絶望描写がリアルで刺さる!話題の漫画家漫画まとめ

昨年は『ゲゲゲの女房』が大変話題となりましたが、同じく漫画家の若き苦悩を描いた作品として、『T京K芸大学マンガ学科一期生による大学四年間をマンガで棒に振る』(※『pixiv』 作者:明日からがんばる 81P)が現在、Tw…

昨年は『ゲゲゲの女房』が大変話題となりましたが、同じく漫画家の若き苦悩を描いた作品として、『T京K芸大学マンガ学科一期生による大学四年間をマンガで棒に振る』(※『pixiv』 作者:明日からがんばる 81P)が現在、Twitter上でかなりの反響があるようです。

ほとんど実名の実在の大学名を挙げていることもあり、著名なプロの漫画家たちも次々とコメントを寄せています。また、2011年02月18日に投稿したばかり作品にも関わらず、アクセスも瞬く間に既に55万超えしているというから驚き!

 

これは作者の、“明日からがんばるさん”が、ある私立大学の漫画学科に実際に入学し、「4年間、棒に振ったどー!」と声高らかに叫んでいる卒業制作で描いたルポ漫画。

自虐ネタ満載ですが、恋愛や若さゆえの焦燥感、未来への希望や絶望感がリアルに織り交ぜられ「身につまされる、深く考えさせられる」、とネット上でも大きな波紋を呼んでいます。どうやら感想コメントを調べると、「大笑いした」or「痛い気持ちになった」と2つに大きく分かれるみたいですね。

 

Dangdep!読者の皆様も、彼氏がこういう夢追い人だったらどうしますか? またここまで大学にある意味『期待』をしている男性をどう感じますか?

もしかしたら男という生き物は、皆こういった道を通って大人の男性になっているのかも……。男の成長の一過程を見た、そんな気さえするこの話題の漫画。女性が読んでも何か感じるものがあるはず。

タイトルは『棒に振る』となっていますが、“大学は何も教えてはくれない”ということを学べたことだけは確かなようです。この作者が今後どのような方向で活躍されるか想像できませんが、今回の件で一躍、業界的には渦中の人になったのは事実ですよね。

 

一体、山下さん(片思いの彼女)の最後の言葉は、本当は誰が発して、誰に向けたものだったのだろう……。少々ミステリアスな展開も余計そそられるこの漫画、81ページを一気に読んでしまったのは筆者だけではないでしょう。

 

【参考】

※