料理下手な不器用さんに朗報!10分間でカレ大満足の簡単お魚レシピ

男性が結婚相手に求めるスペックで必ず上位に入ってくるのが“料理”。食は健康な体と心を作る大切なものだし、あたりまえのことかもしれないなぁ……とわかってはいても、 苦手な人にとっては、なかなかハードルが高いですよね。 料理…

男性が結婚相手に求めるスペックで必ず上位に入ってくるのが“料理”。食は健康な体と心を作る大切なものだし、あたりまえのことかもしれないなぁ……とわかってはいても、 苦手な人にとっては、なかなかハードルが高いですよね。

料理が苦手な人の特徴のひとつとして、そもそも記憶力や集中力の弱さがあげられるでしょう。いくつかの複雑な手順を覚え、並行して行おうとすると、混乱してしまって手先がおぼつかなくなったり、パニックになってしまったり……。集中力が保てるのも、せいぜい10分といったところではないでしょうか。

そんな不器用さんたちが、男性の胃袋を掴めるお料理のレパートリーを増やすためには、簡単に暗記できて短時間で作れるシンプルなお料理レシピを探すことが必須になってきそうです。

今回は、元カフェ店長で料理研究家としても活動中の高橋奈都子さんに、そんなわがままな願いを叶えるレシピを教えていただきました!

 

■集中力が保てる10分でできる!簡単メイン料理

不器用さんたちは、ウルトラマンのように集中力が短時間しかもたないので、時間が長くなってしまうと、自然と雑になって、それを補うために余計なことをしてしまって、どんどん料理がカオス化してしまいます。

ということで、ギリギリ集中力が保てる10分くらいで作れちゃう、シンプルで美味しくてメイン料理にもなる“サーモンの白ワイン蒸しクリームソース仕立て”のレシピを教えていただきました!

2人分の材料は、サーモンの切り身(2切れ)、生のマッシュルーム(1パック)、白ワイン(100ml)、生クリーム(100ml)、そしてオリーブオイル、塩、荒挽き黒コショウ、飾り用のハーブ(クレソン、ローズマリー、パセリなど)をそれぞれ適量。

用意できましたか? では作り方を教えていただきましょう!

 

■“サーモンの白ワイン蒸しクリームソース仕立て”レシピ

(1)フライパンを中火にかけオリーブオイルをしき、サーモンの切り身を皮の面から焼きます。焼き色がついたらひっくりします。

(2)同じフライパンにマッシュルームを入れサッと炒めたら、白ワインを注ぎ、アルコールが飛ぶまで2,3分火にかけます。

(3)さらに生クリームを入れ、煮立つ直前に火を止めて、塩で味付けます。

(4)サーモンをお皿に盛り付け、マッシュルームとソースをかけ、ハーブと粗挽き黒コショウで飾りつけます。

「これ、こんな簡単な材料なのに、とっても深ーい味わいがするんです。コンソメなどは入れませんが、これで十分! まるでチーズのようなコクのあるソースが出来上がります。

このお料理には、バケットやパスタがよく合いますよ。お魚は、サーモンでなくとも、タラやスズキのような白身魚でも代用できるので、ぜひハートをゲットしたい彼のために、作ってみてくださいね!」と高橋さん。

さっそく、超不器用主婦の筆者も、挑戦してみました。たまたまタラが自宅にあったので、タラで作ってみたのですが……。上質なチーズのようなトロリとした甘さがクセになる、とっても美味しいソースができあがりました! 1本300円台のリーズナブルなワインを使ったのに、こんなに上品な香りになるとは!

最近では“5分でできる副菜”などのレシピも人気ですが、このクオリティのメイン料理でこの簡単さは希少です。しかも、比較的雑な盛りつけをしても、お皿が可愛ければ、レストランのようにオシャレに見えます。

簡単なのに、彼や旦那様に簡単なことがバレにくい美味しいお魚料理、みなさんも是非、試してみてください!

 

【取材協力】

※ 高橋奈都子・・・東京・赤坂で店長としてカフェ経営を経験後、料理研究家として活動中

 

【参考】