被害妄想爆発!カレシの部屋に「置いて帰っちゃダメ」なもの3つ

彼と二人で楽しい時間を過ごせるお泊まりデート。彼との関係を深める絶好の機会ですよね。しかし、彼の部屋にお泊りした翌日、あなたが何気なく置いて帰ったアイテムを見て、男性はゲンナリすることがあるというのです。男性は一体どんな物を自分の部屋に置いていかれるとダメなのでしょうか?
  • Evernoteに保存

1:ペットボトルなどのゴミ

「部屋に飲み終わったペッドボトルとか、ゴミを置いていかれるとイラッとしますね。それくらい持ち帰ってくれればいいのにって思っちゃいます」(Aくん、24歳/会社員)

「ゴミが増えた」原因は……オマエだ!

彼の部屋にお泊りする際、近所のコンビニやスーパーに寄り、缶ビールやペットボトルのお茶を買ってから、彼のマンションへ遊びに行くことも多いかと思います。

それ自体に問題はないのですが、お泊まりデートの翌朝、彼の部屋にそれらのゴミを残してしまうと、トラブルの原因になってしまうかもしれません。

一人暮らしの男性にとって、ゴミ出しはとても面倒な作業です。いくら彼女の出したゴミとはいえ、男性にとって“ゴミが増える”という現象は、非常に不快なものだといえるでしょう。

「オレが捨てるから大丈夫」を引き出す方法

とはいえ、彼の部屋からゴミ袋を持って帰宅するのは嫌ですよね……。

安心してください。男性もそれくらいわかっています。彼らが欲しているのは、“実際のゴミ捨て”ではなく、「ゴミ持って帰ろうか?」という女性の一言なんです。

その一言さえもらえれば、男性は「オレが捨てるから大丈夫」と笑顔で返事をすることができるようになるんですね。大切なのは、あなたの気配りだと心得ておきましょう。

 

2:髪の毛

「彼女が帰った後、枕とかシーツに長い髪の毛がたくさん落ちてると、嫌な気分になりますね。彼女の毛とはいえイヤです。長い髪の毛を見てイラッとしますし、彼女が返った後、一人で髪の毛を拾っていると、なんだか虚しい気分にもなりますし……」(Bくん、25歳/銀行員)

寝られねーじゃねぇか……。

彼と一緒に一晩を過ごしたベッド、そこにはあなたの頭から抜け落ちた髪の毛が散らばっているはずです。いくら彼女の髪の毛とはいえ、他人の髪の毛が自分の枕に張り付いているのを見て喜ぶ人はいませんよね。

髪の毛が残った枕やベッドに、そのまま寝ころびたいと思う男性もいませんから、ごろんと横になる前に、“髪の毛を拾い集める”という作業が発生してしまいます。男性はめんどくさいことが嫌いですから、その作業が嫌なんですね。

マナーを知らない女は出禁じゃ!

彼女の長い髪の毛を拾いながら、「オレ、なにやってるんだろう」と感じた男性は、次から彼女を部屋に呼ぶのを躊躇するようになるかもしれません。

「そろそろ帰宅だな」というタイミングになったら、せめてベッド周りの髪の毛くらいは拾い集めて、ゴミ箱に捨てておきましょう。自分の毛を自分で回収するのは、お泊まりのマナーですよ。

 

3:ちょっとした私物

「ちょっとした私物を置いていかれるのが嫌ですね。“浮気しないようにマーキングされてるのかな”って思いますし、ちょっと重い女だなぁと感じます」(Cくん、26歳/会社員)

ダメ…絶対!

またそのうち泊まりにくるだろうし、置いていってもいいかな……その判断、間違いです。近日中にまたお泊まりの予定があっても、基本的には彼の部屋に私物を置いて帰ってはいけません。

着替えのシャツやタオル、歯ブラシなどの“ちょっとした私物”であっても、彼の部屋に置いて帰ってはいけないのです。

被害妄想爆発で、「重い女認定」されちゃいます。

あなたが帰宅した後、自分の部屋に残された彼女の私物を見たCくんのような男性は、「もしかしてオレが浮気すると思って、予防線を張るために私物を残したのだろうか」と思い、「重い女なのかな?」という疑惑を抱いてしまうことがあります。

男性の多くは重い女が嫌いなので、頻繁にお泊りに行くような関係であったとしても、無断で私物を置きっぱなしにするのは避けましょう。

 

いかがでしたか?

筆者も今回の男性たちの意見に激しく同意します。どんなにラブラブな彼であっても、彼の部屋に私物を置くのは避けましょうね。“親しき中にも礼儀あり”ということを忘れないでください。