彼が心底「うぜっ」と思う女性のなんでもないひと言10パターン【3/3】

男が心底「うぜっ」と思ってしまう女性の何気ないひと言を3回にわたってご紹介しています。今回は何気ない女性の軽口が命取りになるパターンをご紹介しましょう。 引き続き、多くの男女の恋愛相談を受けてきたレディースコンサルタント…

男が心底「うぜっ」と思ってしまう女性の何気ないひと言を3回にわたってご紹介しています。今回は何気ない女性の軽口が命取りになるパターンをご紹介しましょう。

引き続き、多くの男女の恋愛相談を受けてきたレディースコンサルタントの山本忠さんにお話をお伺いしました。

 

■8:「タバコ(お酒)やめれば?」

「好きで嗜んでいるものにあれこれ口を出してほしくないということです。男が女性に“そのフリフリのスカート、履くのやめれば?”とか“スイーツ食べるの、やめとけば?”と言うと、女性はすごく文句を言ってきますよね。それとおなじです」

男は文句を言わず黙ってビールを飲んでいるだけ、まだマシかもしれません。しかし黙っていると次のような発言が女性の口から飛び出してきて、男はマジギレします。

 

■9: 「機嫌悪いの?」

「人は本当のことを言われると逆上するものです。機嫌が悪い彼に“機嫌悪いの?”とは言わないことです。

ふだん面白い彼が急にマジメな顔をしているときも、怒っているのではないことが多いです。ときにはマジメにものを考えないと、彼女の面倒を見きれないということもあります」

なるほど。

 

■10:「●●君と浮気しよっかな~」

「彼との間で、自分の思い通りにならないことがあれば、“●●君と浮気しよっかな~”と冗談のように言う女性がいますが、こういうことを聞いても“なんとも思わないし、なにかをして彼女のご機嫌を取ろうと思わない”のが男です。

腹いせの蛇足的な発言は、意味がないので謹んだほうがいいでしょう」

少々シビアなご意見ですが、意味のない蛇足的ワードは、彼にとったらただのノイズってことでしょう。

 

いかがでしたか? 3回にわたってご紹介した10個の言葉をカップルの会話から消し去るとどうなるのかについて、山本さんは「男はほっとし、女性はストレスが溜まる」と言っていました。

懲りずに男の背中に向かってブチブチ小言を言うくらいで、ちょうどいいのかもしれません。

 

【取材協力】

※ 山本忠・・・レディースコンサルタント。女性が関わるありとあらゆる事業を展開。若い男女のスタッフと一緒に会社で食事をしながら人脈を広げ、口コミで人材を集める。創業以来、求人広告には縁がない。現在はエステサロン『』のエステシャンや医療法人の女性スタッフのメンターとして活躍中。