栄枯盛衰…出世してもすぐに失脚しそうな男の特徴8パターン【後編】

栄枯盛衰…出世してもすぐに失脚しそうな男の特徴8パターン【後編】

かれこれ約4年にわたってキャバ嬢を続けているという柚埜さんに、“出世してもすぐに失脚しそうな男”の特徴についてお話をお聞きしています。

【後編】は、少々ややこしいお話も出てきます。さっそく見ていきましょう。

 

■5:仕事とプライベートを区別できない男性

「出世をすると、多くの男性は会社から経費を使っていいと言われるようで、出世した途端に“領収書をちょうだい”と言われます。

個人的な経験ですが、領収書をおなじ名前で4年間発行し続けたことはありません。たいていは、途中からお店に来なくなるのです」

いったん公私混同を始めると、どんな商売でも屋台骨が傾きますよね。

 

■6:喜怒哀楽が激しすぎる男性

「男性の性格って、熱い性格の人とか、クールな性格の人とかいろいろですが、喜怒哀楽が激しすぎる男性って、出世してからの、降格して地方に左遷というストーリーが多いように思います」

細かいことをぐっと飲み込めない男性って、失脚しやすいということでしょうか。

 

■7:すぐ調子に乗る男性

「キャバ嬢である私のテンションの高い話っぷりに合わせてくれているのかなと思いきや、本当に調子に乗っている男性とか、そもそも調子がいい男性って、どうなんでしょうか」

考えが浅はかであるがゆえに失脚をするということでしょうか?

 

■9:連絡などがまめではなく、後回しにしてしまう男性

「出世して、さらに出世をするという男性は、総じて、私たちキャバ嬢の営業メールにもまめに答えてくれます。なにも営業メールを見て、お店に飛んで来るということではなく、“今日は残業で忙しいからまた今度ね”みたいなメールが、比較的レスポンスよく来るものです」

まめな男は女性にもモテるし、上司にもモテる。ゆえに出世しても失脚をしないということでしょうか。

 

いかがでしたか?

【後編】でご紹介した4つの点については、多くの男性がついやらかしちゃうことかもしれません。まったくこういうことをやらない男性は、よほど優秀な男性か、聖人君子か、以前痛い目にあっている男性かもしれません。

ご紹介したような点に気をつけながら、彼氏を選ぶか、あるいは、すでに失敗を経験している男性を選ぶと、“出世してからの失脚”というジェットコースターのような人生をともにしなくて済むかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ さとり世代男子をサクサクっとお手軽に口説き落とす方法9パターン

※ 元気そうに見えるけど「実は病んでいる男性」の特徴5つ

 男が本気でドン引きしている「痛い女」の特徴10パターン【レベル1~3編】

※ 「この子優しいな!」と彼が胸キュンする女性の言動10個

 今年も一人ぼっち!? 好きな人と両思いになれない女の特徴5つ

 

【取材協力】

※ 柚埜・・・川崎にあるキャバクラ『ジャック・ダニエル』に勤務。20代前半にして店を切り盛りするママに抜擢される。昼間はビジネススクールに通う学生。ご本人は、ときどき透けブラを“意図的に?”しちゃうようです。