男性に惹かれてしまう女性も少なくありません。好きであれ嫌いであれ、感情が強すぎる場合は、“意識をしてしまう男性”となってしまうからとも言えるでしょう。恋愛は男性として意識した瞬間に始まっていますからね。」

 

いかがですか? 父親に対する感情と不倫とは切っても切れない関係性にありそうです。なにごとも執着が極端になりすぎる傾向がある人は、“不倫予備軍”かもしれませんね。

【後編】では、残りの4つをご紹介します。当てはまるタイプではないか、しっかり考えてみたいですね。

 

【不倫シリーズ】

※ なぜ妻とは別れない?科学で明らかになった不倫男の実態【前編】

※ なぜ妻とは別れない?科学で明らかになった不倫男の実態【後編】

※ 背筋がゾクッ…本当にあった男女の怖い修羅場エピソード

[click]伸ばしかけヘアにぴったり!豪華なバタフライのバンスクリップ

 

【参考】

※ 星野純(はじめ)・・・恋愛相談室にて年間100人以上のご相談者のお悩みに答えている恋愛マスター。ホームページは『恋愛相談室 ~貴女の悩みからの第一歩~』。

【画像】

by Bichuas (E. Carton)