ちゃんと考えてるよ…彼が「あなたにプロポーズしない本当の理由」3つ

交際してからけっこうな時間が経つのにプロポーズの気配が無いと、「彼がなかなかプロポーズをしてくれない」「結婚する気が無いのでは?」「私のこと、本命と思ってないのかな」など、どんどん不安になってしまいますよね。でも、実は……“彼がプロポーズしてこない”のは、こんな理由があるからかもしれないんです!
  • Evernoteに保存

1:「もっといい人がいるのでは」と思ってしまう

「彼女のことは好きなんだけど、なんか決定力に欠けるんですよね。“結婚しなきゃ”とまでは思えないというか……」(25歳男性)

「彼女と結婚してもいいんだけど、いざプロポーズと思うと、もっと自分に合う人がいるんじゃないかと思ってしまう」(28歳男性)

女性にとっては、いきなり辛辣な意見です。まるで男性版マリッジブルーのようですね。

男性も女性と同様に、「この人と結婚して本当に幸せになれるのか」という確信が欲しいのかもしれません。この子を手放してなるものか!と思ってくれればよいのですが……。

 

2:仕事が落ち着いてからプロポーズしたい

「もうすぐ転勤もありそうだし、プロポーズは仕事が落ち着いてから考えたいです。今は仕事に打ち込みたい時期なので」(30歳男性)

「今はとにかく仕事が楽しくて……。それに昇進の話も出てるから、仕事に集中したいんですよね」(31歳男性)

男性は女性に比べ、一度に色々なことを考えられません。

それは、仕事と結婚についても同じことのようです。

とくに、男性にとって「仕事」はかなりの重要度を占めるものですから、どうしても「結婚」より「仕事=自分のこと」を優先してしまいがち。

共働きが当然の世の中になったとはいえ、やはり仕事が安定していないと妻や子供を食べさせていけないという意識もあるのでしょう。

結婚してほしいあまり「仕事なんかより……」といった言い方で結婚を急かすとかなり逆効果なので要注意ですよ。

 

3:自分の家族に彼女がよく思われていない

「彼女には内緒ですが、ぶっちゃけうちの家族が彼女のこと嫌っているんですよね。だからどうしたものかと検討中です」(33歳男性)

「彼女と母親の相性が凄く悪いんですよ。結婚してドロドロの嫁姑問題になるのも嫌だし。でも別れたくないしで悩んでいます」(29歳男性)

お付き合いはお互いの問題ですが、結婚となると当人同士だけでなく家族も含めての問題になってきます。

結婚の許可はもちろんですが、結婚した後だってお互いの家族との付き合いは続きます。

とくに問題視される“嫁姑問題”は、男性からすると「どう取り扱えばいいのか」「最終的にどちらの味方をしなくてはならないのか」などで大いに悩んでしまうのです。

彼がプロポーズしてこない理由は、意外にあなたと彼ママとの関係にあるかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

男性たちは彼女に言わないだけで、結婚へのプレッシャーと自分の気持ち、家族、環境など様々なものの間で葛藤しているんですね。

彼氏にプロポーズしてもらいたいのであれば、変に結婚を急かすよりも、その葛藤を取り除いてあげることが近道なのかもしれません。