【男子の小言】思わずイラッ!とする「彼女のコンビニでの行動」8つ

私たちの生活に欠かせないもの、コンビニ。24時間営業していて、品ぞろえも豊富。彼と一緒にふらりと立ち寄ることも多いでしょう。しかし、気軽に立ち寄れる身近な場所だからこそ、コンビニに対する意識やマナーは人それぞれ。コンビニでのあなたの何気ない振る舞いが、彼をイラッとさせてるかも……!? 今回は、細かいことがイチイチ気になる男子代表の筆者が、周辺男子に取材をしてきました。
  • Evernoteに保存

1:「それ太るよ!」を連呼

「レジ横のホットスナックを買おうとしたら、彼女に“それ身体に悪いよ、太るよ!”って連呼されてイラッとしたことがありますね。チキン、好きなんだからいいじゃないですか!」(26歳/男性・会社員)

レジの脇にあるホットスナック。目に入ると、ついつい買っちゃいたくなりますよね。でも、揚げ物だし、カロリーは高いし……そんなことは男だってわかってます。それでも食べたいんだから買うんです。

わかっていることをイチイチ彼女から指摘されると、男はイラッとしてしまうのです。「宿題やったの?」「今やろうと思ってたのに!」という感じでしょうか。男は皆、女に母性を求めている……とはいえ、あんまり口うるさい“オカン”化されてしまうのも辛いのです。

 

2:雑誌を変なところに戻す

「立ち読みしていた雑誌を変なところに戻す彼女の姿を見て、“なんだコイツ?”と思ったことがありますね。どうしてファッション誌を週刊誌コーナーに置くのか理解できません」(26歳/男性・会社員)

コンビニに行ったついでに、立ち読みというほどでもなく雑誌をパラパラと眺めることもあるでしょう。しかし、手に取った雑誌を元々置いてあった場所以外に置いてしまうと、細かいことを気にする男はイラッとします。

1ミリもずらさず同じところに戻すべき……とまではいいませんが、後で整理する店員さんのためにも、せめて同じジャンルの雑誌が置かれているあたりに戻しておいてあげましょう。

 

3:いつまでもウロウロする

「コンビニに限った話じゃないんですけど、彼女が買うものを決められなくて、店内をいつまでもぐるぐるしてると、“早く決めろよ!”って言いたくなりますね」(27歳、男性/会社員)

買い物に時間がかかるのは“女の常”ですよね。特にコンビニは、季節の限定商品や新作など魅力的なものが多く「どれにしようかなぁ」と思い悩むことも多いはず。でも、彼を待たせたまま、長時間悩み続けるのはNGです。

男にとってコンビニなんて、必要なものをだけをパッと買う程度の場所。悩みながらのんびりショッピングを楽しむ場所ではないのです。彼の我慢にも限度がありますから、顔色を窺いつつ、“パッ”と買い物を終えましょう。

 

4:レジへの矢印を無視する

「コンビニのレジって、“ここに沿って並んでください”って意味の矢印が床に描いてあるじゃないですか? あれを無視して並ぶ彼女を見て、注意したことがあります。和を乱す子は嫌いです(笑)」(27歳、男/団体職員)

矢印に沿って、正しいところに並ぶ……それができていない彼女の姿を見ると、男はちょっとガッカリします。自分の彼女が“社会常識”を守れない子なんだと思って、落ち込んでしまうんですね。

彼のガッカリがイライラに変化し、「ちゃんと並べよ!」と怒り出すことがあるかもしれません。そんな事態を防ぐためにも、床の矢印と店員さんの指示には従いましょう。

 

5:必要のない商品を買う

「彼女が“これも買っちゃお~”って言いながら、必要のない商品を買うとイラッとしますね。それがスーパーやドラッグストアで買えるものならなおさらです。

だってスーパーやドラッグストアで買ったほうが安いじゃないですか? 今どうしても必要なものではないのに、お金の無駄遣いですよ。そのくせに彼女、僕には結婚式の資金を貯めるように言ってくるんです!」(26歳、男性/インフラ)

コンビニに置かれている商品、その種類によっては、スーパーやドラッグストアで購入したほうが安いということも少なくありません。便利だからといって、コンビニで無駄遣いをしすぎると、彼から厳しい視線を向けられてしまいます。

特に結婚式や引っ越しを予定しているのであれば、節約が大事ですよね。それなのに彼女が無駄遣いしている姿を見ると、「俺は頑張ってるのに!」って、彼はイライラしちゃうのです。

 

6:コンビニATMでお金をおろす

「同棲していて、家計を一緒にしているんですけど、彼女がコンビニのATMでお金をおろすと“手数料もったいない!”って思っちゃいます。何度もやるんで、最近はイライラして、強い口調で注意してます」(26歳、男性/会社員)

無駄遣いと同じ、金銭面でのイライラ。コンビニATMは便利ですが、手数料を取られることがほとんどです。その手数料は、平日に銀行ATMでおろせばかからないわけですから、本来必要ないはずの“出費”ですよね。

 

7:雨の日に傘を持ったまま入店

「彼女が雨の日に、濡れた傘を持ったままコンビニに入ろうとして注意したことがあります。神経を疑いますね。水滴が落ちて床が濡れちゃうじゃないですか? どうしてこんなガサツな女と付き合ってるんだろうと思って、悲しくなります」(27歳、男性/会社員)

コンビニに限らず、店内に濡れると困ってしまう商品が置いてあるお店は、入り口に傘立てが用意されていることも多いですね。書店なんかがそうです。

コンビニには紙や食品など濡れては困る商品がたくさんありますし、床はツルツルですから、濡れた傘から水滴が落ちると滑って転倒する危険があります。

こういった傘立てで、傘の取り違えや“パクられ”が起こりやすいのも事実なので、抵抗を覚える気持ちもわかりますが……やはり男は、自分の彼女が他人に対して迷惑をかけるような行為を見せると、ガッカリしてしまうもの。濡れた傘は、入り口の傘立てに置きましょう。

 

8:店員さんに対して態度が横柄

「どんなお店でもそうですけど、店員さんに対しての態度が横柄だと、彼女であってもイラッとしますね」(25歳、男性/会社員)

お店の店員さんに対して横柄な態度をとる人間は、男でも女でもあまり印象がよくありません。態度が横柄だと、店員さんのことを見下しているような“嫌な感じ”に見えるのです。

急いでお会計をしているときや、元々自分の機嫌が悪いときなど、店員さんへの対応が雑になってしまうことがあります。彼とケンカしながらコンビニに入った時なんかは、特に気をつけましょうね。

 

彼とコンビニに入ったとき、なんとなく彼の冷たい視線を感じたことはあるのなら、もしかしたら、あなたが知らず知らずのうちにこれらのポイントに触れていたのかも……?

今度彼とコンビニに入るときは、注意深く彼の顔色を窺ってみましょう。逆に彼の行動にあなたがイラッとしてしまうこともあるかもしれませんが、そんなときは「仕方ないなあ」とやんわり指摘してあげましょう。

コンビニに行くたびにケンカしていては、お付き合いもままなりませんからね。