世の男性が「死ぬほど欲しがっている」女性の言動7パターン【前編】

世の中にはたくさんの“合コン必勝テクニック”がありますが、それらは”男が欲しがっているものを的確なタイミングで与えればモテる”という言葉に集約できるようです。 そこで今回は、毎日のように男性とお話をしている川崎の現役キャ…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中にはたくさんの“合コン必勝テクニック”がありますが、それらは”男が欲しがっているものを的確なタイミングで与えればモテる”という言葉に集約できるようです。

そこで今回は、毎日のように男性とお話をしている川崎の現役キャバ嬢・柚埜さん(婚活中)に、男性が欲しがっているものを的確なタイミングで与えるテクニックについて教えてもらいました。さっそくご紹介しましょう。

 

■1:遠くから意中の彼をチラ見する

「合コンや街コンで、目当ての男性と遠く離れた席になってしまったときこそチャンスです。遠くの席から意中の彼をチラ見しましょう。ガンガン見ましょう。あなたの視線に気付いた彼は、遠くのほうであなたのことを意識し始めるはずです」

オフィスでも使えそうなパターンですよね。まずあなたのことを意識させてから、自然に近寄っていきましょう。

 

■2:目当ての彼が元気なさそうにしていたら過剰に心配してあげる

「目当ての彼が大人しそうに座っていたら、過剰に心配してあげましょう。なんなら“どうしたの? 具合でも悪いの?”くらいのことは言いたいもの。キャバクラでもおなじですが、過剰に心配してあげたら、男性って、タイプの女性でなくとも心を開いてきます」

そもそも「心配なんてされたくない」「放っておいてほしい」と思うときは、出会いの場になんて行きませんよね。心配されたいからこそ、人に会いに行くということでしょう。お望み通り、めいっぱい心配してあげましょう。

 

■3:「最近、彼とうまくいっていないんだよね」と相談する

「男性は、女性を口説ける“隙間”を探しています。最大の隙間は“最近、彼とうまくいっていないんだよね……”という、女性の言葉です。この隙間は、多くの男性が死ぬほど欲しがっていると見えて、この言葉のあとに口説かれなかったことはないですね」

逆に、口説かれたくない男性にこれを言ってしまうと、ややこしいことになるので気をつけましょう。

 

■4:好きなタイプは(ウソでも)“ズバリあなた!”

「合コンでも、キャバクラでも、会話の導入で好きなタイプをお互いに聞き合うことがあると思います。そのときに、男性が最も欲しがっている女性の言葉は、“あなたがタイプ”というもの。男性は女性に好かれようとして、常に涙ぐましい努力をしているので、そこを認めてあげるといいのです」

これは逆手にとると“褒め殺しテクニック”としても使えますね。目当ての男性に似ている有名人をあげても有効かも。

 

いかがでしたか?

「どこの合コンに行ってもいい男がいないとか、不作すぎて困るという女性は、ご紹介したテクニックを使って、男性の心を先に開いてしまうといいと思います。心を開けば、男性って意外な一面を見せてくることもあり、そこが女性にとってスイートスポットだったりもします」と、柚埜さん。

「一期一会の出会いを最高のものにするためのテクニックはまだまだあります」と語る柚埜さんのテクニック、まだまだ次回に続きます。あわせてお読みください!

 

【取材協力】

※ 柚埜・・・川崎にあるキャバクラ『ジャック・ダニエル』に勤務。20代前半にして店を切り盛りするママに抜擢される。昼間はビジネススクールに通う学生。現在、婚活中!