栄枯盛衰…出世してもすぐに失脚しそうな男の特徴8パターン【前編】

“将来出世しそうな有望株男子の特徴”があれば、その一方で“出世してもすぐに失脚しそうな男の特徴”があります。人生は長いので、首尾良く出世したとしても、その後で失脚する時間もたっぷりとありますからね。 今回は、そんな“出世…

“将来出世しそうな有望株男子の特徴”があれば、その一方で“出世してもすぐに失脚しそうな男の特徴”があります。人生は長いので、首尾良く出世したとしても、その後で失脚する時間もたっぷりとありますからね。

今回は、そんな“出世してもすぐに失脚しそうな男の特徴”について、もうかれこれ4年くらいキャバ嬢をやっている柚埜さん(24歳)にお聞きしました。それくらいキャバ嬢をやっていると、特定の男性客の栄枯盛衰を知ることもあるようです。

さっそく見ていきましょう。

 

■1:自意識過剰な男性

「簡単に言うと、じぶん大好きな男性です。出世しているじぶんが大好き……みたいな思考回路が、彼を失脚させるのだと思います」

たしかに、出世をしたら、部下にご飯をご馳走したり、部下の仕事のフォローをしたりして、じぶんに惚れている時間など、ふつうはないですもんね。

 

■2:向上心がない男性

「運良く出世したものの、会社に推奨されている資格試験の勉強をするわけでもなく、課長研修となれば、物見遊山で山奥の研修施設に行って、そこから夜な夜な私のようなキャバ嬢とメールをしているような男性は、ちょっとヤバイかもしれません」

これはその男性の価値観にもよるかもしれませんね。出世したくないけど、会社の都合で出世してしまったという人も世の中にはいるわけですから。

 

■3:学生のノリが抜けない男性

「たとえば体育会系の男性で、いつまでも気合と根性でどうにかなると思っている男性は、出世してもどこかでつまずくのかもしれません。

特定の男性の具体的なエピソードを出せないのですが、学生のノリでイケイケで会社を立ち上げたものの、2年後には、会社はなくなったという人もいます」

具体的には金融関係のお仕事のお客さんだったようです。

 

■4:人に対してマナーがなっていない男性

「これは定番ネタかもしれません。出世してお金を持った途端に、お店のボーイさんに対してぞんざいな態度をとるかと、お店の私たちキャストに対して、横柄になると、もう失脚目前ですよね」

失脚すればいいのに……と考えるキャバ嬢もいるとのことです。

 

いかがでしたか?

“実るほど頭を垂れる稲穂かな”と昔から言われるように、出世をしたら、ふんどしを締め直して、さらに謙虚に頑張る。こういう男性が、本当に“イケてる男性”なのかもしれません。

でも、たとえば月給30万円の男性が、急に月給100万円になると、冷静な判断が出来にくくなるというのもまた真実でしょう。そういう男性の特徴についても、【後編】で触れたいと思います。続きます。

 

【取材協力】

※ 柚埜・・・川崎にあるキャバクラ『ジャック・ダニエル』に勤務。20代前半にして店を切り盛りするママに抜擢される。昼間はビジネススクールに通う学生。ご本人は、ときどき透けブラを“意図的に?”しちゃうようです。