見た目の「体の老け」を防ぐ!夏こそ太る「逆ダイエット」な理由3つ

夏になると「今年こそダイエットして痩せるぞー!」と意気込む女性を多く見かけます。露出が増える夏。二の腕がプニョプニョじゃ恥ずかしい!と思う気持ちもわかります。が、しかし……! 水着を着て魅力的に見えるのは、細さよりもグラマラスなボディ。痩せてしまうなんてもったいない! そこで今回は、夏だからこそグラマラスなボディを手に入れる“逆ダイエット”が断然おススメな理由を3つ、ご紹介します。
  • Evernoteに保存

1:痩せたデコルテはビーチで残念

ダイエットが人生の一部となってしまっている女性も多いです。

もちろん、痩せていれば洋服がきれいに着こなせるし、無駄な脂肪だらけのおばさん体型を回避するには、ある程度の体重制限は必須。

でも、贅肉が全くないガリガリのボディは、水着を着るととても貧相に見えてしまうものです。

特にデコルテは男性にも目が付きやすく、ふくよかなほうがウケが抜群なのです!

「体が老けたね……」の理由はハリのないデコルテ?

何を隠そう、数年前に筆者が彼に言われてショックを受けたのが、

「最近、体が老けたね」

という言葉。ちょ、ちょっと待てー! 言い捨てだけは許さん! と原因を追究したところ、彼曰く、デコルテが痩せてきたことが原因でした。

デコルテにハリのないガリガリな体は、男性から老けて見られてしまうよう。逆にいえば、デコルテにボリュームがありツヤツヤとしていれば、若見えするということです。

 

2:“むっちりセクシー”が注目の的!?

彼と一緒にビーチに行くと、彼の視線の先が気になって仕方ないのは筆者だけではないはず。

周囲にセクシーな女性はいないかと目を凝らし、あからさまにムチッとした体に小さなビキニを付けていたりする女性を見つけると

「してやられたー!」

と舌打ちをする。

同性から見ても明らかにエロい!と思う体は、やっぱり“むっちりセクシー”だったりするものです。

スレンダーモデルを目指すなかれ

女性はどうしてもスレンダーなモデル体型にあこがれてしまうもの。

でも一般的な男性は、モデル体型の女性などリアルな世界に求めてはいません。彼らが求めているのは、どちらかというと“むっちり+くびれ”のグラビア体型。

女性として、やせているのにEカップなんて無理でも、ぽっちゃり系のCカップならいけるかもしれない!と思いませんか?

モデル体型を目指して中途半端に痩せるくらいなら、少しくらいプニッとしていても、グラマラス体型のほうが手に入れやすく、男性だって喜ぶのです。

 

3:ヤセるんじゃなくて引き締める

とはいえ、

「よし、プニプニボディで海に行って男を釘づけにしてやる!」

と意気込んでひたすら太ってしまうのはやっぱり危険です。

むっちりプニプ二のビキニだけでも多くの男性の目を引き付けられますが、ウエストがくびれていれば、それはもう最強。

痩せることを目的にして努力をするよりも、ウエストだけに着目して引き締めるほうが効果も出やすいものです。目指すのなら、“理想の体重”よりも“理想のボディライン”を目指しましょう。

メリハリボディに便秘は大敵

ボディラインの維持に便秘は大敵。せっかく引き締まったお腹になっても、便秘がちな人はその実力を発揮できずに残念な思いをしてしまうことが多くなります。

便秘解消に良いエクササイズは、何といってもヨガ。ヨガインストラクターの資格を保有している筆者は、今でも週三回はヨガのプラクティスに通っていますが便秘とは無縁です。

柔軟性と強さをバランスよく強化し、体の中まできれいにすることを本来の目的としているヨガは、女性の美しさを内側からも高めてくれるエクササイズなのです。

 

“ヤセ信仰”の強い日本ですが、筆者の居住する香港では、「体が老けないように食べなきゃ!」と会社帰りにせっせと屋台に通う女性だって少なくありません。

グラマラスで健康的な体は、男性だけでなく女性からも好かれるまさに“愛されボディ”なのです。

いかがですか? それでもあなたは、痩せるためのダイエットを続けますか?