インドア派よりアウトドア派!仲人が明かす「イマドキ婚活モテ事情」

最近は婚活の場が増えて、出会いを求める男女には嬉しい環境となりましたよね。しかし、「本当は婚活してみたいけど、恋愛経験が乏しいし……」「キレイな人ばっかりで、私なんかじゃ……」といった理由で、婚活できずにいる女性はいませ…

最近は婚活の場が増えて、出会いを求める男女には嬉しい環境となりましたよね。しかし、「本当は婚活してみたいけど、恋愛経験が乏しいし……」「キレイな人ばっかりで、私なんかじゃ……」といった理由で、婚活できずにいる女性はいませんか?

そこはご安心ください! というのも、総合婚活サービス企業の株式会社IBJが、日本結婚相談所連盟の仲人 161 人に“イマドキ婚活モテ事情”を調査したところ、驚きの結果が出たからです。

すでに『Dangdep!』でも「結婚が決まりやすい女子の特徴は“かわいくて恋愛下手”と判明」で、“キレイで恋愛上手な女性は敬遠され、恋愛下手なカワイイ系女性のほうが好まれる”という衝撃の事実をお伝えしましたが、今回は同調査で発覚した他の“イマド婚活キモテ事情”についてお伝えします!

 

■1:インドア派よりアウトドア派!

仲人に“インドア派”と“アウトドア派”のどちらのタイプのほうが結婚が決まりやすいのか調査したところ、圧倒的に“アウトドア派”との答えが上がりました。これは女性だけでなく、男性も同じようです。

理由としては、

<「基本インドア派の方より、スポーツやちょっとした旅行などでも、積極的に外へ出かける方のほうがご縁が広がりやすいようです。」

「インドアが好きな男女もたくさん居ますが、デートなどでは色んなところに興味を持っている方のほうが楽しく一緒に出かけられるので交際も続きやすい。」>

とのこと。インドア派の人も、できるだけ色んなものに興味を持って、話の幅を広げましょう。

 

■2:“粘り強さ”より“切り替えの早さ”が吉!

仲人に“粘り強い人”と“切り替えの早い人”のどちらのタイプのほうが結婚が決まりやすいのか調査したところ、6割以上の仲人が“切り替えの早い人”と回答しました。

理由としては、

<「くよくよせずに、前進していく方が良いご縁がある確率が高いと思います。」

「お見合いから交際に発展しても、それが結婚に繋がるのはなかなか難しい。交際を断られてそれを引きずっていると、次のチャンスを逃がしてしまうので。」

「どんどん気持ちを切り替えてこそ良い形になる。」>

とのこと。出会いの場はいくらでもセッティングされているので、ダメな時はさっさと次へ気持ちを切り替えるほうが良いようです。

 

以上、仲人が明かす“イマドキ婚活モテ事情”、いかがでしたか? 

自分ではコンプレックスに思ってることも、実は男性からすると好アピール部分になるかもしれません。なかなか思い通りの展開にならなくても、家の中でくよくよ悩まず、どこかに出かけるなどして気持ちを切り替えていけば、いい結果につながるかも! アウトドアでの体験は、男性への話のネタとしても使えそうですね。

 

【参考】

 

【画像】

by