デキる男に嫌われる「ぼんやりOL」脱却の秘訣12【1/3】

仕事がデキる男子ほど、トロトロぼんやりと仕事をしている女子を見ると、イラっとするものです。オフィスの有望株男子と付き合いたいのであれば、あなたも今日から“ぼんやりOL”を卒業しましょう。 若くしてOLを脱却し、フリーライ…

仕事がデキる男子ほど、トロトロぼんやりと仕事をしている女子を見ると、イラっとするものです。オフィスの有望株男子と付き合いたいのであれば、あなたも今日から“ぼんやりOL”を卒業しましょう。

若くしてOLを脱却し、フリーライターとしてゼロから仕事をつくってきた池田園子さんに、ぼんやりOLを卒業する方法をインタビューしてきました。是非とも参考にして、デキる男から一目置かれる女性になってください。

 

■1:直視力

「フリーライターになる前の私は、OLとして適度な収入を得て、適度に仕事をしていれば……という気持ちで仕事をしていました。そこにはルーティンワークをしつつ“慣れに甘んじている”気持ちがあったと思います。慣れを捨てて、まっすぐに物事を見ることが大切です」

ルーティンワークをだらだらとやっていても、デキる男には見向きもされないということです。

 

■2:素直力

「OL時代に“素直であることも才能のうち”と先輩に言われたことを、私は今でも覚えています。素直な女性でいると、仕事を教えてくれることもありますし、教えてくれる人も“もっと教えてあげよう”ってなって、仕事の知識がつくのはもちろん、スキルも格段にあがります」

そうですよね。オフィスに意中の男性がいる人は、素直に彼に教えを請えば、あっと言う間に距離を縮められるかもしれません。

 

■3:Web力

「Web力とは“探す力”のことを指します。Web力があれば、他人に頼らずともどうにか自力で完結できる仕事って、いっぱいありますよね。すべてを他人に聞くのはデキない女子の典型。今の時代、デキる男子社員は、おそらく必死になって“ググって”いたりするものです。あなたもWeb力を磨きましょう」

デキる男に変わって、サクサクっとググって問題解決することができれば、あなたは彼にとって必要不可欠な存在となります。

 

■4:Web断ち力

「インターネットに依存しすぎると、調べる、考える、書くといった“基本的なこと”がおろそかになりがちです。適度にインターネットと距離を置きながら仕事をすると、自分の頭で考えるしかないわけですから、仕事のスキルが上がりますよね。発言する力もつきます」

仕事と作業は別という言い方があります。ぼんやりOLは“作業”をしていて、デキる男は“仕事”をしている、といってもよいかもしれません。つまりデキる男はゼロから仕事をつくっていけるものなのです。ゼロからものを生み出す人の苦労がわかれば、そんな彼に好意を持たれる日も近いというものです。

 

いかがでしたか? あなたも今日から実践できるような比較的簡単なことばかりだと思いませんか?

「かわいい顔して、君はみずから仕事をつくれて優秀だねえ」なんて評価がイケメン有望株から出てくるようになれば、あなたはバラ色の人生を約束されたも同然です。が、まだまだぼんやりOLを卒業するために“やるべきこと”があります。次項でご紹介しましょう。

 

【関連記事】

デキる男に嫌われる「ぼんやりOL」脱却の秘訣12【1/3】

デキる男に嫌われる「ぼんやりOL」脱却の秘訣12【2/3】

デキる男に嫌われる「ぼんやりOL」脱却の秘訣12【3/3】

 

【取材協力】

※ (いけだ・そのこ)・・・フリーランスの企画ライター/ディレクター。86年生まれ。楽天でポータルサイト運営、リアルワールドでメディア運営を経て独立。現在10以上のWeb媒体に執筆中。2011年春に恋愛コラムでライターデビュー。以降“Web男子”“エディター男子”“ドリル男子”“芝生男子”などの、さまざまな新ジャンルの男子カテゴリを生み出して話題に。2012年11月にフリーランスの働き方をテーマにした『フリーランスで食っていきたい!』を出版。Twitterは。ブログは。

 

【参考】