シンプルで超わかりやすい!運転が劇的に上達するコツ12個【2/3】

  • Evernoteに保存

運転上達法をお伝えしています。前回は、“ 前:後=6:4”、“まずは落ち着く”、“ゆっくり左にいっぱい寄せてみる”、“センターラインを目安にする”の4つをご紹介しました。

とにかく、空気を読みながら運転すると運転はうまくなる”とあいまいなことを言われがちな運転上達法ですが、今回も、車好き男子から具体的アドバイスが、いくつか寄せられています。さっそく見ていきましょう。

 

■5:隣を走っている車のサイドミラー、見ていますか?

「空気を読みながら運転するという、霞をつかむような言い方を、具体的に言い直すと、“隣を走っている車のサイドミラーを気にする”と言えるかもしれません。車線変更したがっているドライバーの顔がサイドミラーに映るからです」

なるほど。空気を読むというあいまいな表現の1つは“隣を走っている車のサイドミラーを気にする”ということなんですね。これなら、今日からあなたも実行できそうですよね。

 

■6:前を走っている車のルームミラーを見ちゃえ!

「ルームミラーは正しい角度にしておくと、後ろの車から前の車の運転者の顔が見えるようになっています。前を走っている車のルームミラーに、運転している人の顔が映っていないということは、その人は、後ろを見ていない可能性もあります。そういう車とは車間距離をあけて走りましょう」

5と同様に鏡(ミラー)って、いろんな情報を提供してくれるものなんですね。前の車のルームミラーに注意して運転してみましょう。

 

■7:死角は回避できる

「車のミラーには通常、死角があります。たとえば右の後ろを走っていた車が、急に右のドアミラーに映らなくなる瞬間。それはミラーの死角に車がいることを意味します。自分の車の左右にどんな車が走っているのか、絶えず気にしながら運転することです」

ペーパードライバーは、この死角が原因で事故を起こすことがあります。絶えず、周囲にどんな車が走っているのかを意識しましょう。

 

■8:狭い道では白線を信頼する

「どれだけ狭い道でも、たいていの道路には左右両方か、左右いずれかに白線を引いてくれています。狭い道で対向車を恐れてブレーキをよく踏む人は、白線に沿って運転してみてはいかがでしょうか?ゆっくり白線に沿って運転していれば、事故の確率は減ると思います」

白線に沿って運転しているかどうかは、ドアミラーで確認ができます。ドアミラーで確認しながら運転してみましょう。

 

いかがでしたか?

道路の白線や他人の車のミラーに映るドライバーの顔など、道路にはたくさんの“運転がうまくなる情報”が落ちています。そういうものを上手に活用して、運転が上手な女性を目指してみては?

 

【女性ドライバーシリーズ】

シンプルで超わかりやすい!運転が劇的に上達するコツ12個【2/3】

シンプルで超わかりやすい!運転が劇的に上達するコツ12個【3/3】

 

【取材協力】

※ スーさん・・・自動車評論家。カー用品ショップオーナー。日本における車のチューニング(改造)文化やメーカーオプションブームをつくった第一人者。現在はハコスカ(初代の日産スカイライン)のチューニングパーツを手づくりして販売するなど、根っからの車好きである。