ぎょぎょぎょー!男子が「されると嫌がる」反則ワザなHテク3つ

  • Evernoteに保存

みなさんはエッチなテクニックで、男子をメロメロにさせることができますか?

やはり男子はエッチが大好き。とっておきのテクニックがあると、いざというときに役立ちますよね。

ですが、なにごとも「過ぎたるは及ばざるがごとし」。やりすぎてしまうと、「ちょ、ないわ〜」とさすがの男子にも引かれてしまうこともあるのだとか。

「えっ……。男子って、たっぷりエッチしてあげたら、なんでも好きなのかと思ってた……」という方は、特に注意して読み進めてください!

今回は、さすがの男子でも引いてしまうという“反則ワザ”なエッチテクを、男子の性事情について日夜研究し続ける、官能小説家の小川沙耶さんにお聞きしました。

 

■1:カニばさみ

「正常位での反則ワザです。相手の男子が絶頂を迎えるその瞬間、両の脚を使い、相手をはさみこむように押さえつけます。

これをされると、最後のタイミングで、男子は外に抜くことができません。

捨て身の女子が切り札として繰り出す、まさに諸刃の剣。“妊娠しちゃったの……責任とって”を誘導させる、人道を離れた反則ワザと言えるでしょう。

人を呪わば穴二つと言うように、誰も幸せにならないワザですので、決して使ってはなりません」

 

■2:タコ吸いつき

「ただキスするだけではなく、タコのように、強く強く吸いつくワザです。

“ちょっと痛めで快感”と思う男子もいるかもしれませんが、このワザの恐ろしいところは、単純に痛いだけでなく、その痕がくっきりと残ってしまうこと。

“キスマーク”ってヤツですね。

クールビズでどんどん薄着になっていくこの時期、キスマークなどつけられて喜ぶ男子はいません。たとえ、彼に彼女や浮気相手などがいないにしても、オトナの男がべたっとキスマークをつけられている姿は、本当に恥ずかしいもの。

よかれと思ってつけた“愛の証”が見えるたびに、つけられた男子は、つけたあなたのことを憎むでしょう。

これも、使って良いことは何一つありませんね」

 

■3:マグロ!

「あまり積極的だとダメなんだぁー……と極端に思ってしまい、まったく動かず、反応もしない“マグロ”になることも、やはりおすすめできません。

物事はなんでも、適度なバランスが大事です。

相手が外せるくらい適度に脚をからませるのは、気持ちいい行為ですし、痕が残らないくらいだったら、吸いついてあげるのも喜ばれるでしょう。

“やりすぎ”を恐れて、マグロ状態になってしまう……。これも男子からベッドで引かれてしまう原因となります。

ボーダーラインのギリギリセーフ、ギリギリアウトのところで、ダーティに攻める。これがエッチで男子を楽しませる極意です」

 

いかがでしたか。男子に引かれてしまう反則ワザのエッチテクを教えていただきました。エッチはダーティにするのが気持ちいいとはいえ、やはりやりすぎには注意なんですね。

 

【関連記事】

※ 「ラブラブな彼女がいるときにカラダの浮気ってできる?」男の本音

※ ぽっちゃりじゃなくてグラマーなの!最初に洗脳しておく方法3つ

※ ウソ…興奮?なぜかスイッチオンしちゃった「ブサ男とのH」3つ

※ 俺も遊んじゃおっと!男が「勝手に浮気認定する」女子の行動4つ

※ 「ぶっちゃけ今の彼女と結婚する気はありますか?」男子ホンネ炸裂

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。