ゴルフ女子必読!イケメンなレッスンプロに好かれるテク9選【3/3】

5万人以上の生徒さんを教えてきた日本プロゴルフ協会のティーチングプロである並木一彦さんに、レッスンプロが思わず好感を持ってしまう女性像をインタビューしています。最終回の今回は、前回、前々回よりも一歩踏み込んだ内容になって…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5万人以上の生徒さんを教えてきた日本プロゴルフ協会のティーチングプロである並木一彦さんに、レッスンプロが思わず好感を持ってしまう女性像をインタビューしています。最終回の今回は、前回、前々回よりも一歩踏み込んだ内容になっています。さっそくご紹介しましょう。

 

■7:うぬぼれていない女性

「これは男女に共通するかもしれません。ちょっとうまくなったらうぬぼれる人。うぬぼれたい気持ちはわかります。わかりますが、厳しめのことを言えば、どことなく人として美しくないですよね。

僕らティーチングプロは、うぬぼれては、鼻をくじかれ……という過程を幼いころから何回も繰り返してプロになっているので、どうしても人の見方が厳しくなってしまうのですが、いつも謙虚な女性が美しいです」

 

■8:あいさつをする女性

「あいさつって、人を気持ち良くさせることの1つですよね。レッスンが始まる前や終わった後、あるいはレッスンではなく、1人で打ちっぱなしに来ていて、たまたま練習場ですれ違うときなど、あいさつをする女性は、無条件に美しいと思います」

 

■9:片づけをする女性

「ゴルフ練習場に来ている方って、ハッキリ言って、みなさんお客さんですから、片づけは我々スタッフでやります。しかし、自分が飲んだ紙コップを捨てるとか、ボールが入っていた籠を片づけるとか、そういうことをすすんで行っている女性の姿は美しいです」

 

いかがでしたか?

3回にわたってお送りしましたが、どれも基本的なことばかりです。しかし、そこに思い通りにいかないボールが加わり、なかなか上達しない自分へのいら立ちが加わり、自分への羞恥心が芽生えてくると、ティーチングプロが鼻をつまむ女性ができあがるということです。

ご紹介した9個、すべてを覚えきれなかったら、“いつも笑顔”。まずはこれでいきましょう。相手は厳しいレッスンをくぐりぬけてきた良家のお坊ちゃんです。笑顔でいさえすれば、あとのことはお坊ちゃんがどうにかしてくれます。

 

【ゴルフ女子シリーズ】

ゴルフ女子必読!イケメンなレッスンプロに好かれるテク9選【1/3】

ゴルフ女子必読!イケメンなレッスンプロに好かれるテク9選【2/3】

ゴルフ女子必読!イケメンなレッスンプロに好かれるテク9選【3/3】

[click]Dカン付きでボールポーチも付けられる!ゴルフ用チェック柄プリーツスカート

 

【取材協力】

※ 並木一彦・・・日本プロゴルフ協会ティーチングプロ。約20年間のレッスンプロ生活のなかで延べ5万人を超える生徒さんにレッスンを行う。現在、ゴルフピア高崎(群馬県・高崎市)に所属。