机上の空論?それとも…「絶対成功する合コンのテクニック」【心理学者・平松隆円のモテ女子講座】

大学で教鞭をとる心理学者の平松隆円が、世の中のモテと恋愛について語る本連載。今回は、男性を必ず落とせる“合コンのテクニック”について解説します。
  • Evernoteに保存

“合コン”とまではいかなくても、気になる相手と食事に出掛ける機会は少なくないでしょう。そんなとき、あなたは何を参考にどんな振る舞いをしていますか?

雑誌やweb、もちろん『Dangdep!』でも、意中の相手と親密になれる様々なテクニックが紹介されていますが、はたして効果はいかほどなのでしょう。

そこで今回は、コミュニケーションの観点から、“絶対成功する合コンのテクニック”を紹介したいと思います。

 

絶対成功する合コンのテクニックとは

最初に考えておかなければいけないのは、なにを“成功”とするかということ。意中の相手と仲良くなることなのか、お付き合いがはじまることなのか、ベッドにまで持ち込むのか。

それぞれの目的に合わせてテクニックがあるのですが、今回は意中の相手と仲良くなって、付き合いたいと思わせるところまでを“成功”と考えていきたいと思います。

さて、そのためにはどんなことに気を付けるべきなのでしょうか?

1:視線を合わせる

コミュニケーションの基本は、視線を合わせることです。

とはいえ、睨みつけてはいけません。じ-っと視線を相手に向けて、自分が見ていることをアピールしましょう。そして視線が合い、相手が自分の存在に気付いたら、にっこりと微笑むのです。

この動作を繰り返すと、男性は相手が自分に気があるのではないかと思いはじめます。

2:徐々に横に座る

これは、心理学でいうところの“パーソナルスペース”をつめていく手段。

最初は視線を合わせるために、意中の相手の目の前とか斜め前に座っておいて、視線が合うようになってきたら、相手の横の席を陣取り、距離をつめましょう。

特に、カラオケなど周りがうるさい場所では、近づかないと声が聞こえにくいので、自然に二人の距離をつめることができてオススメです。

相手は距離が近くなったことに興奮するかもしれません。それ以外にも、周りから“二人はいい雰囲気だ”という風に映り、“自分はこの人を狙っている”ということをまわりにアピールできるため、友達が手を出しにくくなるという効果もあります。

3:話し方に気をつける

なんだかんだで、話し方はすごく重要です。せっかく、視線を合わせたり、横に座ったりしても、おじさんみたいな声や話し方はダメ。ここは、猫を被って甘い声で女の子っぽく話しかけましょう。

そして、大げさなリアクションも大事です。相手のいうことにたいして、「うそ~」「へえ~」「すご~い」といったリアクションをすることも大事。そうして男性の支配欲などをくすぐるのです。

男性は、支配欲や養護欲求が満たされるとつい「こいつ、かわいいな」と思ってしまうものなのです。

4:さりげなく、触れる

最後は、ボディタッチ。基本は、“さりげなく”です。

さりげなく相手の太ももに手を置いてみたり、さりげなく肩と肩を触れさせてみたり。何かを取るふりをして、胸をあててみるのもいいかも。

触られた相手は、どうしても意識をしてしまうものです。

 

いかがですか? どれも決して奇抜なアイデアではありません。しかし、合コンや食事の間のほんの数時間、そしてその後の2次会程度の時間なら、この4つのテクニックがいちばん効果的。一度、挑戦してみてくださいね。