彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【1/3】

男性は女性よりも繊細なハートを持っていることもあり、ケンカの最中に、ただただ相手をやり込めればOK!という姿勢で女性のほうが臨んでいると、最悪の場合、二人の関係が再起不能になったりもします。 ではケンカの最中に、どういう…

男性は女性よりも繊細なハートを持っていることもあり、ケンカの最中に、ただただ相手をやり込めればOK!という姿勢で女性のほうが臨んでいると、最悪の場合、二人の関係が再起不能になったりもします。

ではケンカの最中に、どういう言葉を男性に言っちゃうとアウトなのでしょうか。売れっ子キャバ嬢の綾香さんが、お店に来ている男性客たちにリサーチしてくれました。

さっそく見ていきましょう。

 

■1:「元カレはそんなんじゃなかった」

「男性はなにかにつけ、比較されるとイヤになるか、そもそも比較していることに取り合わないみたいです。“元カレはそんなんじゃなかった”と言ったところで“ああそう”と感じるみたいですね」

オレにはオレのやり方があると思っているのが男性ということでしょうか。

 

■2:「最低!」

「こういう感情的な言葉も、男性はスルーするか、全人格を否定されたような気分になるみたいです。“●●だから最低!”とか、“●●ができないからダメ!”とか、理由を言わないと、女性の怒りは男性に通じないようですよ」

原因と結果をセットで述べてほしいと男は感じているのでしょう。

 

■3:「もうちょっと大人になれば?」

「こう言うと、“イヤ、じゅうぶん大人なんだけどね”と男性は思うみたいです。たしかにじゅうぶん大人ですよね」

つい「もうちょっと大人になれば?」と言いたくなる女性の気持ちもわからなくはないですが、ものには言い方があるということですね。

 

■4:「もう勝手にして!」

「こう言うと“しめしめ、これでケンカが終わるかな”と、男性は内心うれしくなるみたいです」

心底勝手にしてほしいと思っている女性もいないでしょうから、こういう感情むき出しの母親みたいな言い草もないだろうということです。

 

いかがでしたか?

「私たち女性にとっては喜ばしくないことですが、いくら怒りの感情を言葉でぶつけても、男性にさほど気持ちが届いていないみたいです」と綾香さん。

次回は、男性が死ぬほど凹む女性の言葉も交えてご紹介しますので、「関係が再起不能になってもいいから口喧嘩にはどうしても勝ちたい!」という女性は、是非お読みになってみてはいかがでしょうか? 次項に続きます。

 

【取材協力】

※ 綾香・・・川崎にあるキャバクラ『ジャック・ダニエル』に勤務。20歳にして店のナンバー2であるチイママに抜擢される。昼間は大学生として幼稚園の先生になる勉強をしている。