「片思い中の男性」にありがちなドキドキ妄想5パターン【後編】

前回の記事では、片思い中の男性が妄想しがちなこと2つをご紹介しました。引き続き後編でも、恋愛小説『読むだけで彼女ができる モテる小説』の著者であるココロ社さんに、男性が妄想しがちなことを教えていただきましょう。  &nb…

前回の記事では、片思い中の男性が妄想しがちなこと2つをご紹介しました。引き続き後編でも、恋愛小説『読むだけで彼女ができる モテる小説』の著者であるココロ社さんに、男性が妄想しがちなことを教えていただきましょう。 

 

■3:ちょっとしたことで嫌われているのではないかと妄想

片思いをしているという状態そのものが、白黒つけていないという意味で臆病者の行動そのものなので、片思いをしている男性は極端に傷つきやすいです。

メールの語尾が“~です”となっているだけで「距離を置きたがっているのでは……」と思ってふさぎこんでしまいます。

 

■4:ほかの男と話しているだけで「いい感じじゃないか」と妄想

片思いをしている相手は、その人にとって世界で一番すてきな女性なので、「ほかの男が彼女を好きにならないわけはない!」と思いこんでしまうため、ほかの男性と話しているだけで「なんかいい感じでつらい……」と思ってしまいがちです。

 

■5:口説いているところを妄想

片思いをしている男性にとって、唯一の建設的な妄想は、口説いている妄想です。

どういうシチュエーションで何を言うかについては、何度も妄想するのですが、通常の会話モードから口説きモードへの移行をどのように行うかについては考えないため、なかなか妄想を実行に移すことができません。

 

いかがでしたか? 以上2回にわたって、片思い中の男性が妄想しがちなことを合計5個お届けしました。

最後にココロ社さんから、「片思いというのは絶対にしてはならない、壮大な時間の無駄遣いですし、片思いそのものが妄想といえるので、 男性はもちろんのこと、女性にもおすすめしません。

さっさと意思表示をして、反応がよくなかったら次に行くべきです。その片思いをしている間に何人の相手にアプローチできたことか……」とのコメントをいただきました。

みなさんは、片思い中どんな妄想をしてしまうでしょうか? よかったら教えてくださいね。

 

【取材協力】

※ ココロ社・・・珍妙なライフハックとお出かけ情報中心のブログ『』を運営。サラリーマンとして働く傍ら、ビジネス記事から恋愛小説まで幅広く執筆する。近著に、実際に役に立つ恋愛小説がある。